職場から直行直帰のソウル旅:その9

トンサドンを出ると雨が降ってた。

私は当然、折り畳み傘を持っていたんだけど、彼氏さんの友達さん(めんどくせ~)が「いやいや、どうぞどうぞ」って感じで傘に入れと言う・・・。別に相合傘したいわけじゃないんだけど、親切心から言ってくれてるだろうからと次のお店まで相合傘で行くことに。

思えばこれば間違いだったんだけど、それに気づくのはもうちょっと後だったのよね。

で、歩いて行ったお店はファンソコプチャンというお店。



ファンソコプチャンって検索すると「新村ファンソコプチャン」しか出てこないんだけど、それとは違うお店で、歩いて行った記憶を元に地図を見ると望遠駅のすぐ近くだったみたい。その時はひどい雨のせいもあって駅があるなんてまったくわからなかったけど。

map_hapchon.jpg

トンサドンからまっすぐ歩いてきただけだね。

EMによると「超有名店」らしい。



いつも思うけど、ごはん食べに行った後に、また食べ物屋さんに行くのって普通なのかな?もうおなかいっぱいなんだけど?日本だったら焼肉行った後にお好み焼き行くみたいな感じ?それって無理なんだけど(苦笑)



私がレバ刺し食べたいって言ったから来たんだしって感じで、食べろ食べろと。まあ、いただきましたけどね。

ちなみに、センマイは苦手。前に「ソウルのだったら新鮮でおいしいかも?」って思って食べたことあったけど、「食べられないわけじゃないけど、もういいです」って思った(笑)なんか、色のせいかな?ネズミにしか見えなくて・・・(^^;)

この日は翌朝5時には起きなくちゃいけなくて、ビールだけにしようと思ったけど、さすがにレバ刺しには焼酎でしょ?ってことでチョウムチョロンを♪

最初の店で「お酒はどれぐらい飲めますか?」って聞かれたので、「ちょっとだけ」と言ったのを信じていたようで焼酎飲んだら驚かれた(笑)



コプチャンがやってきたけど、とってもじゃないけど食べられるほどおなかにスペースなくって、でもジャガイモがおいしかったのでジャガイモだけいただきました。コプチャンの油分のせいでちょっとカリッとなってるんだよね~。

こちらのお店は、アジュンマたちが店内中央のテーブルで焼いてから持ってきてくれるスタイル。

焼く前はこんななんだね。あ、閲覧注意かも???苦手な方、スルーしてください!











ね、ちょっとグロイよねwww

で、レバ刺しを食べたら「この人は日本からレバ刺しが食べたくて来たんだから、お代わり!」とまた出されるわけです、とほほ・・・。

そんなにたくさん食べれるかっての!(泣)



この店でも色々質問攻めにあい、FBやらインスタやら何でもかんでも交換するはめに。

SNSとはそんなものなんでしょうか?ホントに知ってる友達だけって思うのは私が間違ってるのかな?


EMがムタクさんの店に行こうか?って言い出し、私は正直ちょっと逃げたい気分だったのもあってそうしたかったんだけど、お店の開店がこの日は遅くて、まだ開店時間にならず。

*結局、ムタクさんはこの時間、他で飲んでいたらしく、飲みすぎて自分のお店は開けられなかったらしい・・・(笑)

仕方ないので、ホンデにあるWOOD STOCKに行くことに。

このお店、過去2回行ったな。EMが好きな店なんだよね。

1回目は2013年12月でこちら
↑最終的に記憶を無くした時・・・(苦笑)

2回目は2016年11月でこちら

タクシーが全然つかまらず、道に立ってしばらく待つことに。

EMの彼氏さんによると、4人だと嫌がられるらしい。2人のふりして拾うから、少し下がって隠れててと言われ、道の端っこで待っていたけど、雨が本当にすごくて、ただ立ってるだけでもぬれちゃう。

どうせぬれちゃうんだったら歩けばいいんじゃ?って思って、彼氏さんの友達さんと一緒に歩きましょうってことに。

少し遠いかもしれないけどと言われたけど、ただ止まってるよりいいかなって思って。

少し歩いたぐらいで、なんと私の手をつかんで腕を組ませてきた。一瞬「え?」と思ったけど、振り払うほど若くないし、雨がひどくて1本の傘に入るためには仕方ないかとそのままに・・・。

しばらく歩いていたら、車道からタクシーがクラクションを鳴らしてきて、どうやらEMと彼氏さんがタクシーをつかまえられて追っかけて来たらしい。

タクシーに乗り込む時に、EMが「腕組んでたでしょ?」的なことを言って来たんだけど、なんとお友達さん(もはやさん付けしたくないが)は「いや、僕じゃない、えつこさんが組んできた」って・・・・!!!!!!

ウソでしょ??!!

でも、なんかめんどくさくて否定する気にもなれない。ばかばかしいっていうか。

ちなみに、最初の店で私は家族の写真を見せていて、彼氏さんが夫のことを「ジョージ・クルーニーに似てるね」なんて言ったりしていたんだから、人妻だってわかってるはずなのに。


タクシーで向かったら結構な距離があって、これを全部歩いてたら大変だったなって感じ。よかったわ、タクシーが来て。


というわけで、WOOD STOCKに到着。

ここは音楽をリクエストするとかけてくれるお店なんだけど、前に行ったときは他にお客さんがあんまりいなくて、リクエストも独占状態だったんだよね。でも、今回はそこまでじゃなかった。



ここは生ビールがあったので、みんな生ビール。

この店の会計は私がしたわけじゃないんだけど、ここ数年でソウルのお店の料金の仕組みが何となくわかってきた。

食事がメインのお店はお酒が安い。でも、生ビールとかあって、乾きもの程度しか食べ物がないお店ってビール1杯10000ウォンぐらいだったりする。だから、「ソウルはお酒安いから」って思って、数人で生ビールガンガン飲んだりしちゃうと、あっという間に5万、6万ってなっちゃうんだよね~。そうなると東京並みっていうか、全然安くない!



ここで頼んだのはあたりめだけ。このマヨネーズと一緒に入ってるものは謎だったな~。ケチャップでもなくて、コチュジャン?とも違うような。

EMとこの店に来ると、80年代の曲をリクエストして盛り上がっていたんだけど、この日は最初の2曲ぐらいで、そのあとは彼氏さんリクエストの最近のアメリカヒットチャート的な曲ばかりだった。別にいいんだけど、そうなるとどこの店でも同じじゃんって気が。

EMはこういう時って大体、席を立って踊り始める。

「彼は絶対踊ってくれないの」って言っていたけど、私がいたからか、彼氏さんも立って踊り始めた。



この時ぐらいから、私は正直帰りたかった~。だって翌日5時起きだし、帰国したらそのまま会社で仕事するわけで、せめて11時ぐらいには部屋に戻っていたかったんだよね。

しかも、腕組み事件があってうざくなっていたことも確か。それまでは、普通にいい人だと思っていたけど、「調子にのんなよ!」って思い始めてややイラついていたかな。

二日酔いにもなりたくなくて、もう飲みたくなかったけど、結局はもう1軒行こうってことに。

それも、私が泊まっているところの近くで飲もうってことで、まずは場所を確認したいからみんなでそこへ行こうってことになった。

おいおい、そのまま帰してくれよ~と思いながらも、幸せそうなEMに免じて付き合うことになってしまったわけなのよね。



職場から直行直帰のソウル旅:その8

劇場を出て、地下鉄に。

もうその前からEMが「オンニ、まだ?」って感じで連絡くれていたんだけど、今回のソウルで一人で行動したのってほぼないし、(映画とミュージカルは一人だったけど)、買い物もまったくしてない!!ダイソー行っただけじゃん。それに行きたくて行ったわけじゃないし。

実は娘に靴下を買って帰りたかったんだけど、待ってるって言うし、あきらめるかな・・なんて思っていた。

でも、私は旅行に来てるわけだし、人に遠慮するのもおかしくないか?本当はスタバも、一人でお茶でもしたくて寄ったところもある。もちろん、のども乾いていたけどね。

EMからは、「紹介したい友達がいるから一緒に会ってもいい?」って聞かれていて、当日になって「友達って男性なんだけど、大丈夫?」って聞かれていた。金曜日にJWたちに会ったとき、「友達を紹介したいって言われた」って話したら、「それ、男だよ!」って言われていたから、やっぱりか~って感じだったけど、何度も連絡してくる様子を見ていると、その人を待たせたくないのかな?って気もしてきた。

正直、どっか面倒に思えた部分もある。いつもいつも私に会いたがってくれて、私がソウルにいる間は仕事抜けてまで時間作ってくれたりするのは本当に嬉しいんだけど、一人で行動したいときもあるんだよね。これって、別に相手がいやとかそういうのじゃなくて。私がソウルに一人で行くのが多いのは、このせいもあるかもしれない。

一人で、誰にも気兼ねせず、ぶらぶらしたりしたい。予定外のことがあっても、自分だけなら迷惑かけることもないし。ただ、ごはんはできれば誰かと食べたい。特にソウルは、2人前からじゃないと食べられないものも多いし、ごはんはみんなで食べた方がおいしいから。その点では友達みんなにとっても感謝してる。

今や一人で過ごす方が難しいっていう、かなり贅沢な悩み(笑)


とりあえず、ハプチョンで待ち合わせだったけど、先にホンデあたりで買い物してから合流しようかと思ってEMに連絡した。「後から行くから、先に彼と食べてて。ちょっと買いたいものがあるから」って。そしたら、一緒に買い物しようって言われて・・・もうあきらめるか・・・。

乗換駅の東大門歴史文化公園駅で降りたい衝動にかられつつもあきらめて行こうとしたら、駅の構内にちょっとした雑貨を売っているお店が!欲しかったのと同じタイプの物はなかったけど、かろうじて靴下ゲットできたので、おとなしくハプチョンへ。

待ち合わせした出口に行くと、EMが男の人と待っていた。一応、ハングルで「マンナソパンプスムニダ~(お会いできてうれしいです)」っと挨拶し、3人でホームプラスへ。

「幸せなの?」って聞くと、「彼は友達だから」って。おいおい、なに照れてるわけ?まあ、決してハンサムではないけど優しそうな人かな?



さて、ホームプラス。↑写真撮ったらお店の人に怒られた・・・。

ショッピング目的のソウルじゃないけど、職場に直帰するわけなので、さすがにおみやげがないのはまずいと思ったわけ。

お菓子コーナーでペペロ、それからキムチの小分けパックと韓国のりでお茶を濁すことに。なんにもないよりいいよね!?本当はゆっくり見たかったけど、EMっていつも「何が欲しいの?」って聞いて、さっさと探してくれる。それが逆にせかされてる感じなんだけど、好意でやってくれてるのは十分わかるから言えないよね・・・。

本当は靴下も探したかったけど、明洞の屋台で売っているような靴下はホームプラスではもちろん売ってないわけで、EMが駅の中を見ようって言ってくれたけど、いやもう見たのよ、で、なかったんだわ。

ちょっともやもやする気持ちはあったけど、「モグロカジャ!(食べに行こう)」と言って、お店に行くことに。



そうそう、これがハプチョンって感じの風景。

で、どこに行くのかと思ったら、私がサムギョプサル食べたいって言ったので、なんとトンサドンに行くと!!!

私がトンサドンを知っていたので、「知ってるの?」とEMに聞かれたんだけど、そりゃ~知ってますよ。だってジョンフンと私が会った思い出の場所だもん❤

チェジュ トンサドン ソウル本店のコネスト記事はこちら



店に入って、奥の方に案内されて行くと、もうテーブルで焼いている人が。

紹介したい人って言うのはこの方で、この方がEMの彼氏らしい。さっきは照れてたんじゃなくて本当に友達だったのね。



ここではモクサル(首の肉)を食べた。もっちろん、おいしかったけど、やっぱりチェジュドで食べたほどの感動はないかな~?

そして、お店の暑かったこと!暑かったこと!エアコンないの?って感じだったけど、エアコンがあっても暑かったのかもしれない。特に、テーブルが暑くて、ちょっと離れて食べたほど。真ん中に炭が入っているから仕方ないけどね。



彼氏さんのことはあんまり書かないでおくけど、EMより5歳ぐらい年下らしい。出会ったのはなんと私が彼女を連れて行ったホンデのお店らしい!なんだ~!私がキューピッドみたいなもんじゃん(笑)

ていうか、よかったのか?

韓国人のカップルと一緒に食事をした経験はほとんどないけど、「チャギ~❤」なんて呼び合っていて、なんともラブラブ。ま、幸せなんだからいいのかね。

彼氏さんは、いとこが在日韓国人で大阪にいるとかで日本語もほんの片言だけでしゃべってた。

「なんで韓国に来るんですか?」「なんで韓国が好きなんですか?」「韓国のどこが好きですか?」などなど結構質問攻めに。(彼氏さんは韓国語で話して、それをEMが英語にするって感じ)言葉が100%通じているわけじゃないEMとなぜ仲がいいのか不思議な様子だった。確かにそうかもしれないけど、EMは私より英語ができるので、話は結構通じてると思うんだけどね。最近は私のハングル率が高くなってきたから、英語3割、ハングル7割って感じだけど。(ちなみにEMは日本語はまったくわからない)

韓国の食べ物で何が好きですかって言うので、レバ刺しって言ったんだけど、やっぱりこの3人とも「え~?どうしてあれが好きなの?」って感じ。

今回の旅行であった韓国人はみんなレバ刺しが苦手な人たちだった。でも、せっかくだからということでレバ刺しが食べられるお店に移動することに。



お店には芸能人のサインがいっぱい飾ってあったけど、どれも2010年だったような?これってやっぱり宣伝のために芸能人を呼ぶのかな?

サインの中にソ・イングクの写真があって、EMが「ここで彼に会ったわ」って言うので、「知ってる」と言ったら、「あ~!あのときか!」って。そうなの、ソ・イングクが来た時と同じときに、ジョンフンがホンギ以外のメンバーとここに来てたんだよね。そして、EMと一緒に食事してたJWが私に連絡くれたというわけ。

その時の記事はこちら 文中のGはJWのことです。

その時の記事には載せなかった(載せられなかったかな)写真がこれ。店の前に駐車スペースに止まってたメンバー用の車。この時は閉店間際でメンバー以外にお客さんいなかったんだよな。

7CB47E45-72A4-4F6E-A37B-2E844524FA3A.jpg

そして、メンバーたちの車を見送った後にズームで撮った写真。メンバーたちが食べてた席の写真だけど、足元にいっぱいティッシュがあって汚いね(苦笑)

571ED57C-5C3C-436A-899F-F4872C90EC57.jpg

あの頃は色々活動していたので書けないことも多くて、実はやったのに何もなかったように書いていたり、隠している部分も多かったな~。それも全部、周りの追っかけ友達さんたちに「ブログに書かないで」と言われていたからなんだけど。今はしがらみもないし、何より観覧とかのエントリーシステムがガラッと変わってしまったので、書いたところで誰にも影響ないと思うから、そのうち書こうかな?なんて思ってる。

【追記】いやいや、とても書けないわ(笑)公にできないことが大杉(汗)

上の過去記事も「ヘドウィグ見終わって移動中のこと」なんて書いてるけど、本当はヘドウィグが終わってすぐにインガの観覧のための点呼があったので加陽のスタジオ前にいたんだよね・・・。

その頃は、何時ぐらいから最初に並び始めたとか、そういうことが結構重要でみんなライバルを増やさないために超秘密主義だった。

懐かしいな~。

同じ2012年10月のソウルでシンチョンの街で大統領候補者を見たことを書いてるんだけど、これって現大統領ムン・ジェインのこと。

その時の記事はこちら


この時の大統領選では敗れたけど、今では大統領だもんね。なかなかレアな体験だったな。






ヘドウィグ、誰で見る?

旅行記の途中ですが・・・



ヘドウィグ、ビジュアルも公開されていよいよって感じになってきましたね~。

さて、誰で見るか??



今までだったら、すぐに「この人!」って言うのがあったけど、今回はちょっと悩みます。

というのも、オ・マンソクは前に見たし、マイケル・リーは他の作品で2回見たけどなんだかピンとこない。あとの3人は全然知らない人たち。

チョン・ムンソンは、前回も出ていた人ですよね。

で、ユ・ヨンソクは映画 「建築学概論」に出ていた人らしい。映画見てないけど(笑)チョ・ジョンソクつながりでなとなく「そーなんだー」って思ったので。

チョ・ヒョンギュンは「ロッキーホラーショー」のフランケン・フルター役でマイケル・リーとトリプルだった人だわ。


前回のヘドウィグは、最初からユン・ドヒョンありきで見に行ったけれど、後になってチョ・ジョンソクも見ればよかったな~とか、ビョン・ヨハンをなぜ見なかったんだろうとか、色々思ったので、今回もちょっと真面目に考えたいな~って思っております。

前は、1回見に行くと2公演ぐらい連続で見て、違ったヘドウィグを見るって楽しみあったんだけど、最近でのソウルは友達会うこと優先みたいになっちゃってるから、なかなかそういうのもなくって。

でも、そもそも何のためにソウルに行ってるんだってことを考え直してみたいと思ってます。(そんな真面目にww)

で、10月には東京で本家本元のジョンのヘドウィグを見るので、本音を言えば、そのあとに韓国版を見たくはないかな。

もうまったく別物だと思えばいいんだろうと思いますが。

そんなわけで、9月っていうのもありかな?と思ったりね。

ここ数年は、韓国でミュージカル見る以外は舞台とかコンサートってほとんど行ってなかったのですが、めずらしく今年は9月、10月、11月と東京や大阪で参戦予定があり、そうなるとソウルの予定をうまく組み込むのがちょっと難しいのですが、逆に行けるときがあんまりないから早く決まるかな?なんて思っております。

って、独り言(笑)


職場から直行直帰のソウル旅:その7

日曜日。

さすがに前日3時まで(いや、当日かな)飲んでいたので、無理に早起きするのは最初っからあきらめ。

3時まで飲んだとは言え、シャワーも浴びて寝たので、とにかくギリギリまで寝ることに。

ミュージカルは14時からだったので、ゆっくり起きて、どっかでお昼食べてから行けばいいやと余裕こいてた。

この日はどうしても神仙ソルロンタンが食べたかったんだけど、支度しているうちに「そんな時間ないか??」ってことに気が付き、それでも何も食べずに行って、3時間の観劇は無理!と駅前で屋台に寄り道。



地下鉄新村駅前には午後になるとたくさんの軽食屋台があって、夜中まで開いててホント便利。



最初はおっかなびっくりだったけど、行っていきなり食べて、おでん汁ももらって、最後にお会計っていうのも慣れたもの(笑)

でもね、でも、こんなことしてる場合じゃ~~~なかったの!!!あの時に自分に「バカーーーーーー!!!」って言いたい!!

この後、地下鉄に乗って劇場へ。前に2回も行っている劇場なので下調べなし。自分的には1号線鍾路5街駅から行った気がしていて、乗換案内を見た後に自分のブログを見返してみると、なんとヘファから行ってる!!じゃあ、乗換は違う駅??いや、シチョンだし、もうここで降りなきゃ!とパニック状態(苦笑)

しかも、乗換案内を見ていたら、どう見てもヘファに着くのは開演時間過ぎてる!!!

やばい!やばい!何のためにソウル来たんだよ~!!(泣)

ここで、またタクシー乗ったら何とかなるかも?って思って、シチョン駅で地上に出てタクシーを拾う。

ところが、アジョシが全然わかってくれない・・・。ハングルで書かれた劇場の住所も出てるページをスマホで見せたけど、「なんだこれ?」とかぶつぶつ言ってるだけ。英語がしゃべれるわけじゃないみたいだけど、私があわててるのがうざいのが「ジャストモーメント」なんて言う。

これじゃ間に合わない!と思って、すぐさま劇場案内をカカオでEMに送り、電話。「アジョシに説明してー!!」とお願いして、電話を代わる。わかったのかわからないのかはっきりしないままとりあえず走ってるけど、わざと?ってぐらいゆっくり。

でも、韓国人に「パリパリ」って言ったらホントに急いで運転荒くなるって聞いたから怖くて言えないし(泣)

私も、ソウルの街も見慣れてきているので、大体どこにいるのかわかって、もしかしたらギリギリ間に合うかも?って気持ちも出て来たけど、劇場前の交差点で信号にひっかかって止まる・・・うあ~~~~!!!もう降ろして!!!降ります!!!

降りようとしたら、アジョシに止められる。今思えばもっと強気になればよかったけど、確かに両側6車線道路の真ん中だったし、危ないっちゃ危ない。

泣きそうになりながら信号を待って、止まってT-moneyで支払いを済ませてすぐに降りる。アジョシはやれやれって感じで私を小ばかにしたように笑ってた。

バッキャロー!!!

ダッシュで劇場の建物に踊りこむと、2階のチケット売り場へ。まだ来ていない10人分ぐらいのチケットがカウンターに並んでいて、おにいさんもあわてながら私のチケットを探してくれた。

あわてているのでハングルもまったく口から出ず、「上?上だよね?」と日本語で言っていると、一人のおにいさんが案内してくれることに。

しかし、すでに開演している・・・・チーン

今までソウルにミュージカルを見に来て、開演に遅れたのは2回目。1回目はランチしていたらぎりぎりになってしまっての遅刻だったけど、今回は二日酔いだったから?前日飲みすぎたから?いやいや、最後の最後まで何かを食べるってことをあきらめきれなかったからでしょ!!

こんなことなら、すぐに劇場に来て、1階のスタバでサンドイッチでも買えばよかった。韓国のサンドイッチ全然食べたくないけどさ。

せめて屋台で持ち帰りにすればよかった。でも、持ち帰りだとおでん汁がもらえないからあきらめきれなかったんだよなー。ああ、自分がイヤになる!

チケットを持って案内された階で(もううろ覚えだけど4階だったかな?3階?)案内係りのお姉さんが申し訳なさそうに何かを言った。よくわからなかったけど、もう開演しているのでしばらく入れませんってことね。

あと、私の席は2階センターブロック1列目の通路側だったのに、なぜかど真ん中の席だと言う。チケットを見せて、座席表を指差したけど、「とにかくこっちです」と言う感じ。ホントの理由はわからないけど、別に悪い席になったわけじゃないからいいか。

で、モニターで舞台の様子をやきもきしながら見る。ネットで見ていたダイジェストと同じだ。ヘドウィグみたいに最初の登場で盛り上がる!ってわけじゃないからいいか←と自分を慰める。

お姉さんのところへ行き、「アジク(まだ)?」と言ってみるけど、お待ちくださいと言われる。まあ、自分が悪いんだし、仕方ないよね。

でも、すぐに入れてくれた。

途中とは言っても、最初の2曲目が始まったところで、ストーリーも知ってるし、肝心のタイムワープには間に合ったから良しとしよう!!

しかし、我ながら本当にひどいわ。もう二度とこういうのはごめんだね。気をつけなくちゃ。今までどんなにひどい二日酔いのときだって絶対間に合ってたのに、今回は大した二日酔いでもないのに寝過ぎたよね。

タイムワープでは、私の並びで手振りだけ踊ってる人もいたけど、基本2階はみんな静かに見てる。でも、やっぱり盛り上がるな~!!

