スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場から直行直帰のソウル旅:その8

劇場を出て、地下鉄に。

もうその前からEMが「オンニ、まだ?」って感じで連絡くれていたんだけど、今回のソウルで一人で行動したのってほぼないし、(映画とミュージカルは一人だったけど)、買い物もまったくしてない!!ダイソー行っただけじゃん。それに行きたくて行ったわけじゃないし。

実は娘に靴下を買って帰りたかったんだけど、待ってるって言うし、あきらめるかな・・なんて思っていた。

でも、私は旅行に来てるわけだし、人に遠慮するのもおかしくないか?本当はスタバも、一人でお茶でもしたくて寄ったところもある。もちろん、のども乾いていたけどね。

EMからは、「紹介したい友達がいるから一緒に会ってもいい?」って聞かれていて、当日になって「友達って男性なんだけど、大丈夫?」って聞かれていた。金曜日にJWたちに会ったとき、「友達を紹介したいって言われた」って話したら、「それ、男だよ!」って言われていたから、やっぱりか~って感じだったけど、何度も連絡してくる様子を見ていると、その人を待たせたくないのかな?って気もしてきた。

正直、どっか面倒に思えた部分もある。いつもいつも私に会いたがってくれて、私がソウルにいる間は仕事抜けてまで時間作ってくれたりするのは本当に嬉しいんだけど、一人で行動したいときもあるんだよね。これって、別に相手がいやとかそういうのじゃなくて。私がソウルに一人で行くのが多いのは、このせいもあるかもしれない。

一人で、誰にも気兼ねせず、ぶらぶらしたりしたい。予定外のことがあっても、自分だけなら迷惑かけることもないし。ただ、ごはんはできれば誰かと食べたい。特にソウルは、2人前からじゃないと食べられないものも多いし、ごはんはみんなで食べた方がおいしいから。その点では友達みんなにとっても感謝してる。

今や一人で過ごす方が難しいっていう、かなり贅沢な悩み(笑)


とりあえず、ハプチョンで待ち合わせだったけど、先にホンデあたりで買い物してから合流しようかと思ってEMに連絡した。「後から行くから、先に彼と食べてて。ちょっと買いたいものがあるから」って。そしたら、一緒に買い物しようって言われて・・・もうあきらめるか・・・。

乗換駅の東大門歴史文化公園駅で降りたい衝動にかられつつもあきらめて行こうとしたら、駅の構内にちょっとした雑貨を売っているお店が!欲しかったのと同じタイプの物はなかったけど、かろうじて靴下ゲットできたので、おとなしくハプチョンへ。

待ち合わせした出口に行くと、EMが男の人と待っていた。一応、ハングルで「マンナソパンプスムニダ~(お会いできてうれしいです)」っと挨拶し、3人でホームプラスへ。

「幸せなの?」って聞くと、「彼は友達だから」って。おいおい、なに照れてるわけ?まあ、決してハンサムではないけど優しそうな人かな?



さて、ホームプラス。↑写真撮ったらお店の人に怒られた・・・。

ショッピング目的のソウルじゃないけど、職場に直帰するわけなので、さすがにおみやげがないのはまずいと思ったわけ。

お菓子コーナーでペペロ、それからキムチの小分けパックと韓国のりでお茶を濁すことに。なんにもないよりいいよね!?本当はゆっくり見たかったけど、EMっていつも「何が欲しいの?」って聞いて、さっさと探してくれる。それが逆にせかされてる感じなんだけど、好意でやってくれてるのは十分わかるから言えないよね・・・。

本当は靴下も探したかったけど、明洞の屋台で売っているような靴下はホームプラスではもちろん売ってないわけで、EMが駅の中を見ようって言ってくれたけど、いやもう見たのよ、で、なかったんだわ。

ちょっともやもやする気持ちはあったけど、「モグロカジャ!(食べに行こう)」と言って、お店に行くことに。



そうそう、これがハプチョンって感じの風景。

で、どこに行くのかと思ったら、私がサムギョプサル食べたいって言ったので、なんとトンサドンに行くと!!!

私がトンサドンを知っていたので、「知ってるの?」とEMに聞かれたんだけど、そりゃ~知ってますよ。だってジョンフンと私が会った思い出の場所だもん❤

チェジュ トンサドン ソウル本店のコネスト記事はこちら



店に入って、奥の方に案内されて行くと、もうテーブルで焼いている人が。

紹介したい人って言うのはこの方で、この方がEMの彼氏らしい。さっきは照れてたんじゃなくて本当に友達だったのね。



ここではモクサル(首の肉)を食べた。もっちろん、おいしかったけど、やっぱりチェジュドで食べたほどの感動はないかな~?

そして、お店の暑かったこと!暑かったこと!エアコンないの?って感じだったけど、エアコンがあっても暑かったのかもしれない。特に、テーブルが暑くて、ちょっと離れて食べたほど。真ん中に炭が入っているから仕方ないけどね。



彼氏さんのことはあんまり書かないでおくけど、EMより5歳ぐらい年下らしい。出会ったのはなんと私が彼女を連れて行ったホンデのお店らしい!なんだ~!私がキューピッドみたいなもんじゃん(笑)

ていうか、よかったのか?

韓国人のカップルと一緒に食事をした経験はほとんどないけど、「チャギ~❤」なんて呼び合っていて、なんともラブラブ。ま、幸せなんだからいいのかね。

彼氏さんは、いとこが在日韓国人で大阪にいるとかで日本語もほんの片言だけでしゃべってた。

「なんで韓国に来るんですか?」「なんで韓国が好きなんですか?」「韓国のどこが好きですか?」などなど結構質問攻めに。(彼氏さんは韓国語で話して、それをEMが英語にするって感じ)言葉が100%通じているわけじゃないEMとなぜ仲がいいのか不思議な様子だった。確かにそうかもしれないけど、EMは私より英語ができるので、話は結構通じてると思うんだけどね。最近は私のハングル率が高くなってきたから、英語3割、ハングル7割って感じだけど。(ちなみにEMは日本語はまったくわからない)

韓国の食べ物で何が好きですかって言うので、レバ刺しって言ったんだけど、やっぱりこの3人とも「え~?どうしてあれが好きなの?」って感じ。

今回の旅行であった韓国人はみんなレバ刺しが苦手な人たちだった。でも、せっかくだからということでレバ刺しが食べられるお店に移動することに。



お店には芸能人のサインがいっぱい飾ってあったけど、どれも2010年だったような?これってやっぱり宣伝のために芸能人を呼ぶのかな?

サインの中にソ・イングクの写真があって、EMが「ここで彼に会ったわ」って言うので、「知ってる」と言ったら、「あ~!あのときか!」って。そうなの、ソ・イングクが来た時と同じときに、ジョンフンがホンギ以外のメンバーとここに来てたんだよね。そして、EMと一緒に食事してたJWが私に連絡くれたというわけ。

その時の記事はこちら 文中のGはJWのことです。

その時の記事には載せなかった(載せられなかったかな)写真がこれ。店の前に駐車スペースに止まってたメンバー用の車。この時は閉店間際でメンバー以外にお客さんいなかったんだよな。

7CB47E45-72A4-4F6E-A37B-2E844524FA3A.jpg

そして、メンバーたちの車を見送った後にズームで撮った写真。メンバーたちが食べてた席の写真だけど、足元にいっぱいティッシュがあって汚いね(苦笑)

571ED57C-5C3C-436A-899F-F4872C90EC57.jpg

あの頃は色々活動していたので書けないことも多くて、実はやったのに何もなかったように書いていたり、隠している部分も多かったな~。それも全部、周りの追っかけ友達さんたちに「ブログに書かないで」と言われていたからなんだけど。今はしがらみもないし、何より観覧とかのエントリーシステムがガラッと変わってしまったので、書いたところで誰にも影響ないと思うから、そのうち書こうかな?なんて思ってる。

【追記】いやいや、とても書けないわ(笑)公にできないことが大杉(汗)

上の過去記事も「ヘドウィグ見終わって移動中のこと」なんて書いてるけど、本当はヘドウィグが終わってすぐにインガの観覧のための点呼があったので加陽のスタジオ前にいたんだよね・・・。

その頃は、何時ぐらいから最初に並び始めたとか、そういうことが結構重要でみんなライバルを増やさないために超秘密主義だった。

懐かしいな~。

同じ2012年10月のソウルでシンチョンの街で大統領候補者を見たことを書いてるんだけど、これって現大統領ムン・ジェインのこと。

その時の記事はこちら


この時の大統領選では敗れたけど、今では大統領だもんね。なかなかレアな体験だったな。






スポンサーサイト

ヘドウィグ、誰で見る?

旅行記の途中ですが・・・



ヘドウィグ、ビジュアルも公開されていよいよって感じになってきましたね~。

さて、誰で見るか??



今までだったら、すぐに「この人!」って言うのがあったけど、今回はちょっと悩みます。

というのも、オ・マンソクは前に見たし、マイケル・リーは他の作品で2回見たけどなんだかピンとこない。あとの3人は全然知らない人たち。

チョン・ムンソンは、前回も出ていた人ですよね。

で、ユ・ヨンソクは映画 「建築学概論」に出ていた人らしい。映画見てないけど(笑)チョ・ジョンソクつながりでなとなく「そーなんだー」って思ったので。

チョ・ヒョンギュンは「ロッキーホラーショー」のフランケン・フルター役でマイケル・リーとトリプルだった人だわ。


前回のヘドウィグは、最初からユン・ドヒョンありきで見に行ったけれど、後になってチョ・ジョンソクも見ればよかったな~とか、ビョン・ヨハンをなぜ見なかったんだろうとか、色々思ったので、今回もちょっと真面目に考えたいな~って思っております。

前は、1回見に行くと2公演ぐらい連続で見て、違ったヘドウィグを見るって楽しみあったんだけど、最近でのソウルは友達会うこと優先みたいになっちゃってるから、なかなかそういうのもなくって。

でも、そもそも何のためにソウルに行ってるんだってことを考え直してみたいと思ってます。(そんな真面目にww)

で、10月には東京で本家本元のジョンのヘドウィグを見るので、本音を言えば、そのあとに韓国版を見たくはないかな。

もうまったく別物だと思えばいいんだろうと思いますが。

そんなわけで、9月っていうのもありかな?と思ったりね。

ここ数年は、韓国でミュージカル見る以外は舞台とかコンサートってほとんど行ってなかったのですが、めずらしく今年は9月、10月、11月と東京や大阪で参戦予定があり、そうなるとソウルの予定をうまく組み込むのがちょっと難しいのですが、逆に行けるときがあんまりないから早く決まるかな?なんて思っております。

って、独り言(笑)


職場から直行直帰のソウル旅:その7

日曜日。

さすがに前日3時まで(いや、当日かな)飲んでいたので、無理に早起きするのは最初っからあきらめ。

3時まで飲んだとは言え、シャワーも浴びて寝たので、とにかくギリギリまで寝ることに。

ミュージカルは14時からだったので、ゆっくり起きて、どっかでお昼食べてから行けばいいやと余裕こいてた。

この日はどうしても神仙ソルロンタンが食べたかったんだけど、支度しているうちに「そんな時間ないか??」ってことに気が付き、それでも何も食べずに行って、3時間の観劇は無理!と駅前で屋台に寄り道。



地下鉄新村駅前には午後になるとたくさんの軽食屋台があって、夜中まで開いててホント便利。



最初はおっかなびっくりだったけど、行っていきなり食べて、おでん汁ももらって、最後にお会計っていうのも慣れたもの(笑)

でもね、でも、こんなことしてる場合じゃ~~~なかったの!!!あの時に自分に「バカーーーーーー!!!」って言いたい!!

この後、地下鉄に乗って劇場へ。前に2回も行っている劇場なので下調べなし。自分的には1号線鍾路5街駅から行った気がしていて、乗換案内を見た後に自分のブログを見返してみると、なんとヘファから行ってる!!じゃあ、乗換は違う駅??いや、シチョンだし、もうここで降りなきゃ!とパニック状態(苦笑)

しかも、乗換案内を見ていたら、どう見てもヘファに着くのは開演時間過ぎてる!!!

やばい!やばい!何のためにソウル来たんだよ~!!(泣)

ここで、またタクシー乗ったら何とかなるかも?って思って、シチョン駅で地上に出てタクシーを拾う。

ところが、アジョシが全然わかってくれない・・・。ハングルで書かれた劇場の住所も出てるページをスマホで見せたけど、「なんだこれ?」とかぶつぶつ言ってるだけ。英語がしゃべれるわけじゃないみたいだけど、私があわててるのがうざいのが「ジャストモーメント」なんて言う。

これじゃ間に合わない!と思って、すぐさま劇場案内をカカオでEMに送り、電話。「アジョシに説明してー!!」とお願いして、電話を代わる。わかったのかわからないのかはっきりしないままとりあえず走ってるけど、わざと?ってぐらいゆっくり。

でも、韓国人に「パリパリ」って言ったらホントに急いで運転荒くなるって聞いたから怖くて言えないし(泣)

私も、ソウルの街も見慣れてきているので、大体どこにいるのかわかって、もしかしたらギリギリ間に合うかも?って気持ちも出て来たけど、劇場前の交差点で信号にひっかかって止まる・・・うあ~~~~!!!もう降ろして!!!降ります!!!

降りようとしたら、アジョシに止められる。今思えばもっと強気になればよかったけど、確かに両側6車線道路の真ん中だったし、危ないっちゃ危ない。

泣きそうになりながら信号を待って、止まってT-moneyで支払いを済ませてすぐに降りる。アジョシはやれやれって感じで私を小ばかにしたように笑ってた。

バッキャロー!!!

ダッシュで劇場の建物に踊りこむと、2階のチケット売り場へ。まだ来ていない10人分ぐらいのチケットがカウンターに並んでいて、おにいさんもあわてながら私のチケットを探してくれた。

あわてているのでハングルもまったく口から出ず、「上?上だよね?」と日本語で言っていると、一人のおにいさんが案内してくれることに。

しかし、すでに開演している・・・・チーン

今までソウルにミュージカルを見に来て、開演に遅れたのは2回目。1回目はランチしていたらぎりぎりになってしまっての遅刻だったけど、今回は二日酔いだったから?前日飲みすぎたから?いやいや、最後の最後まで何かを食べるってことをあきらめきれなかったからでしょ!!

こんなことなら、すぐに劇場に来て、1階のスタバでサンドイッチでも買えばよかった。韓国のサンドイッチ全然食べたくないけどさ。

せめて屋台で持ち帰りにすればよかった。でも、持ち帰りだとおでん汁がもらえないからあきらめきれなかったんだよなー。ああ、自分がイヤになる!

チケットを持って案内された階で(もううろ覚えだけど4階だったかな?3階?)案内係りのお姉さんが申し訳なさそうに何かを言った。よくわからなかったけど、もう開演しているのでしばらく入れませんってことね。

あと、私の席は2階センターブロック1列目の通路側だったのに、なぜかど真ん中の席だと言う。チケットを見せて、座席表を指差したけど、「とにかくこっちです」と言う感じ。ホントの理由はわからないけど、別に悪い席になったわけじゃないからいいか。

で、モニターで舞台の様子をやきもきしながら見る。ネットで見ていたダイジェストと同じだ。ヘドウィグみたいに最初の登場で盛り上がる!ってわけじゃないからいいか←と自分を慰める。

お姉さんのところへ行き、「アジク(まだ)?」と言ってみるけど、お待ちくださいと言われる。まあ、自分が悪いんだし、仕方ないよね。

でも、すぐに入れてくれた。

途中とは言っても、最初の2曲目が始まったところで、ストーリーも知ってるし、肝心のタイムワープには間に合ったから良しとしよう!!

しかし、我ながら本当にひどいわ。もう二度とこういうのはごめんだね。気をつけなくちゃ。今までどんなにひどい二日酔いのときだって絶対間に合ってたのに、今回は大した二日酔いでもないのに寝過ぎたよね。

タイムワープでは、私の並びで手振りだけ踊ってる人もいたけど、基本2階はみんな静かに見てる。でも、やっぱり盛り上がるな~!!

フランケン・フルターのマイケル・リー登場で会場の興奮はピーク!!それも高い位置から登場したので、2階席でもばっちり見えた!もちろんオペラグラス持参だしね♪しかし、拍手待ちのタメが長い、長い(笑)

でも、この手の舞台って2階席はやっぱりダメだわ。今まで何本か2階席や3階席で見てきて、オペラグラスがあれば表情も見えるし、値段も全然安いし、いいじゃん!って思っていたけど、参加型というか、観客も一緒に盛り上がるタイプの舞台だと置いてかれ感が半端ない。

そして、見てる途中から何となくおなかが痛くなってきた。もちろん前日飲みすぎてるからっていうのもあるけど、腰の周りに風が吹いてる気がする?

そんなわけないよね、でもエアコンの風があたる席なのかな?なんて思いつつ、ハンドタオルとエコバッグを腰に乗せて何とかしのいだ。

休憩時間になって、すぐさまトイレに行こうと立ち上がったら、なんと!席の下にエアコンの吹き出し口があるじゃないの~~!!



どういうこと??しかも、隣の席にはないよ!もしかして、はずれ席?だから、席替えられたの?

見てみると、同じような席もあるし、何もない席もある。これ、ちょっとひどいよね~。


2幕目は、この吹き出し口に荷物を置いてみたら風はかなり弱まった。

後半もテンポよく進んでいき、あっという間に終演。最後のカーテンコールでは周りの人を気にするのをやめて立ち上がって踊ってみた。

やっぱり楽しい!!!韓国ミュージカルって最高!!

ただ、残念なことに、今回も誰にも恋することはなかったな。



今回は出待ちとかする予定はないけど、すぐに劇場を後にするのも名残惜しくて、ちょっと徘徊。



今回は、ソムン・タク目当てだったのもあったけど、彼女はやっぱりこの手のロックミュージカルでは最高だと思う。そして、リフラフのコ・フンジョンさんもよかったし(「ファントムシンガー」に出てた人らしいね)、コロンビアもよかったし、グレッグとジャネットもよかった!



でもね、でもね、ロッキーがめちゃくちゃひどかった!!私が今まで韓国で見たすべてのミュージカルに出ていた人の中で最低だったと思う。なにがって、歌がダメなの。うまくないとかじゃなくて、音痴なの!音はずれっぱなしで、周りから失笑が漏れるぐらいひどい。

ロッキーは人造人間でイケメンで、でも出来立ての人間だから、ちょっとおバカキャラなのはいいとしても、歌が下手って言うのは演出じゃないよね?映画版でも別に歌は下手じゃないもん。

チェ・グァンフィって調べてもあんまり出てこなかったんだけど、韓国の友達に調べてもらったら元オルチャンらしい。そして、韓国のNEVERで調べてもあんまり出てこないぐらいまだ新人みたい。なぜこの大抜擢??しかも、ダブルでもトリプルでもなく、彼だけがずーっとロッキーなんて。

*オルチャンとは ざっくりですが、ネットなどに写真を投稿して話題になり、その後有名人になったりする美男美女たち。ちなみに、ジョンフンも元オルチャンです(爆)←「ジョンフンて誰?」って突っ込みはなしで



今回の演目、これが絶対見たいからソウルに来たってわけでもなく、出待ちしてサインもらうつもりもなかったのでプログラムも買わずだけど、グッズだけチェック。



リストを見たらOSTがあって、それもブロードウェイ版だったので買うことに。(フツーは逆だよね、みなさまマイケル・リー様の歌が聞きたいだろうし)



ブロードウェイでロッキーホラーやったのっていつよ?って調べてみたら、結構前。2001年ぐらいらしい。

ていうか、逆にそんなのがどうしてたくさんここで売ってるの?ま、いいけど。



で、今さらなんだけど、この「LET'S DO THE TIME WARP AGAIN」って書いてあるポーチ!なんで買って来なかったんだろう。・・・欲しいっ!!



買うときにおにいさんに「ブロードウェイ版だけどいいですか?」って聞かれた。やっぱりね。


1階まで下りてこちらも記念撮影。でも、このときすでに女の子がたくさんこの前に待機していて、「誰か来る?」って感じがぷんぷん。私、そういうの敏感なんだよね~。



のどが渇いていたこともあって、すぐに劇場を出ず、1階のスタバで休憩しつつ、誰が来るのか見届けることに。まさかまさかのマイケル・リー様だったら、見るだけでも見たい!←相変わらずのミーハー

で、待っていたら誰が来たようす。きゃーきゃー言うような声は聞こえないけど、ざわついてきたので私もスタバを出て見に行ってみると、俳優さんらしき方がみんなの前で挨拶してる。



「な~んだ、マイケル・リーじゃないや」っていうのは心の中でつぶやいたけど、ちょっとだけ拝見(笑)たぶん、ブラッド役のペク・ヒョンフンさんかな?



みなさまお行儀よくお話し聞いてました。



というわけで、劇場を出てハプチョンへと向かいましたとさ。


今回長かったね、ごめん!(汗)


職場から直行直帰のソウル旅:その6

雨も降っていて、確かに寒くはないんだけど、子供たちはガンガン泳いでいてビックリ!ママたちは傘をさして見守ってる。でも、泳ぐほど暑くないよ。しかも、もう夜7時近かったし(苦笑)



雨が結構強くなってきたけど、せっかくなので近くでやっていた夜市へ。

ソウルパムトッケビヤシジャン(ソウル夜トッケビ(鬼)夜市場)です。直訳しても意味ないか~(笑)

ソウルナビの記事はこちら



夜市って聞いて勝手にイメージしていた感じ(台湾的な)とはだいぶ違って、若い人が多くて、食べ物もイマドキな感じ。



かっこいいおにいさんたちがちょっとしたショーみたいに料理しているお店もあったり、どれも屋台ではなくて、フードトラックなんだよね。前に見た映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」をまねてキューバサンドを売ってるお店も。



たこ焼き屋さんや焼き鳥の屋台もあって、日本語も結構あったよ。

そして、フードトラックとは別にハンドメイドの小物を売っているショップもずらーっと並んでました。



そんな中にドリームキャッチャーの屋台も。ドリームキャッチャーっていうと「相続者たち」を思い出しちゃう(笑)

ここでHJさんが「どれか一つ選んでください」って。なんとプレゼントしてくれました!こんなの初めて~~。・・・でもないか?前にSHに買ってもらった気もする(笑)

ベージュっぽいのを選んで買っていただきました♪



写真だとあんまりわからないけど、結構しっかり雨が降ってます。

ここって、音楽番組やったりするところだよね?↓この日も何かやってました。



本当だったらもっと暗くなるまでいて、ビール飲んだりして漢江を楽しみたかったけど、かなりの豪雨になり退散することに。ずっと1本の傘で女子3人だけ入っていたけど、HJさんがもう1本買って来てくれて、とりあえず2人で1本に。


最初にチキン食べたときから「雨が降ったらどうします?」って相談していて、「普段はどんなお酒飲みますか?」って聞かれたので、ワインかなって言ったんだけど、そしたらイテウォンのおしゃれなバーに行こうなんてことになり、いやいやそれは違うでしょってことでお断りしました。

こういっちゃなんだけど、おしゃれなバーなんて東京に腐るほどありますから(笑)で、ワインだって、なにもソウルで飲まなくても!ソウルならやっぱりマッコリが飲みたいってことで、汝矣島にあるお店に行くことに。



二人が車で来ていたので、乗せてもらって楽々~♪お店は割と近く。



車を止めたので降りようとしたら、JYさんが「ちょっと待ってください」と言うので、まだここじゃないのかな?もうちょっと寄せるのかな?なんて思っていたら、HJさんが先に降りてドアを開けてくれました!!!これにはびっくり~!

この日会ってからずっと色々気を使ってくれて、要はエスコートしてくれる訳です。私は韓国人の男性の友達はいるけど、ここまでされたことないかも。確かにみんな荷物を持ってくれたり、ごはんにおかずを乗せてくれたり、食べさせてくれたりするけど(笑)

でも、でもね、さすがにここまで来たら、レディーファーストなんじゃなくて、私が年行ってるから??って思えてきて、お年寄りの気分になってしまった・・・(苦笑)

MJに行ったら「おにいさんはいつもJYオンニにもそうなんだと思います。だから、年だからとかじゃなくて、女性だからだと」って言ってくれたけど。日本人女子はこういうのに慣れないよね~。これが嬉しいって人もいるかもしれないけど、私の場合はこれがずっとだと絶対うざくなる(笑)

でも、ありがたかった~。女性だから+お客様だから+目上だからっていうのがあるんだろうな。


というわけで、お店に到着。ビルの中の1階でした。

キョドンジョンソンセンというお店。直訳するとキョドン(地名)チヂミ先生?

チェーンのお店らしい。とりあえず、シチョン店のソウルナビ記事はこちら



とにかく、マッコリの種類がいっぱいある~!



ちゃんと見なかったけど、芸能人のサインもたくさん。やっぱり汝矣島だからKBSも近いしってこと?



やかんもいっぱいぶら下がっていて、やかんのお酒を飲んでる人が多かったかな。それを飲もうとしたら、マッコリの上澄み(透明な部分)だけなんだって。え~!あの濁ってるのがおいしいのに!って思って結局飲まなかった。



こちらはメニューです。マッコリは大体5000ウォン~7000ウォンぐらいかな。



最初に出てきたトンチミもおいしかった~。こういうのの汁まで飲むって前は知らなかったな。



ジョン(チヂミ)のモドゥン(全部)にしました~。ここのジョン、おいしかった!細切りの野菜をまとめてるもの(日本で言ったらかき揚げみたいな)のとか、遠慮なくお箸で切って食べられるのが韓国のいいところ。こういう時に、日本だと直箸でいいかな?とか、お箸を1本ずつ両手に持って食べ物を切るってお行儀悪いけど、韓国ならOKだもんね。



まず最初はピーナツマッコリに!これってチェジュド名物なんだけど、チェジュドに行ったとき、1日目はチェジュマッコリ、2日目はハルラボンマッコリとチェジュマッコリ、最終日にピーナツマッコリの予定が行ったお店になくて飲めなかったの。

ピーナツマッコリを置いてなかった黒豚屋さんのおにいさんは「あんなのダメダメ」みたいに言っていたので、あまり期待していなかったけど、予想より全然おいしい!!

こういう、味のあるマッコリっていうのかな、生マッコリじゃなのかなって思っていたけど、ちゃんと生なんだね。



次はジピョンセンマッコリ。かなり歴史あるマッコリらしい。

飲みこんだ後に燻製みたいな香りがする。これはMJもJYさんも「本当だ!」って言ってくれたけど、HJさんはわからないって(笑)私のことを「ソムリエですか?」って言ってたけど、そんなじゃないの。素直な感想なんだけど。



最後に飲んだのは、とうもろこしマッコリ。飲むと「あ~、とうもろこし!」ってわかる。



これも賞味期限は1か月。そりゃ日本には入ってこないかー。でも、ホントにおいしくて幸せ。



私が飲んでも変わらずにいるので「日本人はお酒が弱いと思ってました」なんて言われたけど、それって先入観よね。韓国人だって辛い物苦手な人もいるしね。

漢江で写真を撮れなかったけど、ここでは記念にぱちり。



この時は結構色んな話もして、日本に行きたいけど放射能はどうなの?とか、私と夫との馴れ初めを聞いてきたり。その辺は韓国人なので目上の方に失礼があってはいけない感がすごいんだけど、私的にはもっとざっくばらんでいいのにな~って思う。まあ、それはもっと仲良くなってからかな。

そして、JYさんは「韓国と北が戦争になるとか日本ではNH○ですら放送してるそうですね?」なんて笑いながら、「信じられない」と言う感じで話していた。逆に、放射能の話は「日本に旅行に行った知り合いがその後、白血病になったので心配で」なんて言っている。震災後、私も、家族も、親戚も、友達も、子供たちの友達も、そのご家族も、そんな人はいないって話したけど、いずれにしても、心配なら行かないことしかないのかなって思う。私だって、北との関係は気になってるし、危ないかどうかは日本にいても同じだけど、それが心配でソウルに行かないって人がいるのも知ってる。でもそれは自分で決めることだもんね。

ちょっとディープな話ではあるけど、こんな話ができるのも外国に行っていればこそ。実は結構好きだなこんな感じ。

私の夢は韓国で普通の人のお宅に行くことって話したら、次回ソウルに来たときはぜひウチに来て下さいってことに!嬉しいな~!長年の夢が叶う♪

今回も素敵なお店に連れて行きたかったみたいで、ジョンとマッコリなんてお客様には申し訳ないって感じだったけど、そうじゃないってことわかってもらえたかな?

MJとも写真撮ってもらったけど、若い子とのツーショットはきっつい!!(^^;)MJかわいいから余計にBBAが目立つ!



この後、部屋まで車で送ってもらって、飲んでる時にコンセントアダプタが取れなくなってペンチを買った話をしたら、「僕が見ましょうか?」って言うので、全員で部屋に来てもらうことに。

MJやJYさんは「いいな~、こんな部屋に住んだら家賃いくらだろう?」なんて言ってたけど、そんなことしてる間にHJさんがアダプタを手で抜いてくれた!コンセントカバーが壁から取れるんじゃ?ってぐらい動いていたけど、さすが鍛えてるだけあるね~。JYさんも「さすがウチのだんなだわ~!男だわ~」って喜んでた。

二人を車まで見送ってから、MJと部屋で飲むことに。

近くのコンビニに飲み物を買いに行って、おつまみどうしよう?ってことになったんだけど、そういえばと思って屋台まで。

オデンとトッポッキとティギムをポジャンしました~♪



部屋には小さなテーブルがあったので、MJが準備してくれて2次会開始!

結局3時まで飲んで、最後は私が眠くなってお開き。なんだか東京にいた頃みたいだね。東京にいた頃なら朝まで飲んだけど、翌日は午後とは言えミュージカルもあるし、この辺がいいところかな。

表通りまでMJを見送ってバイバイ。今回もいっぱい遊べて嬉しかった~!いつか彼氏にも会わせてね♪

職場から直行直帰のソウル旅:その5

ヨイナル駅の地下鉄出口で待ち合わせ。

出たらもう屋台もいっぱいだし、レンタルのござや毛布なんかもあって、想像よりにぎやか!



去年10月に行ったチェジュドのゲストハウスで知り合った若いご夫婦と合流!

だんな様のHJさんは中学の体育の先生で、奥さんのJYさんは日本語勉強中、昔大阪にワーホリで1年間行っていたことがあるんだって。二人とも30代前半かな。美男美女カップルです。

今回は、私が「漢江でチキン食べたい!」と言ったので、みんなでピクニックすることに。



漢江の土手に来たのは2回目だけど、前に行ったところよりも公園として整備されてる感じ。家族連れや友達同士、カップルがたっくさん!



テント持参の人もいっぱいいて、思い思いにくつろいでる。本気で寝てる人たちも結構いたな(笑)



二人が敷物を持ってきてくれて「どこに座ろうか?」って場所探し。どうせなら漢江も少しは見えるところがいいねってことで、この辺に。これって、日が暮れたら夜景もキレイなんじゃ??ワクワク♪

地下鉄駅を出て、土手に降りてくると、どこからともなくアジュンマがやってきて、チキンのチラシをくれるんだけど、1人から受け取ったら最後、次から次へと渡される(笑)アジュンマたちはどうやらビラ配りのバイトみたいな感じ。

敷物を敷いて座っていたら、アジョシがチラシを持ってやってきて「ウチのは絶対にうまいから、ぜひ頼んで!」と熱弁をふるって行った。こんなたくさんのお店の中で選ぶって何を基準にすればいいんだろう?

「えつこさん、えらんで」って言われたけど、わからないのでお任せ~~。



それにしてもいっぱいあるな~~!

こんな風に何種類も入ってるパックとか、味のバリエーションも結構ある。



これなんかは、ピザも一緒なんだけど、ウエットティッシュや紙コップ、敷物もサービスなんてのもあるし。



それにしても、ここで電話注文したとして、どうやってここにいるってわかるの?って聞いたんだけど、目印を言ったり、人数とか、着てる服の色とかで探してもらったりもするみたい。

でも、こんな風に待ち合わせ場所もあったりする。ここは出前を頼んだ人が待つ場所。



そして、ここにもチラシは山ほどあるわけで(笑)



色んなお店のバイクが乗り付けてくるんだよね~。私としてはめずらしくて写真撮りまくりだったけど、JYさんはちょっと不思議そうに見てた。



サイクリングコースや人工の川もあって、遊んでいる人がたくさん!

女子3人はほとんど日本語だけで会話。MJに彼氏ができた話から、どんな男の人がタイプ?なんて話をして、日本の芸能人で誰が好き?とか。アラフィフのおばさんまでガールズトークに混ぜてもらって、ホントありがたいわ~(笑)

で、まさか雨が降るとはね・・・・。

ぱらぱら降ってきたので、一旦は避難したものの、また止んで、せっかくだからチキン食べよう!ってことになり、傘1本になんとなく女子3人で入ってチキンをいただきま~す!

HJさんはすご~く紳士的な人で、すべてレディーファースト。傘も自分は入りません。彼だけがそうなのか、韓国人男性がみんなそうなのかは不明だけど。



HJさんが好きだというカルボナーラチキンと普通のチキン。漢江でチメクが夢だったので、夢が叶ったわ~~~!!

袋に入ってるのはポテトとチーズフライ。

パッと見、「こんなに食べられないよ~」って思ったけど、モムチャンが一人いるだけで、チキンはどんどん無くなっていき、ほぼ完食でした。やっぱすごいね!



生ビールはこんな風にペットボトルに入ってるの。

でも、どんどん雨が強くなってきて、急いで食べて退散。というわけで、残念ながらみんなで一緒に写真は撮れなかったよ。

きっとまた一緒にピクニックできるよね!今回は雨が降っちゃったけど、上出来じゃない?

しかし、この日は油断して折りたたみ傘も部屋に置いて行っちゃったのが大失敗。まさかあんなに降るなんて・・・。

以前はソウルも海外旅行って感じだったから、出歩くときも万全で大きな荷物を持っていたけど、今や財布とスマホがあれば他はどうでもいいやって感じだからな~。天気予報ぐらいちゃんと見ないとね。


【お知らせ】

旅行記その2に写真追加したので、よかったら見てね!

こちらです

職場から直行直帰のソウル旅:その4

MJとは、汝矣島(ヨイド)に行く途中の乗換駅、堂山(タンサン)で待ち合わせ。

私にとってタンサンって、眠い目をこすって行く場所って感じだな~。だって、汝矣島とか、加陽(ガヤン)とか、番組観覧に行くときに乗換える駅だから(笑)

改札で待っていたらMJ来た~~!!!なんかかわいくなってる気がする♪というか、もともとかわいいんだけど、会ってなかったから久しぶりに見てかわいさを再確認って感じかな。

一緒に9号線で汝矣島へ。

汝矣島って私はKBSしか行ったことなくて、勝手にお台場的イメージがあったんだけど、実は金融街なんだって。東京で行ったら、兜町かな。なので、土曜日だったこの日は人もまばら。

私がスンデックを食べたいと言ったので、たぶんここにあるからとビルの地下へ降りて行きました。



地下は、食堂街になっていたんだけど、その中のお店、コウルレ チェジュ(済州)フッテジ(黒豚)へ。

HPはこちら(韓国語のみ)

このお店、チェーン店だそうで、汝矣島以外に、梨水、舎堂、方背、新亭ネゴリ、仁川市内、忠清南道の6店舗あるみたいだけど、行きそうな場所全然ない~~(苦笑)



スンデックを食べに行ったけど、スンデ専門店ではないみたいで、周りのお客さんはサムギョプサル食べてたよ。

何気なく撮ったメニューだけど、お肉の種類によっては2名分頼むと2名分プラスっていう大盤振る舞い!



スンデックは、辛いのと辛くないのがあるって言われて、MJが辛いのってどれぐらい?って聞いてくれたんだけど、すごく辛いっていうので、普通のスンデックに。

でも、やってきたのがこちら↓



まあ、辛くてもよかったんだけど、聞き違いかな?と思ったら、この赤いので辛くないバージョンだったらしい。普通のスンデックって白いよね~?

辛さもちょうどよかったけど、あっつ熱で食べるのが大変~!スンデは特に熱く感じて四苦八苦していたら、MJはごはんの入っていた入れ物のフタに乗せて冷ましていたのでまねっこ(笑)

すっごくおいしかったけど、食べてたら、来ましたよ・・・。やっぱり二日酔いなのね、私(苦笑)どんどん気が遠くなってきて、それでも食べたくて、でも気づいたら結構おなかいっぱいで半分以上は食べたけど、残しちゃったよ。もったいない・・・。日本であんなの食べられないのに。また、食べればいいか!!

MJからは彼氏ができたっていう嬉しい報告があり、彼の写真を見せてもらったり、色んな話聞いて、ホントにすごく嬉しかった~!!付き合い始めのまだまだ熱い感じ、うらやましいな~!



遅めのランチを済ませた後は、5時の約束まで時間があるので、近くのショッピングモールへ。

IFCモール(コネスト記事)



ここってサイン会なんかもやるってMJが教えてくれたけど、確かに汝矣島のサイン会でモールでやるの聞いたことある。ここなんだね~。



「見たいものありますか?」って言われたけど、特に思いつかなくて(買い物欲が全然ない・・・)、本屋さんでも見るか?って永豊文庫へ。

だからって、ハングルの本買って読んじゃうってほど、できるわけでもないので、ただブラブラと(笑)

「君の名は」のパズル見っけ!韓国でもそこそこ人気みたいだね。



日本の雑誌も、ちゃんと付録つきで最新号が売ってる。値段は高いのかと思ったら、ほとんど変わらない料金で売っててびっくり。



マンガも色々あって、ここでも「君の名は」が気になったけど、全部日本のマンガってわけじゃないのかな?マンガ詳しくないんで・・・。



本屋さんと言っても、文房具やキャラクターグッズみたいなものも結構あって、その中でも「赤毛のアン」のグッズが気になって、MJに「赤毛のアンって、流行ってるの?」って聞いたら、どうやらあちらでは「赤毛のアン」って言わないみたい。「パルガンモリ アン」って、おもしろがってた。確かに、元々も「赤毛のアン」ってタイトルじゃないよね。本当は「アン オブ グリーンゲイブルズ」だもん。



ひとしきりブラブラして、お茶することに。

静かな金融街にあるんだけど、モール内は家族連れでかなりの混雑。The coffee bean and Tea leafに行ったら、席が全然なくて、同じモール内にもう一軒あったのでそちらへ移動。



スンデックはMJがご馳走してくれて、その時に私が払うって言ったら「あとでコーヒーご馳走してください」って言われてたんだけど、コーヒーの方が全然安いよ。いいのかな~。

韓国式ワリカン(1軒では割らず、その日に行った何軒かのお店をそれぞれおごり合うことでチャラにする)っていまだに何となく苦手。場合によっては最後まで払ってない人いるんですけどね~(^^;)

あと、払う金額も店によってばらばらだから、高い店払うと損した気分だし。

なんて、けちけちしてたらダメなのかな?(^^;)もちろん、MJみたいに年下の子だったらこっちが多く出しても全然いいんだけど。

ここでお茶してから、次の約束の場所、汝矣ナル(ヨイナル)駅まで二人で向かいました。

職場から直行直帰のソウル旅:その3

さて、土曜日。

前の日、3時まで飲んでたわけで、当然のように全然起きられない~~(苦笑)

この日は、午前10:20からイデで映画のヘドウィグを見ることになっていたけれど、やっぱり午前中はきついな~(^^;)

最初は、朝8時ぐらいに起きて、シャワー浴びて、ごはん食べてなんて思っていたけど、「あと30分」「もうちょっと」と寝ているうちにそんな余裕もなくなり、「どうせ誰にも会わないんだから、とにかく映画だけ見て、帰ってからシャワー浴びよう!」ということに。

何とか起き上がって、メイクと着替えだけ済ませたけど、すでに結構ギリギリな時間。

今回、映画を見に行くことにしたアートハウスモモは、イデ(梨大)の大学構内にあるミニシアターらしい。今回、ソウル市内だけで20館で上映していたんだけど、どう考えてもここが一番近かったので選んだ場所。

他は、ロッテシネマとか、メガボックスとか、いわゆるシネコンだったんだけど、ここはミニシアターだけあって、飲食物の持込は水のみ。そして上映の10分前に入らないとダメってネットで読んで、「やばい、やばい!」とあわてて、タクシーで行くことに。

新村~イデって何なら歩ける距離なんだけど、地下鉄駅まで下りて行って、本数が少ない2号線(と、私は思うんだよね。結構待つことが多い)、そして、イデの駅から大学までもちょっと距離あるもん。だったら、タクシーの方が良くない??って思って。

タクシーはすぐに拾えた。このところ単独でタクシーに乗ることはほとんどなかったんだけど、「イデ カジュセヨ」で通じたみたい。一応「ヨジャテハッキョ(女子大学)」とも言ったら、おじさんもわかってるという感じ。

そして、「チョンムン?」と言われたけど、これは正門だろうなと思って「ネー」と答える。

二日酔いなので、車もちょっときついな~と思いつつ、あんまり風景を見ていなかったけど、ちょっと走っただけで、見覚えのあるイデの街だった。

正門まで行って止まると「ここでいい?」って感じだったけど、構内にどんどん入っていく車もあるので、中に入ってもらった。

でも、上り坂になっていて、どんどん奥に入っていく感じ。これはちょっと違うかもって思って「アジョシ ヨギ ケンチャナヨ」と降ろしてもらう。T-moneyで払ったけど300円ぐらいだったかな。安いな~~。

で、車を降りたものの、どこだか全然わからない。目の前にいた女子大生さんに話しかける「アートハウスモモ オディエヨ?」

彼女は困ったような顔をして、一瞬無言だったので、わからないのかな?って思ったら、「うーん、説明はちょっと難しいですね」と日本語で返してくれた。「一緒に行きましょう」とどうやら映画館まで一緒に行ってくれる様子。よかったー!

すぐ近くの建物に入ると、少し歩いてエレベーターに。中で「何の映画ですか?」と聞かれたので「ヘドウィグ」と言ったら「あ~」と。やっぱりわかるのね。

エレベーターを降りると、「まっすぐ行って、曲がると(と言いながら手を右に)あります」と教えてくれえた。

「ありがとう!!」と言いながら、走って行くと、ホントに曲がったら映画館が!



チケットは事前にMJが取ってくれたので、MJが送ってくれたキャプチャを見せる。



予約番号ですぐにわかってくれた。そして、何か聞かれたんだけど、どうやら「駐車場の利用はありますか?」みたい。ソウルって、東京に比べて車社会なのかな?劇場も駐車場があることが多いし、料金も安いと思う。きっと、この映画館も構内の駐車場が利用できて、安くなったり、無料になったりするんだろうな。

昔の私だったら、こういう質問がわからなくて困っていたんだけど、ヒヤリングも結構上達したのかも。昔よくレジでひっかかったのは「ポイントカードありますか?」的な質問だったっけ。

というわけで、上映5分前に到着。



映画館は1番と2番の2館あった。5分前だったけど、入場は全然OKで、私より後に入ってきた人もいたぐらい。10分前っていうのは建前なのかな。



家にDVDはあるけれど、映画館の大きなスクリーンで見たのは久しぶり!今まで気づかなかったことに気づいたり、聞こえなかった音(このシーンで鳥が鳴いてたっけ?とか)が聞こえたりして、なかなか有意義だった。ただし、音は小さ目だったけど。

チケットをもらったときに、パンフレットもくれたけど、こういうのがやっぱり韓国っていい!って思うところ。



折りたたまれているだけど、全部開くとミニポスターになってる。



ただし、日本でこういうのを勝手に作らないのは、やっぱり権利関係が厳格だからなんじゃないかと思うけど。



映画館があるあたりには、飲食店も数軒あって大学構内としてめずらしい感じ。


映画が終わって、どこから出ていいのかわからなかったけど、とりあえず一番近いドアから外に出てみた。



なるほど~。3番ゲートから入るっていうのはこのことだったのね。

アートハウスモモ(ソウルナビ記事)はこちら

ソウルナビには「下鉄2号線イデ(梨大・Ewha Womans Univ.・241)駅3番出口を出て、前方へ道なりに300mほど進み、梨花女子大の正門を入ります。少し進むとある半地下の建物ECCのGATE3から入り、左に進むと端にあります」とあったんだけど、この「半地下の建物ECC」がよくわからなかった。

確かに半地下だね。



最初、迷ったおかげで大学の建物の中を歩き、とても大学内とは思えないスポーツジムがあったり、みんなが黙々と勉強しているラウンジみたいな場所も見たので、やっぱりいいな~って思ってしまった。夏期の2週間語学留学でいつか延世大学の語学堂に行きたいなんて夢見ていた時期もあったけど、イデもいいな~。

ま、そんなの行くにはもっとちゃんとした韓国語がある程度話せないとダメだけど(苦笑)韓国ドラマ仕込みのパンマル満載のハングルじゃね~。



二日酔いかなって思っていたけど、意外と気分もいいので、歩いて帰ることに。



そうそう、こういう洋服屋さんや靴屋さんが私の中のイデのイメージなんだけどね。最近はこういう店が減ってるらしい。


さて、結構すぐに新村に到着。ここはひとつ前の記事で、地図に犬の足跡を付けた場所。



この写真は、2012年に撮ったものだけど↓ 去年の10月に来た時はまだ同じ状態だったんだよな。

fc2blog_20130702120015ea2.jpg

これが現在↓ 24ゲストハウスの黄色い看板があるので、同じ場所だってわかるかな?



あっという間に作っちゃったわけだね。



ここも車がいっぱいだったのに、すっかり変わっていました。



実は、おなかがすいていて、また駅前の軽食屋台に行こうと思っていたんだけど、あれってお昼過ぎに出現するものなのかまだ全然出ていなかった。

どうせこの後MJに会うので、お昼は一緒に食べるんだけど、だからってそれまで何も食べないのもきついのでコンビニへ。

おおっ!ほろよいが売ってる!!しかも1本約300円、高い!!



隣にあるおかっぱ少女のやつ、味見してみたかったのに、今回は買わなかったな。


泊まった部屋のある前の道も、緑道になってるんだけど、ここは昔は線路だったところだね。



食べたいものがなくて、カップラーメンにするかどうかしばらく悩んで、結局買ったのがフルーツとポカリ。フルーツなんだけど、半分はミニトマトだった。韓国の人ってミニトマト好きだよね。山登りとかに必ず持って行くとか。二日酔いにはなかなかのチョイスだったかな。



この部屋、広めのデスクがあって、そこに鏡もあるので、そこでドライヤーをかけたかったんだけど、デスク下のコンセントは色々差さっていて、しかも、冷蔵庫とかWi-fiのルーターとか抜いたらやばそうなのばっかりだったので、別の場所でヘアアイロンを使うことに。

なのに、差しても電源が付かない。じゃあ、別のところでと抜こうとしたら、日本から持ってきたアダプタだけが残ってしまい、これがどうやっても抜けない!!

アダプタ自体は100円ショップで買ったものだから、置いて行ったっていいんだけど、ここはホテルじゃなく、人から借りている部屋。もしかすると、これって逆にお金払って的なこと??



でも、どうがんばっても抜けない!!部屋にあった調理道具で取るのはちょっと怖い(感電とかね)ので、無理しないで別の方法を考えよう。

部屋にあるものではどうにもならないので、出かけるついでにダイソーに寄ってみた。

24ゲストハウスのすぐ近くにダイソーがあるのは知っていたけど、行ってみたのは初めて。日本と同じだわって物もあるけど、韓国ならではって物も。(MJの話だと、名前はダイソーだけど日本の会社とは関係ないとか??)



時間もあったので、ぶらぶらしながらペンチを探す(笑)



見つけたのがこれ↑ ほとんどの商品が1000ウォンの中で2000ウォンだったけど、200円だもんね。大丈夫、大丈夫。これで無事、あのアダプタが取れるといいな。

というわけで、ここからはMJと待ち合わせてる汝矣島(ヨイド)まで地下鉄で向かいましたとさ。



職場から直行直帰のソウル旅:その2

地下鉄に乗ろうとT-moneyカードを自動改札にかざしたら、何やらエラーが。

でも、なんて言ってるのかわからない…。もしかしてチャージが足りない?って思ったけど、そんなことないし。

仕方ないので、動画を撮ってMJに送ってみたら、どうやら最初空港から新村に来たときに改札を出たことになっていないらしい。なんかよくわからないけど、エラーが出ている改札を強行突破。こういう時、駅員さんがいない場合が多くて困るわ。日本だったら自動改札でも駅員さんはいるのにね。

サンスの駅までSHが迎えに来てくれて、一緒にJWが待つお店へ。



駐車場通りももはや「帰ってきた」って感じしかしない(笑)


というわけで、こちらのお店へ。



このお店自体は初めてだけど、絶対前を通ったことがあるな。しかも、何回も。大体同じあたりで飲んでるってことだね(笑)

お店に入るとJWともう一人男性が座っていた。男性はSHの同僚だそう。

ちょっと日本語しゃべれますとかって言っていたけど、ま、しゃべれるうちには入らないかな。



みんなが食べてたこれをいただく。辛いけど大丈夫。鶏を煮込んでるけど、ちょっとぱさっとしてるかな。

何かのジョン(チヂミ)を食べてたみたいだけど、もう無くなってた。結構待たせちゃったかな?



「オンニはマッコリ?」って聞かれたけど、たぶんみんなは焼酎を飲んでいたいんだよね。そうなると、私が一人でマッコリ飲むことになるから、最初はビール、そのあとは焼酎にしておくことに。

前は全然飲めなかったけど、結構慣れてきたみたい。日本の焼酎の感覚で飲んでたから半本飲んでも危ないって思っていたけど、慣れるとそうでもない。



これは次に頼んでくれたジョン。お肉のジョンだったけど、ハサミでじょきじょき切って、上のネギと和えて食べる。結構おいしかった~!

