20回目のソウル旅(チェジュド編):その11

イ・ジュンソプ美術館は想像とはちょっと違って残念な部分もあったけど、来られたことはとても嬉しかったし、この美術館の存在がなければ、たぶん私はまだまだチェジュドには行かなかっただろうからいいきっかけになったと思うことにしよう。

実は私がソウルに行く1週間ほど前まで、ソウルの国立現代美術館 徳寿宮館でイ・ジュンソプの特別展が行われていたみたいで、友達からは「やってるけどオンニが来るときは終わってる」って言われていて、もしかしてチェジュドの所蔵品がそっちへ行ったりしてるんじゃ?って思っていたけど、展示されたものを見た感じではそれはないかな?って思う。そもそもチェジュドに来れば、彼の作品がたくさんあると思ったこと自体が間違いだったのかもしれないな。

チェジュで行われていた特別展は彼の書いた絵ではなく、家族の写真などの記録的な部分がほとんどだったから、ソウルのそれとはまた別のものだったろうと思う。

それでも、常設展でジュンソプの絵が見られないかと調べてもらったけど、トクスグン館は常設展示のない美術館らしくて、ジュンソプの特別展が終わった後は1か月休館していたので、もうそこであきらめてしまった。そうそう、プアムドンのソウル美術館でもジュンソプの特別展があったみたいだけど、そこも常設では展示していないらしい。


何となくトーンダウンしながらも、目的は果たしたのでMJとお昼を食べに行くことに。

ネットで調べてくれたヘムルタンのお店が近くにあるんだって。この場所に実際にいたときは「チェジュドっぽいところに行ってないな」と思っていたけど、この空!!これめちゃくちゃチェジュドって感じじゃない~?



本当はイ・ジュンソプ通りの小さなお店も見るつもりだったのに、なぜかこの時はすっかり忘れていた。



手作りっぽい顔出しボードもあったりして、通り全体がジュンソプだらけって感じかな。本物じゃないけど(笑)



ねこさんがいたのでパチリ。あんまりソウルで見ない気がする。気がするだけ?



で、ホントすぐそばにありました!

キオンナヌンチプ(記憶に残る店)」と言う店名がおもしろいね!



とりあえずビールを頼んだけど、メニューを見たら前日ククス屋で頼まなかったピーナツマッコリ発見!飲んじゃう??



と、思ったけど、ビールの後はハルラボンマッコリにしちゃった。最初「ハルラボン」が何かわからなくて、ハルラはハルラ山のハルラだから、「ボン」て何?ってMJに聞いたんだけど、その時の返事が「峰」だって言われたので「ハルラ山の山脈」的なネーミングかと思ったんだけど、注がれたマッコリを見てびっくり!!

一瞬「コーンスープ???」って思うほどオレンジがかった黄色だったの!

ここでやっとわかった!ハルラボンって、デコポンなんだね。だから「ボン」に意味はないんだと思う。



そんなに甘くもなくて、柑橘の風味があるからさっぱりしていて私は結構好き。食事と一緒でも大丈夫。



おかずはこんな感じで、ソウルで食べるのとちょっと違う感じかな。ごはんは二人で分けたので食べかけじゃないよ。きゅうりのキムチがおいしかった~。



じゃじゃ~~~ん!!これがこちらの名物ヘムルタンで~す!!動画でぜひ見てね。

アワビが山盛り!!!!



そして、タコさんはちょきちょき切られちゃいます~~(泣)



完成形はこちら~!!



いや~~、もうこれは、食べなくても見ただけでおいしいってわかるけど、ホントにおいしかった!

特にアワビは最初の1個食べた瞬間にちょっと涙出たぐらいおいしかったもん!別にアワビに対して思い入れとかなくて、特に食べたいって思うものでもないんだけど、こんなにおいしかったのか~~!!

こっからは、アジュンマがどんどん殻から外してくれたり、しばらく世話してくれました。写真だとわからないけど、エビも結構入っていてそれもちゃんと殻を外してくれたよ。

隣のテーブルの人は食べ終わった後にサリ麺を入れてたけど、私たちはそこまで行きつかず。それでも残したくなくて、特にスープがおいしくて、マッコリ飲みつつちびちび飲んでました。


行ったのはまさにお昼って時間だったというのもあるけど、お店は満席!人気店だっていうのがわかるな~。

有名店らしく、アジュンマによると日本人もよく来るって。



ホントはこのまま飲み続けたい気もしたけど、重い腰を上げて店を出た。

豪華なヘムルタン2人前と生ビール2つとマッコリ1本で51000ウォン(約4900円)めちゃくちゃ安い~!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR