20回目のソウル旅(チェジュド編):その8

チェジュドに到着!

もう夜なので周りはよくわからないけど、なんとなく南国ムード。ハワイの空港もこんな雰囲気あるよね。韓国のハワイって呼ばれてるだけあるな。

トルハルバンもちゃんといる!

てか、観光用以外のトルハルバンは結局見なかったけど本物ってどういうところにあるものなんだろう?



で、タクシー乗り場へ。宿まではタクシーで5分ぐらいらしいけど。

乗り場に近づくとものすごい行列!!でも、乗らないわけにはいかないので待つしかない・・・。



乗り場が近づいてくると、なんでこんなに混んでいるのかわかってきた。乗り場に一人おじさんがいて、色々指図しているのだけど、それが余計に混雑を生んでる感じ。

1車線に4台分止められる枠が書いてあるのだけど、まず日本だったら2車線にして倍の車を止めると思う。そして、なぜか枠からずれたりするとおじさんが乗ろうとした人を止めてまで枠にきっちり止めさせようとする。おじさんが愛想がよくていい人っぽいから腹は立たないけど、なんか無駄な感じ・・・。

とりあえず、タクシーに乗って宿に向かう。でも、夜だから周りが真っ暗で様子が全然わからない。それでも、あまり高い建物はないってことはわかるかな。

宿はMJが見つけたくれたところで、Slow Terminalという名前。

ゲストハウスのブログはこちら



ビルの4階にあったんだけどエレベーターがなくてちょっと大変だったな。大きい荷物がなかったのが救い。3階まで行ったら「NEVER GIVE UP」とか書いてあって笑っちゃったけど。

実はここのゲストハウス、ブログでこの写真↓を見て行ったので、昔ながらのチェジュっぽい建物で、中はリノベーションしているのかと思ったんだけど、単なるイメージカットだったのね(笑)

DH8A6105.jpg

まあ、確かに周りにも、そしてそのあと行ったどの場所にも昔っぽい藁ぶき屋根の家なんてなかったけどね。私は沖縄に行ったことがなくて、沖縄も何となくよく映像で見る昔っぽい平屋の家がいっぱいあるような気がしてるんだけど、きっと行ったら違うんだろうな・・・。チェジュも、もしかすると島のどこかにはそんな場所もあるのかもしれないけど、観光客が行けるような場所だと民俗村的なところしかなさそう。


宿に着いて、すぐに部屋に荷物だけ置いてごはんを食べに行くことに。

こちらのゲストハウス。部屋は鍵が閉まるけど、シャワーやトイレ、ドライヤーを使うようなドレッサー的部分、キッチンとリビングは共用。

事前にブログで見たところ、23時が門限で、シャワーもその時間以降は使えないって書いてあった。ソウルにいるときは23時に部屋に戻るなんてありえないけど、私にとってはこれも貴重な体験かなと思ってここのゲストハウスに決めたの。

MJはルールについて説明を受けているようだった。やっぱり23時門限。入るのも出るのもそれ以降はできないとのこと。この時すでに9時半を過ぎていたので、急いでごはんを食べに行かなくちゃ!ってことになった。


オーナーらしき女性がいたので、MJがおススメを聞いてくれたらククスがいいんじゃないかと言うことになった。ククス通りみたいなのがあるらしくて、タクシーですぐだからとのこと。

*ネットで色々調べたらククス文化ストリート【국수문화거리[ククスムヌァゴリ]】というみたい。

お店は何軒かあって、そのうちの1軒がすごく混んでるけど、どこで食べても大差ないからと言われてたみたい。

その時間で外に出ると歩いている人もほとんどいないのだけど、タクシーは意外とすぐに来て、ククス通りまでもすぐに着いた。

走っている途中はやっぱり低層の建物ばかりで、ハワイみたいと言っても、マウイとか、そうサイパンにも似てるかな?って感じ。

ククス通りまで着くと意外なほど人がいる!



噂のお店は隣で、やっぱりすごく人が並んでいたけど、私たちは門限までに帰らなくちゃいけないのでククスマダンというお店に入ることにした。ちなみに隣の店は誰かがSNSで紹介したことから人気に火が付いたらしい。

お店のHPはこちら

690 - 012 Jeju
제주시 일도 2동 1034 - 19
TEL.+82 64-757-5559
8:00pm~5:00am  *お店のFacebookからの情報

お隣ほどではないみたいだけど、こちらも並ぶことがあるみたい。

隣の店の名前はわからないけど、ここの通りで人気なのはチャメククスとオルレククスの2軒らしいな。

さて、すぐに席に案内されたものの、ほぼ満席。テーブル以外に座敷席もあった。

座って周りを見回したMJが「おやじが多いですね。韓国はおやじが多い店は美味しい店なので大丈夫です!」と(笑)

なるほどね~~。

おかずを食べつつ、ビールで乾杯!(ビールの写真はないけどcassだったかな)



で、ククス来ました~~~!!!

頼んだのはコギククス(肉ククス)とビビンククスの2つ。



正直言うと、最初ククスに行こうと言われた時ちょっと残念だったの。だって、チェジュと言えば、黒豚とか、ヘムルタン(海鮮鍋)とかね~~。でも、この時は時間がなかったし、そういうのは翌日以降でいいやと思ってここにやってきた。

でも、今でも「おいしかったな~~~」と思い出すのは実はこのククス!!

ビビンククスはMJが混ぜてくれたんだけど、付いてきたスープを少しかけてから混ぜてて、「へぇ~~」って思っちゃった。そういう作法は日本人にはわからないから。



ククスって前にもソウルで食べたことあるけど、地域によってだいぶ違うみたい。前に食べたのはアンドン(安東)ククスというので、麺は日本のそうめんや稲庭うどんみたいな感じだったけど、ここのは黄色くてコシがあってちょっと中華麺っぽい感じ。

コギククスはちょっと豚骨っぽい感じの白濁したスープ。でもあっさり!

あと、ミョルチククスも有名らしいけど、それは煮干しダシみたい。(ミョルチ=煮干し)

コギククスには途中から海苔をいっぱい入れて食べたけど、またこれもおいしい!

ビールを飲み終わってマッコリを注文。やってきたのはチェジュマッコリ!そっか~、マッコリもご当地ものがあるんだね!



今回のチェジュ旅行はMJが一緒に来てくれなかったら実現しなかったこと。本当ならMJのエアーも宿泊費も私が出したいぐらいだけど、とりあえずそれは各自払うことにして、滞在中の食事代はすべて私が出すことにした。(MJは20代で私の娘でもおかしくない年齢だし)代わりにタクシー代はMJに払ってもらうことに。日本だったらこの交換条件ってとんとんかもしれないけど、韓国ではタクシーが安いからね。ただ、小銭を出したり煩雑なのでお任せしちゃうことに。最初は「そんな~!」って言っていたけど、「だったらお茶とかは出して」ってことに。

食べ終わってまたタクシーでゲストハウスへ。

23時までほんのちょっとしかなかったので、シャワーは翌朝でいいかなと思ったけどさっと浴びることに。MJがSKIN FOODでメイク落とし(シートタイプ)を買ってきてくれていて、「これ使ってください」って。こういうところ、ホントに気が利く子なんだよね!!

シャワーは2か所あって、1か所は男女に分かれた広いシャワー室。1か所にシャワーが2つあって、それぞれシャワーカーテンで仕切られてる。そして、トイレもここに2つある。

もう1か所は、ゲストハウスの反対側の端っこにあって、3畳ぐらいのスペースにトイレとシャワー、洗面台がある。

私はオールインワンタイプの方へ。MJは大きいシャワー室へそれぞれ別れ、髪以外洗うことに。

ここで発見!!シャワーの前にトイレを使ったんだけど、ごみ箱がすごく遠くに置いてある。便器に座ったままだと絶対届かない位置。どうしよう?と思っていたら、トイレットペーパーホルダーにメモが貼ってある。

ヒュギヌン ピョンギエ ポリョジュセヨ

ヒュギがわからなかったけど、「便器に捨ててください」はわかったので、たぶん紙を流していいってこと?と思って流した。あとでMJに聞いたらヒュギはやっぱりトイレットペーパーだったみたい。漢字語?なんだろ?トイレ流せるなんてすばらしい~~!

メイクを落とし、さっとシャワーを浴びて部屋に戻る。



おばさんにはかわいすぎるベッドです(笑)

見ての通り、かけ布団もなく、代わりにあったのはシーツのような1枚の布だけ。これには韓国人のMJも驚いていたけど、これで十分ではあったかかったかな。寒いってことは全然なし。

MJがシートマスクを持ってきてくれていて、旅行だと疲れるから寝る前にパックしましょうって。前にお友達がそうしていていいなって思ったらしい。メイクも落とさず酔っぱらって寝落ちする私とは180度違います(苦笑)というわけで、二人でパック。


寝る前に水が飲みたくてキッチンへ。



ここにあるものは自由に使っていいみたい。ただ、びっくりしたのは23時が門限なだけじゃなく、消灯だったということ。なので、暗いです。



お水を飲んでいると、知らない男性が来て話かけてきた。日本人ですとハングルで答えると「オ~~、ジャパニーズ!」って。

何人なのかわからないけど、韓国人ではないみたい。私に翌日の予定を聞いてきたので、イ・ジュンソプ美術館に行くことなどを話たんだけど、なんかどうやらナンパらしい(苦笑)

ゲストハウスで共有スペースの多いところだから、そこで知り合った人と会話することも楽しまなくちゃと思っていたんだけど…。

私は話半分でその場を離れたんだけど、とにかく会う人会う人に同じことを聞いてるみたい。


この日は、翌日のことも考えて12時前に就寝。消灯時間を過ぎたら、他の部屋からも何の音もしなくなったので、会話もひそひそ話。MJは「ビール買ってくればよかったですね」って言っていたけど、前日5時半まで飲んでいた私には早寝がちょうどよかったかも。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR