20回目のソウル旅:プロローグ

来週、ソウルに行きます!

今回は、週末にチェジュドに行く予定。初めてのチェジュド!

いつもながら語調がバラバラですみません(^^;)旅行中はツイへの独り言をベースに後で旅行記を書いているので、口語になっちゃう。なので、旅行記系は最初から口語で行きます~。
他のも口語でいいじゃんって思うんだけど、なぜか書き始めるとですます調になっちゃうんだな、不思議だけど(笑)





いつものようにエアーと宿の費用の記録~

エアー:アシアナ(ANAのマイル利用) 5.380円(たぶん、空港利用税のみ)
宿:24GuestHouse新村(7回目) 2泊 8.275円+1泊 3.715円=11.990円

*間にチェジュド行くので、5泊全部取ろうか悩んだけど、荷物は預かってくれるそうなのでホントに泊まる日だけに。ただし、荷物の紛失は自己責任らしい。フロントの前に置きっぱなしってことですね。いつものこと。agodaで取ったけど、週末と平日で料金が違ったので、こんな感じ。

エアー(チェジュ往復) 8.665円(iPhoneのアプリで購入)
宿(チェジュ)ゲストハウス 2泊 55.000ウォン(2人で1泊55000ウォンのところに2泊)

合計:約31,535円 (ウォン建ての宿代は100ウォン=10円で計算)

チェジュドのゲストハウスは韓国の友達が取ってくれたけど、民宿的な感じかな?トイレ、シャワー共同。共用のキッチンがあり、朝食もセルフでパンや飲み物が無料らしい。23時が門限で、それ以降はシャワーの利用も不可。部屋での飲食禁止。夜間は部屋でも静かに!って、ソウルだと深夜明け方まで飲み歩く私には縁のないシステムだから、逆にいい機会だと思って楽しんで来よう!(笑)





今回なぜ行くことにしたかというと、発端は母。

夏休み中、母に会った時に「イ・ジュンソプという画家の画集が欲しいから調べて」と。

まずはア○ゾンで検索。出てきたのは映画のDVDでした。どうやら、その画家に関するドキュメンタリー映画が何年か前に日本で作られた模様。そして、奥さまは日本人みたい。しかも、90歳を超えてまだお元気らしい。

名前で検索しただけで出てくる牛の絵は、なんだかどこかで見たことがある感じ。たぶん、すごく有名なんだろうな。

色々な方のブログを巡っていたら、韓国では知らない人はいない画家であること、若くして亡くなったこと、家族で一時期チェジュドに住んでいたこと、日本と韓国に離れ離れになった奥さまとお子さんにたくさんの絵手紙を書いていたこと、TOPIKの試験問題になるほど有名な方であることなどがわかったんですねー。

で、有名で高額な牛の絵より、胸に刺さったのが家族に向けた絵手紙。私が見たものはすべて日本語で書かれていたので、もちろん読むことができ、それがあまりにも愛にあふれ、情熱的!

日本からネットで探してもあまり情報が上がってこないので、韓国の友達にも協力してもらって、彼の絵が収蔵されているソウルの美術館に電話してもらい画集がないか聞いてもらったり、本屋さんで画集を探してもらったり。

調べてもらっているうちに友達も興味を持ったみたい。

あるとき、本屋さんで手紙だけをまとめた画集を見つけたからと連絡があって、それを母に送ってくれたんだけど、「こんな感じです」と表紙の画像と一緒に送ったくれたのがこれ↓



日本に留学していたその画家は、「アゴのリさん」と呼ばれていて、それが転じて「アゴリ」と呼ばれていたみたい。そして、奥さまは「南方(韓国から見て日本は南だから)から徳が来た」ということで、「南徳(ナムドク)」と呼ばれていたみたい。

それにしても、結婚して何年も経ち、子供もいるのに奥さまのことを「最愛のナムドク天使(チョンサ)」と呼んでいることに感動!そして、たぶん言葉使いがちょっと昔っぽいせいか自分の父親の書く文章とも何となく重ねてしまって、ものすごく身近に感じてしまい、「いつか本物の絵を見てみたい!」と思ってしまったんですね~。

チェジュドには「イ・ジュンソプ美術館」があること、チェジュド時代は家族4人でわずか3畳ほどの部屋に住んでいたそうだけど、それを再現した部屋があるとか、近くにはイ・ジュンソプ通りもあることをネットで知り、なんだかどんどん行きたくなってきた(笑)

友達に「土日だったら一緒に行けたりする?」って聞いたら、大丈夫そう、そして10月ぐらいなんていいんじゃない?と話がどんどん進み、今回のチェジュド行きが決まったというわけ。

今年中にもう1回はソウルに行くつもりだったし、年末に近づくにつれて仕事は忙しくなるから秋かななんて思っていたのもあって、ちょうどよかったし。

初めてのチェジュドも楽しみだし、絵を見るために韓国に行くっていうのも初めてだし、友達と国内旅行(韓国内ね)も初めて。

というわけで、記念すべき20回目の韓国旅行は盛りだくさんになりそう♪



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういうわけで、チェジュだったのね!
素敵~!
気を付けていってらっしゃい^^
旅行記楽しみ~♡

Re: No title

今までとはちょっと違う理由の旅だからすごく楽しみ!

チェジュドのおいしいものもいっぱい食べてくるね(^-^)
プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR