スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20回目のソウル旅:その17

さて、無事空港に着きチェックイン。



時間があったのでカフェでお茶しました。チェジュド、楽しかったな~。また絶対来たい!



滑走路の向こうには海が!!肉眼ではもっと海が見えていたんだけど、写真だとあんまり見えなくて残念。



またこのちっちゃい飛行機に乗って行きます。



飛行機の中からキレイな海が撮れるかもって思ったんだけど、翼が邪魔で全然見えない・・・。



金浦に着いて、MJはバスで家に帰るというので空港でお別れ。ホントにありがとね!

というわけで、地下鉄でまた新村に戻りま~す♪

漢江を渡るとなぜか写真撮りたくなっちゃうんだよね。





宿に戻ってまたチェックイン。

荷物はちゃんと預かっていてくれました。よかった、よかった。


で、部屋は最初とは違う部屋で、フロントのある3階の部屋!ホントは最初っからこっちがよかったんだよね~。

このゲストハウスは3階の方が長期滞在者向けなのか、広いし、洗濯機も電子レンジもあるんだよね。まあ、別に洗濯も料理もしないんだけど、4階の狭い部屋はスーツケースも広げられないぐらいなんで(苦笑)



なんか三角形の不思議な間取りだったけど、とりあえず広いからOK!



床があるってだけで嬉しいわ←理想が低い(苦笑)



と、のんびりしてるのはもったいないので、さっそく外へ。

前の日に結構飲んで軽く二日酔い気味のときってめちゃくちゃおなかがすくんだけど、この日もそんなでククスはすっかり消化してしまい、また何か汁物が食べたくなっていて思い浮かんだのがスンデック!

スンデックって新大久保とかでも出してるお店1軒ぐらいしか知らないし、やっぱり韓国の専門店で食べたい料理。前にMJが食べさせてくれて大好きになっちゃった。

とりあえず「新村 スンデック」で検索したらよさそうなお店が近くにあったので行ってみることに。

新義州伝統チャッサルスンデ(コネスト記事)

お店に着いたときは4時ぐらいで、ランチでもディナーでもない時間だったからかお客さんはゼロ。それでもお店に入ってスンデックを注文。

出てきたのはこれ。



口コミでは結構よさそうなお店だったんだけど、残念!あんまりでした。

前に食べたスンデックは中のスンデがおいしくて、もっちりしてチュルンとしてって感じだったけど、ここのはちょっとパサついてたかな?スンデック食べに行ったのにスンデ残しちゃいました。

ま、とりあえずおなかは満たしたので初の試みでイデまで歩いてみることに。

隣の駅だし、近いのはわかっていたけど、歩いて行ったことはなかったんだよね。

途中、息子たちのおみやげ物色にアートボックス(文房具やキャラグッズなどのお店)に入ったけど、これってものが見つからず。

その昔、まだソウル歴が浅かった2007年に靴とか洋服ならイデだよって母に連れていかれたんだっけ。今回、なぜイデに行ったかというとパンツが欲しかったから。下着のパンツです。

前にイデに行ったときは色んな店でパンツを買ったんだけど、おしりにスポンジボブとかぺこちゃんとかが書いてあって、意外とはき心地もよかったんだよね。

ところが、前に見たようなお店は全然ない!かろうじて靴屋さんはあるけど、昔はイデで下着だけじゃなくスエットとかTシャツなんかをいろいろ買ったんだけどな…。


歩いていたらバビペ発見!!



ええ~?全店閉店したんじゃ?よくわからないけど居ぬきかな?店はそのまま使って別の物売ってる感じ?

あとでMJに話したら、イデはもう昔みたいに若い子向けの洋服とか下着とか売ってないんだって。今は中国人観光客が多くて、その方たち相手のお店が多いらしい。このバビペもそんな感じかな。

結局、何も買わずに部屋に戻って、ちょっとだけ仮眠することに。

夜はまたEMとSHと一緒に飲むから英気を養っておかないと♪

いよいよ今回の旅、最後の飲み!最後まで全力で遊ぶぞ~~!!

スポンサーサイト

ロッキーホラーショー!!!!!



きゃーー!!

突然のニュースに気持ちが高ぶっております~!!

5月26日から8月6日まで、大学路ミュージカルセンター大劇場だそう。

別に誰で見たいとかじゃなく、タイムワープしたいのじゃー!!

ああ、タイムワープしたい!!

行けるかな?

8月にヘドウィグとの噂もあるから、両方見れたら最高なんだけどな~~。

うううっ、タイムワープしたいよー!

20回目のソウル旅(チェジュド編):その16

さてさて、チェジュドともお別れの朝。

この日は晴れ渡っていました。

私たち以外の宿泊客はどうやら朝早くにチェックアウトしたみたいで、突然爆音で音楽がかかり、歌いながら掃除をしている人がいる様子。もうちょっと寝かせてよ~と思ったけど、結構いい曲だったりして目は覚めてるけどベッドの上でうつらうつらしてると、ガンガンとドアを開けようとする誰か・・・いや、宿の人なんだろうけど、私たちがいるって気づいてなかったみたいで、気づいて急に音楽のボリューム下げに行ってた(笑)

ソウル行きの便はお昼過ぎなので結構余裕。のんびり支度して、部屋を出ることに。

宿の人に挨拶して、持っていた日本のお菓子をプレゼントするとすごく喜んでくれて、出て行こうとしたら「今日はすごくいい天気よね!ハルラサンがきれいに見えてる。見た?」って。それはそれは嬉しそうに。どうやらここに住んでいる人でもこんなにクリアにハルラサンが見えることってめずらしいみたい。

何度、韓国に来ても思うけど、韓国の人ってツンデレだよねー。お店の人もたいていは最初無愛想な感じなのに、ちょっと何かのきっかけがあったりするとすごく優しかったり、愛想がよかったりする。ちょっとしたお菓子を持ち歩いてると、そういうきっかけ作りにはすごく役に立つんだよな。(かさばるけどね^^;)

もう一度靴を脱いで、窓からハルラサンの写真を撮ってみた。



確かに、前の日は天気よかったけど、こんなにくっきりとハルラサンが見えていなかったよね。

たった2晩だけど、なんだか名残惜しいな。門限がもうちょっと遅いと文句ないんだけど(笑)



空港に行くまでにはちょっと時間があるので、タクシーで向かったのはトンムン(東門)市場。

チェジュのガイドブックには必ず出ているところなので、とりあえずね。それに、私は海外に行って市場とかスーパーに行くのが大好き!買わなくてもなんだか楽しいもんね。


入る前から見えてるのはハルラボン!



この光景、前にテレビで見たことあるな。



もちろん、色んなものが売ってます。このキムチもおいしそう~~!まだ日本に帰るわけじゃないので、買おうとは思わなかったけど。



チェジュの名物太刀魚。ここ以外のお店でも扱ってるところが多かったけど、ぴっかぴっかでとにかくキレイ!!私は日本だと塩焼きとかしか食べたことない気がするけど、チェジュでは太刀魚に合わせて細長い鍋があって、それで辛く煮るらしい。次は食べてみたいな。



あわびかな?そういえば、ホヤもいっぱいあった。



これはムロアジかな?すごくおっきい!



こういうの見ちゃうと、主婦目線で買って帰りたい!!って思っちゃうよね~。だって、一山1万ウォンって安すぎない?しかも、おいしそう♪



こちらではアジュンマが何かをさばいてますが、なんだろうね、この魚?開いた姿がまるでエイみたい。



一山1万ウォンの魚にも惹かれたけど、このアラにもめちゃめちゃ惹かれたわ~!持って帰れないけど欲しい!!



まだ午前中なので、そんなに混んでなかったから見学にはよかったかも。



でも、お魚ばっかりでもなくて、こんな感じでチョッパルとかも売ってます。



スンデもおいしそう~!!!・・・・なんですが!!

ここの市場、食べるところがないのよね!!これだけの水産市場なんだから、ノリャンジンみたいに好きなお店で買って、持ち込むとお刺身とか鍋にしてくれたら絶対いいのに~。



出てきたらこんな看板。こっちが表だったのかな?



周りにも色々お店がありました。これ、ハルラボンじゃなくて、真ん中の見えるかな?「馬」ってやつ。これは馬肉のジャーキーです。チェジュに行く前に、「馬がいるから馬刺しとか食べるのかな?」ってMJに聞いたら、「馬刺しはわからないけど、ジャーキーとかは売ってますよ」って言ってたんだよね。



ドーナツかな?これもおいしそう~~。でも、朝ごはん抜いてるので、ちゃんと座って食べたいんだよな。



ここからは食べられるお店を探してうろうろ(笑)

また違う入口から入ってみたら、こっちは洋服とか売ってるお店ばかり。



何ともレトロなパーマ屋さんもあったよ♪



途中で、こんなかわいいカステラ発見!トルハルバンの形になってる~~!



そして、隣にはジュース。凍らしてあったけど、解けたのを一つずつ購入。

私はオレンジのハルラボンジュース♪飲んだ後のペットボトルもかわいいから日本までお持ち帰りしちゃった。



外まで出てくると、どうやらここが正面入口かな?英語でも表記があるしね。っていうか、ものすごく見覚えある!!



道の反対側を見て「あーーー!!!」ってびっくり。ここ絶対知ってる!!



思わず横断歩道を渡ってしまった私(笑)このモニュメント!!前に「イラ韓」でコウモビンがこの一部になって橋を持ち上げてたやつだー!!



って、何のことやらわからない方ごめんなさい。前に、テレビ東京で深夜にやっていた「イラッとする韓国語講座」のチェジュ編でこのトンムン市場やこのあたりを撮影していた回があったんです。まさかそこに来れるとは!

一人感動していたけど、当然MJは???なわけで(苦笑)でも、よかったわ。


実は結構歩き回ったんだけど、適当な店は見当たらず。仕方ないので、市場のすぐ横にあったククス屋さんへ。



店は結構新しい感じだったけど、アジョシとアジュンマがやってまして、普通のミョルチククス(煮干しダシのククス)を頼んだのに、なっかなか出てこない!

MJは「普通、ククスって急いでる時に食べるものなんで、すぐに出てくるんですけどね。まさか今からダシ取ってるとか??」なんて言ってたけど、あまりにも待たせるので途中「まだですか?」って聞いたりして、やっと出てきました。



味はまあ普通。でも、前の日しこたま飲んでるので、スープが沁みたわ~←いつものこと。

しかし、この店なんだか変な造りだなって思ったらわかったよ!

たぶん、元スポーツシューズのお店なんだね。棚を付けるための穴が壁にいっぱい。左の写真はチュウォンだし。



とりあえず、腹ごしらえも済んで空港までタクシーで。

今度来たら太刀魚食べたいぞー!!

もうちょっといたかったな、チェジュ。

20回目のソウル旅(チェジュド編):その15

部屋に戻るとMJはちょっと疲れてるみたいだった。もちろん私も。そこは気兼ねのない間柄なので無理しないでちょっと休むことに。

晩ごはん行くにはちょっと早かったというのもあるしね。

私は普段から15分とか30分だけ昼寝することがよくあって、速攻で寝られるの。若い頃は寝つきも悪くて、ふとんに入ってから30分は眠れなかったけど、今思えば毎日だらだら暮らしてたからそんなに疲れてなかったのかもね(笑)

MJはベッドの上でごろごろスマホを見ていたみたいだけど、私はきっちり眠ってアラームで目が覚めた。すっきり!!これでまた遊べるよ~。

というわけで、近所の黒豚屋さんへ。この店、この日の朝にゲストハウスのリビングでおしゃべりした若い夫婦が教えてくれたの。歩いて行けるほど近いって言っていたけどタクシーで。

道の反対側で降りたけど、すぐにわかるぐらいそこだけ人がいっぱいだった。



ここ、チルトンガ칠돈가
住所:済州特別自治道 済州市 南星路 43(제주특별자치도 제주시 남성로 43)
電話番号:064-727-9092



結構待つかな?って思ったら意外とすぐに席に案内されました。7時過ぎだったからラッキーだったかも?