フランケン・フルターのマイケル・リー登場で会場の興奮はピーク!!それも高い位置から登場したので、2階席でもばっちり見えた!もちろんオペラグラス持参だしね♪しかし、拍手待ちのタメが長い、長い(笑)

でも、この手の舞台って2階席はやっぱりダメだわ。今まで何本か2階席や3階席で見てきて、オペラグラスがあれば表情も見えるし、値段も全然安いし、いいじゃん!って思っていたけど、参加型というか、観客も一緒に盛り上がるタイプの舞台だと置いてかれ感が半端ない。

そして、見てる途中から何となくおなかが痛くなってきた。もちろん前日飲みすぎてるからっていうのもあるけど、腰の周りに風が吹いてる気がする?

そんなわけないよね、でもエアコンの風があたる席なのかな?なんて思いつつ、ハンドタオルとエコバッグを腰に乗せて何とかしのいだ。

休憩時間になって、すぐさまトイレに行こうと立ち上がったら、なんと!席の下にエアコンの吹き出し口があるじゃないの~~!!



どういうこと??しかも、隣の席にはないよ!もしかして、はずれ席?だから、席替えられたの?

見てみると、同じような席もあるし、何もない席もある。これ、ちょっとひどいよね~。


2幕目は、この吹き出し口に荷物を置いてみたら風はかなり弱まった。

後半もテンポよく進んでいき、あっという間に終演。最後のカーテンコールでは周りの人を気にするのをやめて立ち上がって踊ってみた。

やっぱり楽しい!!!韓国ミュージカルって最高!!

ただ、残念なことに、今回も誰にも恋することはなかったな。



今回は出待ちとかする予定はないけど、すぐに劇場を後にするのも名残惜しくて、ちょっと徘徊。



今回は、ソムン・タク目当てだったのもあったけど、彼女はやっぱりこの手のロックミュージカルでは最高だと思う。そして、リフラフのコ・フンジョンさんもよかったし(「ファントムシンガー」に出てた人らしいね)、コロンビアもよかったし、グレッグとジャネットもよかった!



でもね、でもね、ロッキーがめちゃくちゃひどかった!!私が今まで韓国で見たすべてのミュージカルに出ていた人の中で最低だったと思う。なにがって、歌がダメなの。うまくないとかじゃなくて、音痴なの!音はずれっぱなしで、周りから失笑が漏れるぐらいひどい。

ロッキーは人造人間でイケメンで、でも出来立ての人間だから、ちょっとおバカキャラなのはいいとしても、歌が下手って言うのは演出じゃないよね?映画版でも別に歌は下手じゃないもん。

チェ・グァンフィって調べてもあんまり出てこなかったんだけど、韓国の友達に調べてもらったら元オルチャンらしい。そして、韓国のNEVERで調べてもあんまり出てこないぐらいまだ新人みたい。なぜこの大抜擢??しかも、ダブルでもトリプルでもなく、彼だけがずーっとロッキーなんて。

*オルチャンとは ざっくりですが、ネットなどに写真を投稿して話題になり、その後有名人になったりする美男美女たち。ちなみに、ジョンフンも元オルチャンです(爆)←「ジョンフンて誰?」って突っ込みはなしで



今回の演目、これが絶対見たいからソウルに来たってわけでもなく、出待ちしてサインもらうつもりもなかったのでプログラムも買わずだけど、グッズだけチェック。



リストを見たらOSTがあって、それもブロードウェイ版だったので買うことに。(フツーは逆だよね、みなさまマイケル・リー様の歌が聞きたいだろうし)



ブロードウェイでロッキーホラーやったのっていつよ?って調べてみたら、結構前。2001年ぐらいらしい。

ていうか、逆にそんなのがどうしてたくさんここで売ってるの?ま、いいけど。



で、今さらなんだけど、この「LET'S DO THE TIME WARP AGAIN」って書いてあるポーチ!なんで買って来なかったんだろう。・・・欲しいっ!!



買うときにおにいさんに「ブロードウェイ版だけどいいですか?」って聞かれた。やっぱりね。


1階まで下りてこちらも記念撮影。でも、このときすでに女の子がたくさんこの前に待機していて、「誰か来る?」って感じがぷんぷん。私、そういうの敏感なんだよね~。



のどが渇いていたこともあって、すぐに劇場を出ず、1階のスタバで休憩しつつ、誰が来るのか見届けることに。まさかまさかのマイケル・リー様だったら、見るだけでも見たい!←相変わらずのミーハー

で、待っていたら誰が来たようす。きゃーきゃー言うような声は聞こえないけど、ざわついてきたので私もスタバを出て見に行ってみると、俳優さんらしき方がみんなの前で挨拶してる。



「な~んだ、マイケル・リーじゃないや」っていうのは心の中でつぶやいたけど、ちょっとだけ拝見(笑)たぶん、ブラッド役のペク・ヒョンフンさんかな?



みなさまお行儀よくお話し聞いてました。



というわけで、劇場を出てハプチョンへと向かいましたとさ。


今回長かったね、ごめん!(汗)


職場から直行直帰のソウル旅:その6

雨も降っていて、確かに寒くはないんだけど、子供たちはガンガン泳いでいてビックリ!ママたちは傘をさして見守ってる。でも、泳ぐほど暑くないよ。しかも、もう夜7時近かったし(苦笑)



雨が結構強くなってきたけど、せっかくなので近くでやっていた夜市へ。

ソウルパムトッケビヤシジャン(ソウル夜トッケビ(鬼)夜市場)です。直訳しても意味ないか~(笑)

ソウルナビの記事はこちら



夜市って聞いて勝手にイメージしていた感じ(台湾的な)とはだいぶ違って、若い人が多くて、食べ物もイマドキな感じ。



かっこいいおにいさんたちがちょっとしたショーみたいに料理しているお店もあったり、どれも屋台ではなくて、フードトラックなんだよね。前に見た映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」をまねてキューバサンドを売ってるお店も。



たこ焼き屋さんや焼き鳥の屋台もあって、日本語も結構あったよ。

そして、フードトラックとは別にハンドメイドの小物を売っているショップもずらーっと並んでました。



そんな中にドリームキャッチャーの屋台も。ドリームキャッチャーっていうと「相続者たち」を思い出しちゃう(笑)

ここでHJさんが「どれか一つ選んでください」って。なんとプレゼントしてくれました!こんなの初めて~~。・・・でもないか?前にSHに買ってもらった気もする(笑)

ベージュっぽいのを選んで買っていただきました♪



写真だとあんまりわからないけど、結構しっかり雨が降ってます。

ここって、音楽番組やったりするところだよね?↓この日も何かやってました。



本当だったらもっと暗くなるまでいて、ビール飲んだりして漢江を楽しみたかったけど、かなりの豪雨になり退散することに。ずっと1本の傘で女子3人だけ入っていたけど、HJさんがもう1本買って来てくれて、とりあえず2人で1本に。


最初にチキン食べたときから「雨が降ったらどうします?」って相談していて、「普段はどんなお酒飲みますか?」って聞かれたので、ワインかなって言ったんだけど、そしたらイテウォンのおしゃれなバーに行こうなんてことになり、いやいやそれは違うでしょってことでお断りしました。

こういっちゃなんだけど、おしゃれなバーなんて東京に腐るほどありますから(笑)で、ワインだって、なにもソウルで飲まなくても!ソウルならやっぱりマッコリが飲みたいってことで、汝矣島にあるお店に行くことに。



二人が車で来ていたので、乗せてもらって楽々~♪お店は割と近く。



車を止めたので降りようとしたら、JYさんが「ちょっと待ってください」と言うので、まだここじゃないのかな?もうちょっと寄せるのかな?なんて思っていたら、HJさんが先に降りてドアを開けてくれました!!!これにはびっくり~!

この日会ってからずっと色々気を使ってくれて、要はエスコートしてくれる訳です。私は韓国人の男性の友達はいるけど、ここまでされたことないかも。確かにみんな荷物を持ってくれたり、ごはんにおかずを乗せてくれたり、食べさせてくれたりするけど(笑)

でも、でもね、さすがにここまで来たら、レディーファーストなんじゃなくて、私が年行ってるから??って思えてきて、お年寄りの気分になってしまった・・・(苦笑)

MJに行ったら「おにいさんはいつもJYオンニにもそうなんだと思います。だから、年だからとかじゃなくて、女性だからだと」って言ってくれたけど。日本人女子はこういうのに慣れないよね~。これが嬉しいって人もいるかもしれないけど、私の場合はこれがずっとだと絶対うざくなる(笑)

でも、ありがたかった~。女性だから+お客様だから+目上だからっていうのがあるんだろうな。


というわけで、お店に到着。ビルの中の1階でした。

キョドンジョンソンセンというお店。直訳するとキョドン(地名)チヂミ先生?

チェーンのお店らしい。とりあえず、シチョン店のソウルナビ記事はこちら



とにかく、マッコリの種類がいっぱいある~!



ちゃんと見なかったけど、芸能人のサインもたくさん。やっぱり汝矣島だからKBSも近いしってこと?