ちなみに、こちらのお店。DJ DOCのメンバーのお母さんのお店とか。写真のハートが付いてる人ですね。



DJ DOCって名前は知ってるけど、あんまり知らないって言ったら、「バンスミ バンスミ バンスミ」ってJWが歌いだして、「おお、それは知ってる!!」、なるほどそれがDJ DOCなんだね。



こんなこと、ここに書くのもなんだと思ったけど、ちょっと書いておこう。

実は、ソウルに行く1週間前にムタクさん(私が東京でよく行くお店の元常連で、ソウルで2回、東京で1回一緒に飲んだことあり)とのやりとり。



「行くね~」的なやり取りをした翌日の夕方突然、ハングルで何か言って来た。私はその言葉がわからず、翻訳したら「消えろ」

目を疑ったけど、同時に胸が痛いぐらいつらかった。でも、なんで唐突にそういわれたのかもよくわからなった。

「マジ~」って言ったのが「調子に乗ってんなよ!」と思ったの??

でもムタクさんとは何度も飲んでて、当然ながら失礼なことなんて山ほど言ってる。逆に言うとそんな気を遣う相手じゃない。

数人の友達(韓国人1人、韓国好きの友達2人)に相談したら、「何かの間違いじゃない?」って言ってくれたけど、その後ムタクさんは、なんにも言ってこない。

「間違って送っちゃった、ごめん」とか言って来ないかちょっと待っていたけど、何も来ないので、FBからカカオからブロックして、最後に「ひどい」とだけ送っておいた。

この一件で私はソウルに行きたくないと思い、韓国も、韓国人も嫌いになりそうだった。

でも、大切な友達もいっぱいいるし、たった一人のためにそんなこと考えるのはやめようと思って、ソウルへ行った。

JWとSHも、私が紹介してからムタクさんの店には何度も行っているし、FBなんかでつながっている。

二人に「ひどい!信じられない!」とこのキャプチャを見せたら、二人は同時に言った・・・「これ、きっと彼女だよ」って。

まったく想像もしなかったことで、ただただびっくり!

JWが色々説明してくれた。若い彼女だからやりかねないってこと。ムタクさんの携帯を使って、送るだけ送って、あっちの携帯では消すことができるってこと。

そして、JWはムタクさんに連絡してくれた。JWが言っていたように、あっちの携帯には「消えろ」は表示されていないらしく、ムタクさん的には「マジー!?」の後に、「ひどい」と言って来たので、返事しなかったことに腹を立てたのか?と思っていたらしい。そして、連絡を取ろうにも私がブロックしているってことに気づき、訳がわからなくて、ちょっと怒ってさえいるようだった。

とりあえず、カカオのブロックを解除して、キャプチャを送って「なんでこんなこと言うの?」と打ったら、電話がかかってきた。

彼女のせいかどうかははっきりしてないけど、どちらにしても自分ではないと。そんな言葉、男友達にだって使わないと。そして、東京のお店の人、JW、SHなど、お互いに共通する友達もいるのに、そんなこと言うわけないと。

信じて欲しい。お店に来てよと言うので、行ってやることに(笑)



こんな写真撮ったかな?↑記憶ないけど(爆)この指、私??!!どうなってんだ~!




というわけで、お店を出て、ムタクへ。

ま~、すぐ近く(笑)

ムタクさんと会って、とりあえずハグして、これで和解かな?

途中で、席を外して、カウンターでムタクさんと話した。彼は「もしそれが本当に彼女なら、別れなくちゃいけないと思うぐらいひどいことだと思う」と。でもね~、他に誰よ??私のアイコンは詐欺写真でとても実年齢には見えないように写してあるので、若い日本人の女だと思ったんだろうな。

旅の初めで誤解が解けてよかった。



とりあえず、こんなものをつまみながら焼酎。そしてムタクさんのところは生ビールがあるので、サービスしてもらった。

ここでゲームをしようってことに。

焼酎のキャップの細く切れた部分を、順番に指ではじいて行って、切り落としてしまった人が負け、で、飲む。



それでひとしきり盛り上がり、ふとSHのタバコと見るとなんだか怖い写真??



閲覧注意すぎて、星だらけにしちゃったけど、「口腔ガンの原因の喫煙 それでも吸いますか?禁煙相談電話○○○○」と書いてある。どうやらタバコを吸い過ぎるとこうなるよってことみたいだけど、ほぼホラーみたいなおじさんの顔写真(目は写ってなくて、顔の下半分)がタバコに付いてる。



そして、その写真を隠すためにステッカーがついてるという(笑)私だったら、あんな写真があるだけでタバコ買いたくなくなるわ。それが狙いだろうけど、グロすぎる・・・。てか、口腔ガン?肺がんじゃなく?

それにしても、韓国の人たちって、何かを食べながらじゃないとお酒飲まないのかな。



もうおなかいっぱいなんだけど、またコルベンイ頼んでるし~(苦笑)

JWがカラオケ行こう!と言うので、近くのノレバンへ。ここ、前も来たことあるね。



システムはよくわからないけど、頼まなくても乾きものとビールが人数分来るみたい。私は飲んだけど、飲まなかった分は持ち帰ってたよ。



まずはってことで、JWとデュランデュランの曲を歌う(笑)



そのあと、私とSH以外は寝ちゃったんだけど、せっかくだから色々歌ってみる。なぜか見つけて甲斐バンドの安奈を歌う私(爆)ハングルでルビがふってあるからSHも歌ってた。



カラオケで歌いたいとずっと思っていたビョン・ジンソプのノエギョッテもあって(しかもご本人ご出演映像)、思いっきり歌えてうれしかったな~~。

もう帰ろうかってなったのは3時近く。

このあたりは、金曜の夜遅くまで遊んでる人が多いからか、タクシーが全然つかまらなくて、ちょっと時間かかっちゃった。立ってても、その前にも、その前にも人が立ってるんだもん。



結局、SHが私とJWを送ってくれることになって、JW→私→SHの順で帰ることに。



部屋にたどり着いたのは3時過ぎかな。

ゲストハウスの時は、エントランスのドアのパスワードわからなくなってあわてたことあったけど、今回は問題なくすぐに部屋へ。

1日目からよく遊びました!

色んな誤解も解けたし、JWには言えなかったことが言えて、お互いもっと仲良くなれた気がしたし、やっぱりソウルに来てよかったと思える夜だった。




職場から直行直帰のソウル旅:その1

週末だけのソウルに行ってきました~!

今回のデータ

エアー ANA(マイレージ利用) 支払額 6120円(空港利用税他)
宿泊  Airbnb利用 室料1泊4006円×3 清掃料金2721円 Airbnbサービス料(VAT含む)2041円=16779円
合計  22899円

今回は、午後4:10発の羽田~金浦、帰りは午前7:45発で9:55羽田着の便でした。

私の職場は蒲田なのですが、出発日は午後2時過ぎまで仕事をして会社から直行しました。京急蒲田駅までは徒歩10分弱。急行で羽田空港国際線ターミナル駅まで5分!

羽田の国際線を利用されたことのある方ならわかると思いますが、改札を出て、エレベーターを上がればもうチェックインカウンターです!

というわけで、余裕を持っても30分前に出れば間に合うんですね~。しかも、帰国時は、羽田からまた京急に乗って、駅まで車で迎えに来てもらって出社したので(社長か!?)ホントに楽々~♪

しかも、私は車通勤なので、スーツケースを持って歩いた時間がほぼなくて、それも楽だった理由かも。最高に楽したいなら、家と空港は車で往復すればいいのか?

今まで海外旅行ってちょっと疲れるって思っていたののほとんどが空港への移動だったのかもって思いましたね~。だって翌日の疲れがまるで違いますから!!

金浦か仁川かって言うのもあるけど、どちらも空港から鉄道駅までがちょっと歩きますよね!とにかく安いのが嬉しいけど、次回仁川の時は久々にリムジン使ってみようかと思っております。

私がいつも新村に泊まっているのですが、空港鉄道からだとホンデでの乗換がちょっと歩きます。でも、そこには動く歩道があるのですが、が、が!!

なんと、今回工事中で、全部歩き・・・・、疲れました。

でもね、成田に行くこと考えたらなんてことありませんけど。


というわけで、職場から直行直帰っていうとなんだか忙しいそう、疲れそうって思うかもしれませんが、全然そんなことありませんでしたね。そして、前回割と長くソウルに行って「長いとやっぱ疲れる」と思ったので、週末の数日ぐらいが遊び倒せる限界なのかもって思いました。

あ、飲み倒せる?(笑)

ではでは始めま~す!




羽田空港に到着、出発階にあるセブンイレブンに寄らなくちゃ!と思っていたのに、その理由が思い出せず。

お菓子でも買おうと思ったのかも?って思って寄るのをやめ、すぐに保安検査へ。

時間もあったので、今回やっと自動化ゲートの登録。これって、羽田だけでなく、成田、関空、中部の各空港でも使えるらしい!ちなみに、成田第3ターミナルは使えないそう。



登録すると、こんな風にパスポートにスタンプが押される。登録に時間はそんなにかからないけど、一人一人が指紋を登録しなくちゃいけないので、誰かと重なっちゃうと待つことになるかな。

パスポートの期限1日前まで有効なんだって。

意気揚々とイミグレ通過後、さっきのセブンのことを思い出した!お金を降ろそうと思ってたんじゃん!

もう出ることはできないので、仕方なく中のATMへ。羽田のゲート内にはみずほのATMしかなくて、ソニー銀行のカード使いたかった私にとっては手数料が痛いけど、忘れた自分が悪いので、手数料払ってお金を降ろそうとしたら、なんと「このカードはお取扱いできません」と!!

じゃあ、三菱東京UFJの口座と思ったけど、カード持ち歩いてなかった・・・。

日本円もあんまり持ってないし、ウォンは前回の残り5万ウォンだけ。最悪、あっちのATMでキャッシングすればいいか!ってことであきらめた。



結構時間があったので、またユニクロやらヴィクシーなんかをうろうろし、搭乗時間ギリギリまで散策。

今回は予約の時に座席も決めていたので、行きはお約束のA!なぜって富士山が見たいから♪

でも、航路によってはあまり近くを通らないこともあるし、雲の状態にもよるんだけど、この日はふと窓の外を見たら、こんなキレイな富士山!!



これって離陸してから結構すぐで、まだ水平飛行にもなっていない時。なんだか嬉しくて、誰かに言いたいけど、一人旅で、そわそわしてしまった(笑)

さて、機内食。今回はANAだったので期待していたけど、イマイチだったかな。おいしくないってわけじゃないけど、盛り上がりなし。ビールの選択肢が色々あるのは嬉しかったけど。



で、ワインもあって、こんな説明書きもあった↓



というわけで、ワインも♪アシアナじゃワイン飲めないもんね~!



機内の映画は見たいのが色々あったけど、まずは「美女と野獣」鑑賞。

でもね、でもね、やっぱりちっちゃいスクリーンだし、知り過ぎてるストーリーだし、どうにも「君の名は。」が見たくなっちゃって、やっぱり見ちゃった(笑)



そんなこと言っても、ソウル便はすぐに着いちゃうので、全部見られたわけじゃないけど。



3月のロンドン、パリのときにも乗った最新の機体だったので、窓にはシェードがなく、代わりにこのボタンを押すと、窓が暗くなったり、明るくなったり。最初の時は戸惑ったけど、もう慣れたよ~。


そんなこんなで、あっという間に金浦空港到着。

バスで行くことも考えていたけど、金浦から市内へはリムジンがなくて、普通のバスだけみたいなので、ここは慣れてるA'REXで。

今回の宿は初めてのところだけど、勝手知ったる新村なので「たぶんこの辺だろう」って思ったところにすぐあった!

ただ、似たような建物が多くて、最初に間違えて入ったビルはエレベーターがなくて、「いやいや、エレベーターあるって書いてあったでしょ?!」ってことで間違いに気づき、隣が正解だったというわけ。

部屋はネットで見ていたのと同じだったけど、やや古さがあるというのかな。生活感はあるよねー。

でも、いつも泊まってた24ゲストハウス新村の狭い部屋になると、私に小ぶりなスーツケースすら広げられないから、それから比べると広い広い!



キッチンはお湯を沸かすぐらいしか使わなかったけど、料理なんでもできそうなほどなんでも揃ってた。ただ、電子レンジがないのがちょっと残念かな。



広めのデスクもあったし、鏡もあったので、メイクするのにすごく使いやすかった。ただ、残念なのは、デスク下のコンセントはWifiやら何やらで電源がフルに使ってあったので、ドライヤーはここでかけられなかったこと。



あと、贅沢なんだけど、ドライヤーが非力すぎて参った・・・。風出てる?ってぐらい弱くて、ホントに温風?ってぐらい冷たい。髪がなっかなか乾かなかったな。もしまたここを利用することがあったら、ドライヤーは持参するかも。

ところで、これ、なんだかわかるかな?↓



キッチンに置いてあったんだけど、これは生ごみ専用袋。

以前、見たことがあったのですぐにわかったけど、オールハングルだから、わからない人にはまったくわからないよね。韓国人の友達が「外国の方(欧米人)が街で持ち歩いているのを見てびっくりしました!」って言ってたけど、確かにこれが生ごみ専用ってわからないと普通にスーパーのレジ袋みたいなもんだしね。

トイレとシャワーはこんな感じ。洗濯機は使いたかったら使ってもいいのかな?



決して広くはないけど、お湯もそれなりの強さ、量で出るし、掃除は行き届いていて問題なし。

ちなみに、タオル、トイレットペーパー、歯磨き粉、石鹸、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーあり。タオルは、いつものゲストハウスより全然良かった!!真っ白でキレイで、やわらかい。←いつもどんだけひどい所に泊まってるのかって・・・

これは、お湯と暖房のスイッチみたい。



私がいた時は暖房は関係ないけど、もしかしてオンドルなのかな?お湯は、沸かしたのを貯めておくタイプではないみたいで、スイッチを入れて蛇口をひねれば出るみたい。

最高!ってわけじゃないけど、24ゲストハウス新村よりは全然いい!って感じ。それに、古いとはいえ、たぶん分譲マンションなので壁が厚い感じがしたな。エレベーターホールに誰かがいると少し音が聞こえたけど、隣の部屋の音とかまったく聞こえなかった。窓も二重窓なのですごく静か。

ここまでの移動で結構汗をかいてしまい、顔を洗ってメイクし直してからいよいよ出発!

ソウルって、地下鉄の車内はエアコンかかってても、駅構内はエアコンない場合が多くて、移動中に汗かいちゃうんだよなー。ホントやだ。



こちらは部屋のすぐ近く。CUってコンビニがある。

実はここって何度か行ったことのある屋台がずらーっと並んでた場所なんだけど、すっかり歩道もキレイに、かつ狭くなって、代わりに駐車場ができて、屋台は姿を消してた。

以前に屋台に行ったときの旅行記はこちら。

2014年 ミュージカル3本立ての旅:その7

2015年 友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その9



ピンクの★があるところが24ゲストハウス新村。その前の道(犬の足跡のある部分)は以前駐車場だったけど、今では公園みたいな緑道になっていて、前は古めの食堂ぐらいしかなかったのに、行きつけのGS25の横は大きなスタバになってた。


↑翌日撮った写真ね

レインボーで塗ったあたりが、以前は屋台通りだったのに、今はなんにもなし。ある意味、環境は良くなったけど、韓国っぽさは薄れたかな。

というわけで、友達の待つサンス(上水)まで~。



チャージしようと思ったら、結構残ってたわ(笑)





Hedwig 2018

ソウル行って来ましたー!

でも、旅行記を始める前にこちらの話。

ヘドウィグ1次チケットのキャスト表出ましたね!



マイケル・リーは英語でと聞いていたけど、歌だけじゃなく、セリフも全部英語みたいですね?!

「字幕なしの英語公演」みたいですが、ちょっと興味あるなー。

ロッキーホラーショーをマイケル・リーで見ましたが、今回も(初見は『プリシラ』)恋には至らず。確かに素敵だし、うまいけどね~←含みあり(笑)

しかし、1か月で4回しか出ないのね。制作発表のあった『ナポレオン』とは公演期間ダブってるのかな?

ヘドウィグの上演が決定したときには、今回の渡韓を決めていて、そんなにすぐには行こうと思ってないし、11月までやっているようなので公演期間後半に行こうかと思ってます。

ただ、10月はジョンの来日もあるし、私は大阪遠征もあるし(笑)いつにするかなー。

しかも、ジョンの後にはあんまり見たくない気もする。まあ、去年のヘドウィグもブロードウェイ後だったけど、韓国版はまた全然違うものとして楽しめばいいんだけどね。

韓国の友達Jとも、一緒に見よう!って話したので秋頃ってざっくり考えてます。

マイルもまだまだあるしね~~(*^ω^*)

プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。