かわいい豚ちゃんたちの前の席でした。

ビール飲んだ後に頼んだのはソジュ(焼酎)。マッコリと同じでソジュもご当地ものがあるんだね。なんか楽しい~~!!これはハルラサンオルレという銘柄でした。ハルラサンっていうのあるみたいだったけどね。正直、味の違いはあんまりよくわからんない(笑)チャミスルとチョウムチョロンの違いもよくわかんないし。



グラスはハルラサンでした~。



おかずはこんな感じ。キムチに、にらのキムチ、玉ねぎのしょうゆ漬け、ケンニプ(えごまの葉)、大根の薄切り漬け。



お肉はこちら~~~!!!!すっごいでしょ~??



周りを見回すと満席!お店の人がくまなく回って肉を焼いてくれてます。



サービスのケランチムも♪



お肉はおにいさんがチョキチョキしながらいい感じに焼いてくれます。



私たちのテーブルを見てくれたおにいさんがホントおもしろくて、訛りって言うのとも違うんだけど、話し方がなんていうか日本語だったら「俺さ~、○○じゃん?」みたいなちょっと軽いノリの話し方で、それがおもしろくて動画撮ってみた(笑)肉を撮っているふりしておにいさんの声を録りたくてww



真ん中にあるのはチェジュならではのイワシの塩辛で、これを付けて食べるのもおいし~~!!正直、ここのオギョプサルはおいしすぎて、ここで食べて以来、テレビとか人のブログとかでどんなサムギョプサルの画像見てもまったくうらやましく思わなくなったぐらいおいしかった~!!もし、またチェジュに行く機会があったら絶対行きたいな。



それにしても火が強力でお肉がなくなってからは暑いぐらいだったんだけど、これってずっとつきっぱなしなんだって。店をやってないときも消さないって言ってたけど、どういう仕組みなんだろう?ちなみにおにいさんは日本語は全然わからなくて、全部MJが訳してくれたんだけど、途中で「日本語が話せなくてごめんね」って。前にオーストラリアにいたことがあったらしいけど、その時は日本人の友達がいたそう。「日本人は飲みに行くとワリカンなのがよかった」って言ってた(笑)おいおい、やっぱりみんなそう思ってるんだね。だったら「この店は私が、次の店はあなたが」って方式のワリカン止めない~?ホントわかりにくいし、店によって料金違うから最初に払うといつも損した気がするんですけど・・・。



途中からはマッコリに変更。ホントは昼間飲まなかったピーナツのマッコリを飲みたかったけど、ある?って聞いたら「ないない」って、あんなの飲まないでしょ?って感じだったな。やっぱり甘いのかな?

このあたりからはもう全然食べないでひたすら飲む飲む。MJとこうやって深く飲むのが大好き。MJって飲めば飲むほど饒舌になって元気になってくる子で、この時も職場の話をかなりしてたけど色々悩んでいるようでかわいそうだったな。

だいぶ話し込んで気づくと門限間近!!門限なかったら朝まででも飲んでたかもしれないけど、ここは急いで帰ることに。

社長にお勘定を頼んだらなんと2000ウォン!?ええ~??意味わかんない。20000ウォンの間違い?いやいや、それだって安すぎる。20万ウォン???

そしたらなんとMJが私がトイレに行ってる隙に払ってくれてた・・・・!それはダメダメって払おうとしたんだけど、「これは絶対食べて欲しかったから払わせてください」って。チェジュ旅行では食費はすべて私が出すって約束だったのに。でも、それにずっと甘えないMJ、やっぱりいい子だな~。というわけでご馳走になり、追加で頼んだお酒代2000ウォンだけ払いました。

で、急いで外に出たけどタクシーが来ない~!!「歩いても帰れるんじゃない?」って言ったけど、それじゃどうも門限11時に間に合わない感じ。ついにMJがゲストハウスに電話。「今、帰ってるけどタクシーが来なくて、少し遅れます」って。確かに外食とかすると門限11時ってめちゃ早いよね。

何とかタクシーに乗って、ゲストハウス近くで降り、まっすぐ部屋に行くのかと思ったら「部屋で飲むビール買いましょう」って(笑)



で、コンビニでビールを買いました。

レジのアジュンマが「日本人?」って、片言の日本語で話しかけてくれて嬉しかったな~~。

ごめんなさ~いと言いながらゲストハウスに戻り、静かに顔だけ洗ってからビールを飲むことに。ゲストハウスは部屋では飲食禁止ってことで、キッチンのテーブルで飲むのかな?って思ったけど、MJが「ちゃんと片付ければ大丈夫ですよー」というので部屋で(笑)

缶ビールを開けるプシュって音すらドキドキしちゃうほど周りは静か~~。

なので、飲みながらのおしゃべりもひそひそ話で。MJは「修学旅行の時を思い出します~」って。どうやらその時から飲んでいたようです(爆)

それでも1時ぐらいには寝ましたとさ。

楽しかったな~~!!

20回目のソウル旅(チェジュド編):その14

海側からバス停へは上り坂。



海にバイバイして一生懸命上って行ったけど、暑くて大変!もっと寒いぐらいだと思ってたのにこんな夏日になるなんてね。


バス停に戻って時刻表を見ると、そんなに待たなくてもバスは来るみたい。

それにしても暑くて、日の当たる場所に立っているのがつらいぐらい。日陰を探して少し離れたところに立っていました。

バスが到着。乗り込んでしばらくすると、ん??ん???

どうやら行きと同じ運転手さんみたい!ていうか、車両も同じだわ。同じゴミが同じところにまだあった(苦笑)

なぜ同じってわかったかというと、このハンドルとシフトレバーの派手なきらきら!



日本でもタクシーとかトラックだとこういうのありそうだけど、公共の乗り物であるバスで自分用のカスタマイズって日本じゃ絶対しないよね~(笑)

途中でバスの中から見たワールドカップ競技場。行く前にガイドブックで立ち読みしたから知っていたけど、ここって日韓共催のときに建てられたそうで、なのに韓国戦は1試合も行われず、試合自体も数試合しかやらなかったんだって。しかも、台風のときに屋根が飛んじゃったこともあったらしい!



このバスに乗る時間はそんなに長くなかったし、ここまでの旅は本当に順調だったんだけど、こっからがホント大変だった!

しばらく行ったところでMJがバスを降りるというので降りたんだけど、ここから別のバスに乗るって言うの。なのに、それが来る様子がない。

ここは結構標高が高いところみたいで、さっきまで暑かったというのに今度は寒い寒い。



「それじゃ、タクシーで行きましょうか?」ってなったんだけど、タクシーも全然来ないし、来ると乗っているものばかり。

ここで、チェジュってやっぱりレンタカーで回るところなんだなって痛感した~!でもね、ヘムルタンを食べながら飲みたかったんだから仕方ないよね。

この場所は、何って言ったらいいか、日本だったら箱根ターンパイクの途中みたいな。わかるかな?町でもなんでもなくて、あるのはガソリンスタンドとコンビニだけ。流しのタクシーなんてあるわけないよね。

しばらく待っていても空車のタクシーがくる気配はなく、目の前のコンビニでタクシーが呼べないか聞いてもらった。最初はそこまで行けないと断られたので仕方なくまた待ってみたけど全然来ない・・・。

通り過ぎる車のオジサンに「ニイハオ~」とか言われ嘲笑される・・・。たまんないわ。中国からの観光客だと思われてるってわけか。


もう歩いて行けばいいんじゃ?って言ったけど、どうやら小一時間かかるみたい。私は歩くの結構大丈夫だけど、何より寒いよね。

これ以上ここにいるのは無理!ってことで、同じところにもう一回電話してもらった。今度は1万ウォンを追加で払うなら行ってもいいって。1000円でしょ?ここで寒い思いして足止め食うならそのぐらい払うよ!!ってすぐに来てもらうことに。

「到着するまで必ず待って、他の車に乗らないで」と言われたけど、そんな心配しなくてもタクシーなんて来ませんて。

とか言ってたら、なんと2台も来たし~~~!!!(泣)1台は「そんなのキャンセルして乗れば?」って言って来たけど、いやいや、別の場所からわざわざ来るのにそれはできないよ。

結局、電話で呼んだタクシーが来て、乗り込むとホントにびっくりするほどあっという間に到着!!10分ぐらいだったかな?おじさんはプラス1万ウォンじゃなくて、1万ウォンだけでいいって言ってくれたし、まあとりあえずよかったね。

次に行きたかったのはここイニスフリー チュジュハウス。

ん??違う。



そう、ここは併設されているオソルロクのティーハウス。私、オソルロクって知らなかったんだけど、お茶のお店みたいだね。



周りにはお庭もあってすっごくいい感じ♪

ちょっと移動したら、ありました!イニスフリーチェジュハウス!!



チェジュに来たのはイ・ジュンソプ美術館のためだったから、他にはどこにも行けなくてもよかったけど、行くとしたらソグィポのあたりかなって思ってガイドブックやネットで探して見つけたところ。

でも、同じソグィポあたりと言っても、どこも徒歩で移動できるような距離じゃないところばかり。みんな離れているし、移動手段もタクシーかバスしかないからやっぱりレンタカーで回るのが普通なのかもね。

中に入ると、ガイドブックにも載っていた手作り石鹸を作っている人たちがたくさん。



想像よりちょっと小さいかな?ちょっとしたサービスエリアっていうか、道の駅みたいな感じかも。

で、チェジュハウスオンリーって商品がいくつかありました。



オイルが4,5種類あってこれもオンリーチェジュハウス。



あと、このパックもオンリーチェジュハウス。自分で好きなパウダーを選んで、自分で混ぜて作るタイプ。これ、1個買いました。



建物の半分はカフェになってたよ。



やっぱり冬場は寒いのかな?薪があったから暖炉がつくこともあるのかも。



色々ここだけのフードメニューがあったけど、おなかはいっぱいだったので何も食べず。



私たちはハルラボンスムージーを♪ホント、チェジュに来てからハルラボンばっかりだね!これはとってもおいしかった~



MJは何やらおみやげを買っていたんだけど、一つを私にってくれました。いつもこういうところがあって、ちょっとしたものを買ってプレゼントしてくれるんだよね。ホント、いい子。このハルラボンティーは、ゆず茶のハルラボン版って感じかな。ゆずのような苦みもなくてすごく飲みやすかったです。



周りに見えるのは全部茶畑。イニスフリーのメインのラインってグリーンティーだもんね。



建物の前にあったこの白いオブジェ。韓国ではここの前で写真を撮ってSNSにアップするのが流行ってるんだって。角度によるのかもしれないけど、ここの前に立って撮ると、天使みたいに翼が付いて見えるらしい。



これは、建物の最上階(と言っても2階だったかな?)から見た景色。お茶畑がずっと続いてます。



もう一度オソルロクの方へ行ってお茶博物館的な展示(ほんのちょっとだけど)を見て、最後はお茶畑の中にあるオソルロクのオブジェで記念撮影。



ここの前で写真を撮るのはお決まりのことみたいで、みんな写真を撮り合ってました。私たちも知らないお兄さんに撮ってもらったよ。

前の道には「ここにこんなにたくさんいるなら、さっきのところへもたまには回ってきてくれればいいのに」って思うほどたくさんのタクシーが客待ちしてた(苦笑)

帰りはもう疲れちゃったし、これ以上どっかへ行くこともないのでタクシーで宿まで戻ることに。

タクシー乗り場には仕切ってるおじさんがいて、目的地を言ったら「じゃ、あの車」みたいな感じで振り分けてました。



タクシーで走っていたら夕日が!

イニスフリーチェジュハウスに着いた時でもう4時過ぎていたからな。せっかくならどこか海の見える場所で夕日が沈むのを見たかったかも。

タクシー代もさほど高くなかったので(約2500円)、タクシーをもっと利用しても楽に観光できたのかも。ただ、バスの安さとは比べ物にならないけどね。

宿に着いた私たちはちょっと疲れていたので、少しだけ部屋で休憩することに。

そしたら、チェジュの名物、黒豚だぁ~~~!!!


渋谷「ハヌリ」

久しぶりに渋谷のハヌリに行ってきました~!

営業何時からだっけ?とネットで調べてたら「ハヌリ GD」ってのが結構出てきた。GDが来店したことがあるみたいですね。

まあ、それはいいとして、久々のランチ。行く前からブデチゲ定食かなって思っていたんだけど、ランチメニューから無くなっちゃってました。残念!!!

それでも、辛い鍋物が食べたかったのでカムジャタン定食にしました~。



この画像見た韓国の友達が「カムジャタン?」って見事に当ててすごいな~って思っちゃった。ちらっと見える肉の感じでそう思ったらしいけど。

韓国で言うカムジャタンって大きい鍋でみんなで食べる感じだからめずらしくない?って言ったら、韓国でもこういう一人用のカムジャタンあるそうです。名前は違うって言ってたけどね。

お正月にソウルに行ってきた友達にあっちで食べたおいしそうな写真を見せてもらいながらランチも完食しました~。

それにしてもすごいボリュームで、正直ちょっと食べ過ぎ・・・(苦笑)

というわけで、食後はいつもだったらすぐお茶しに行くのですが、ちょっと散歩がてら原宿方面へ行ってみることにしました。


NHKから代々木公園へ、そして明治神宮。



外国人観光客がいっぱいで、人が写らないように写真を撮るのも大変です(笑)

そして、竹下通り!いや~~、めっちゃ久しぶり!高校生以来?



歩きながら友達と「なんか明洞みたいだね~」なんて笑っていたらエチュードハウスが2軒もあったりしてびっくりでした。



こちらは東急プラザ表参道から見た原宿の交差点。

なんだかすっかりお上りさん気分の一日でした。

20回目のソウル旅(チェジュド編):その13

いやいや、この旅行記、一体いつ完結するんだろう?(苦笑)まだ旅は中盤なのにな・・・。

実は最近働き方が変わり、家にゆっくりいる時間がほとんど無くなってしまって。ただ、今は慣れてないからっていうのもあると思うので、その内また普通に書ける日も来るかな?

そんなわけで、もうどこまで行ったかわからなくなったかな・・・(笑)

チェジュド2日目、イ・ジュンソプ美術館へ行き、そのあと最高においしいヘムルタンを食べ、ワン(王)の店でコーヒーを飲んだ後からの続きで~す。




この日は本当にいい天気!歩いているのも気持ちいい日~。

ふと目にとまった学校。校庭がめちゃ広い!子供たちはいなかったけど(週末だからね)写真を撮りました。



あと少しで海ってところまで来たら規制線が張られてる。



私がソウルに行く数日前までものすごい台風が来ていたんだよね。実際、チェジュドに本当に行けるのかな?とか、お天気悪いのは覚悟で来たんだけど、来てみたらそんなのウソみたいな晴天だったけど、行く前に友達からは「チェジュド大丈夫なの?」なんて聞かれるほどすごい映像がニュースで流れていた。

なのに、チェジュドに来てから一度も台風の爪痕を見ることがなくて逆に不思議に思っていたぐらいだったけど、ここで初めて台風の被害を目撃。やっぱり台風は本当に来てたんだよね←当たり前

どうしようか一瞬迷ったけど、引き返して道を変えるのはちょっと大変だったので倒れた街燈や電線には触れないようにしてくぐらせていただきました。ごめんなさい。


海に着いた~!!キレイ!!



小さな無人島がぽっかりぽっかりと何個もあるの以外は日本の海と変わらないかな。

きらきら光る水面を見ていたら何とも穏やかな気持ちになってきた。



それにしても、イ・ジュンソプのモニュメントはどこ?ここまで来たらすぐわかると思ったのに、なかなか見つからない。

「たぶんこっちかな?」と降りて行った場所は全然違っていたので、また道に戻って移動。



と、ありました!!!これこれ!



ネットで見たのはこれだわ。よく見ると、ちゃんとイ・ジュンソプの絵が彫られている。



どれぐらい大きいかっていうと、私たちと比べたらわかるかな?たまたま通りかかった親子連れのママに撮ってもらったんだけど、「もう1枚、もう1枚」ってたくさん撮ってくれたの。すごく親切な方だったな。



私の左手がなんか微妙な感じなんだけど、バッグを肩にかけてたからかな。

目指していたものも見られて満足。それにしても、ここって何とものどかで、ちょっとひなびていて、伊豆みたいな感じ。



それも、あんまりお店もなくて宇佐美みたいな。(わかるかな~?伊東より栄えてない感じ)



ここからは次の行先に向かうため、またバス停に戻ることに。

海に向かって下りになっていたので、バス停に向かうには上り坂がちょっときつかったな。しかもお天気がいいから暑くて、暑くて。

とりあえず、ソグィポで見たかったものは見られたぞ!


プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。