やかんもいっぱいぶら下がっていて、やかんのお酒を飲んでる人が多かったかな。それを飲もうとしたら、マッコリの上澄み(透明な部分)だけなんだって。え~!あの濁ってるのがおいしいのに!って思って結局飲まなかった。



こちらはメニューです。マッコリは大体5000ウォン~7000ウォンぐらいかな。



最初に出てきたトンチミもおいしかった~。こういうのの汁まで飲むって前は知らなかったな。



ジョン(チヂミ)のモドゥン(全部)にしました~。ここのジョン、おいしかった!細切りの野菜をまとめてるもの(日本で言ったらかき揚げみたいな)のとか、遠慮なくお箸で切って食べられるのが韓国のいいところ。こういう時に、日本だと直箸でいいかな?とか、お箸を1本ずつ両手に持って食べ物を切るってお行儀悪いけど、韓国ならOKだもんね。



まず最初はピーナツマッコリに!これってチェジュド名物なんだけど、チェジュドに行ったとき、1日目はチェジュマッコリ、2日目はハルラボンマッコリとチェジュマッコリ、最終日にピーナツマッコリの予定が行ったお店になくて飲めなかったの。

ピーナツマッコリを置いてなかった黒豚屋さんのおにいさんは「あんなのダメダメ」みたいに言っていたので、あまり期待していなかったけど、予想より全然おいしい!!

こういう、味のあるマッコリっていうのかな、生マッコリじゃなのかなって思っていたけど、ちゃんと生なんだね。



次はジピョンセンマッコリ。かなり歴史あるマッコリらしい。

飲みこんだ後に燻製みたいな香りがする。これはMJもJYさんも「本当だ!」って言ってくれたけど、HJさんはわからないって(笑)私のことを「ソムリエですか?」って言ってたけど、そんなじゃないの。素直な感想なんだけど。



最後に飲んだのは、とうもろこしマッコリ。飲むと「あ~、とうもろこし!」ってわかる。



これも賞味期限は1か月。そりゃ日本には入ってこないかー。でも、ホントにおいしくて幸せ。



私が飲んでも変わらずにいるので「日本人はお酒が弱いと思ってました」なんて言われたけど、それって先入観よね。韓国人だって辛い物苦手な人もいるしね。

漢江で写真を撮れなかったけど、ここでは記念にぱちり。



この時は結構色んな話もして、日本に行きたいけど放射能はどうなの?とか、私と夫との馴れ初めを聞いてきたり。その辺は韓国人なので目上の方に失礼があってはいけない感がすごいんだけど、私的にはもっとざっくばらんでいいのにな~って思う。まあ、それはもっと仲良くなってからかな。

そして、JYさんは「韓国と北が戦争になるとか日本ではNH○ですら放送してるそうですね?」なんて笑いながら、「信じられない」と言う感じで話していた。逆に、放射能の話は「日本に旅行に行った知り合いがその後、白血病になったので心配で」なんて言っている。震災後、私も、家族も、親戚も、友達も、子供たちの友達も、そのご家族も、そんな人はいないって話したけど、いずれにしても、心配なら行かないことしかないのかなって思う。私だって、北との関係は気になってるし、危ないかどうかは日本にいても同じだけど、それが心配でソウルに行かないって人がいるのも知ってる。でもそれは自分で決めることだもんね。

ちょっとディープな話ではあるけど、こんな話ができるのも外国に行っていればこそ。実は結構好きだなこんな感じ。

私の夢は韓国で普通の人のお宅に行くことって話したら、次回ソウルに来たときはぜひウチに来て下さいってことに!嬉しいな~!長年の夢が叶う♪

今回も素敵なお店に連れて行きたかったみたいで、ジョンとマッコリなんてお客様には申し訳ないって感じだったけど、そうじゃないってことわかってもらえたかな?

MJとも写真撮ってもらったけど、若い子とのツーショットはきっつい!!(^^;)MJかわいいから余計にBBAが目立つ!



この後、部屋まで車で送ってもらって、飲んでる時にコンセントアダプタが取れなくなってペンチを買った話をしたら、「僕が見ましょうか?」って言うので、全員で部屋に来てもらうことに。

MJやJYさんは「いいな~、こんな部屋に住んだら家賃いくらだろう?」なんて言ってたけど、そんなことしてる間にHJさんがアダプタを手で抜いてくれた!コンセントカバーが壁から取れるんじゃ?ってぐらい動いていたけど、さすが鍛えてるだけあるね~。JYさんも「さすがウチのだんなだわ~!男だわ~」って喜んでた。

二人を車まで見送ってから、MJと部屋で飲むことに。

近くのコンビニに飲み物を買いに行って、おつまみどうしよう?ってことになったんだけど、そういえばと思って屋台まで。

オデンとトッポッキとティギムをポジャンしました~♪



部屋には小さなテーブルがあったので、MJが準備してくれて2次会開始!

結局3時まで飲んで、最後は私が眠くなってお開き。なんだか東京にいた頃みたいだね。東京にいた頃なら朝まで飲んだけど、翌日は午後とは言えミュージカルもあるし、この辺がいいところかな。

表通りまでMJを見送ってバイバイ。今回もいっぱい遊べて嬉しかった~!いつか彼氏にも会わせてね♪

プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR