スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「造られた殺人」見てきました~

movie.jpg

韓国映画を映画館で見たの初めてだったような?

いやいや、そういえばずっと前にパク・チャヌク監督の「サイボーグでも大丈夫」を新宿に見に行ったっけ。(どうやら2007年らしい)

その時はピのファンだったので主演した彼を見たくて行ったんだけど、小さな映画館だったのでお客さんはいっぱい。そのほとんどが私よりだいぶお姉さまたち。それもほとんどの方がお友達同士で来ていて、映画が始まるまでおしゃべりに花を咲かせていたっけ。聞こえてくるのは韓国芸能人のゴシップネタばかりで・・・。

でも、少ないけれどパク・チャヌクファン(または韓国映画ファン)とおぼしき男性一人客も10人ぐらいいて、その方たちが「なんなんだこの状況??」ってなっていたのをよく覚えてる。

私はその時、一人で行ったんだけど、なんかその時は心の中で「私はピのファンじゃなく、映画ファンだ」と唱えていたっけ。その集団の一部だと思われるのは当時ははずかしかったんだよな。

そんな訳で、映画館で韓国映画を見たのは3回目。(2回目は「イケメンですね」の映画版、ドラマのダイジェストですね)

チョ・ジョンソクファンのお姉さまのお誘いで行ってきました~。

いやいやそれはどうしてそうなるわけ?って部分もあったけど、全体的におもしろかったです。

そして、韓国映画ってドラマと違って規制が緩いのか(年齢制限があるからかな)大人が見ていいやつは結構グロかったり、エロかったりが日本のものに比べてかなり刺激的なのですが、今回はそうでもなく。

ストーリーのテンポが良くて、それからどうなる?と思っているうちに終わっちゃいました。

結構ハラハラどきどきもあってびっくりもしたけど。

チョ・ジョンソクって私にとってはヘドウィグの人です。実際に彼のヘドウィグは見たことないんだけど、私が見たヘドウィグに知っているだけで3シーズン出ていたのでヘドウィグ常連俳優さんなのかと思ってた。



一回はご本人をお見かけしたこともあって、勝手に親近感を覚えてます。この囲まれてる方ね。

その時の記事はこちら

最近は映画やテレビの方でご活躍らしく、今年のヘドウィグは久々の舞台だったらしいですね。

この映画には「ミセン」に出ていたチャン・グレの先輩キム代理と、ビョン・ヨハンくんのイヤ~な上司ソン代理が出ています。

キム代理はあの優しく温和な感じとまったく違う役で、もしかしてこっちの方が地に近かったりして?と怖いことを考えてしまいました(笑)

韓国の俳優さんって出る作品によってガラッと変わっちゃうのがすごいですよね~!

最近あんまり韓国映画見てなかったけど、そういえば大好きなキム・ギドク作品を全制覇したかったんだよな。子供たちが家にいると絶対見られない作品ばっかりなのが難点なのですが、また追ってみようかな。


映画の後の飲みでは色んな意味で嬉しくて嬉しくて、楽しくて楽しくて飲みすぎました(苦笑)そしてご迷惑おかけしました!

でも、今の私にとっては神様がくれた出会いかなって思えるオンニです。本当に嬉しい!!これからもよろしくお願いします。←調子いいか?(^^;)


【追記】

おいおい!韓国映画を映画館で見たことないって??

ソウルで「きみぺ」を見たじゃないの!それも2回も!(笑)

う~~ん、飲みすぎでまた脳細胞が何万、何億か死んだようです・・・・チーン(^^;)

ま、日本でじゃないから忘れてたってことで。

スポンサーサイト

20回目のソウル旅(チェジュド編):その9

チェジュド到着翌日。

早く寝たので、普段と同じ6時過ぎに目が覚めた(笑)

でも、周りは静か~。誰も起きてる感じはしない。トイレに行こうと部屋から出て、初めて外の景色を見た!



ソウルとは全然違うね。やっぱり何となくマウイっぽいかな。



リビングにもまだ誰もいなかったので写真撮りまくり(笑)



かわいいお部屋です♪誰も起きてる気配がないけど、みんなゆっくり寝てるのかな?消灯時間にはみんな静かだったから早く寝てるってことだよね。



部屋に戻って、シャワーを浴びることに。MJとそれぞれシャワーして、共有スペースのドレッサーで髪を乾かず。

私たちの隣にいた女子は彼氏が一緒で、彼女がメイクしている間はずっと彼氏が隣にいたよ。私たちには特に挨拶もして来ないから私たちも何も言わないまま。ゲストハウスってこんな感じなのかな?

無事支度も終わって朝ごはんを食べようとキッチンへ行くとまた例の男がいる!

私が行くとなんだかバツの悪そうな感じで挨拶もしてこないけど、別にいいや。

パンや卵は使っていいみたいなので、卵でも焼こうかなと思ったらなんとガスコンロがつかない!とりあえず、コーヒーでも淹れようかと持参したコーヒーのためにお湯を沸かそうとしていたら、お客さんらしき男性がやってきた。

ちゃんと挨拶してきて感じのいい人。私たちがお水をどこから取ったらいいかわからず、冷蔵庫についている浄水器から少しずつ水を運んでいたら、流しにも浄水器があるのを教えてくれた。

MJがコンロのつけ方を聞いたら、やってくれたんだけど、やっぱり火がつかなくて、せっかくといた卵も生のまま飲むわけにもいかず、MJが捨てようとしたんだけど、その男性が「だったら電子レンジでケランチムにすれば?」って。へ~~!ケランチムなんて発想、私にはないな~。ケランチムにするって男性がさらっとアドバイスするなんてかっこいいね~。普段からお料理している人なんじゃない?

それを聞いたMJはといた卵の中にお水を入れてレンジに入れた。ケランチムってそうやって作るの?なんかびっくり!

トーストを焼いて、コーヒーを淹れ、ケランチムができるのを待っていたらMJがその人と話を始めた。今までチェジュドでキャンプしてて、最後の夜だけこのゲストハウスに泊まったらしい。ずっと雨だったと残念そうだった。私が日本人だとわかると、連れが日本に留学していたからと言って呼びに行ったんだけど、私たちは最初、その人が男性だから連れの人もてっきり男性かと、それも例の男なんじゃないかと思ったんだけど、連れてきたのはかわいい女性だった。

二人は夫婦なんだって。まだまだ若くてかわいいカップル。とっても仲がよさそう。彼女が大阪にワーホリで行っていたことなどを少し話し、「よい旅を」と部屋に戻って行った。

そしたらMJが「このコーヒーはここにあったの?って聞かれたから、持ってきたものですって言ったら残念がってた」というので、すぐに部屋に戻りコーヒーとちょこっとした日本のお菓子を持ってその方たちの部屋へ。

ほんの少しだけどお話しできたこと、親切にしてくれたことが嬉しくて、ちょっとしたお礼のつもりだった。

二人はまたキッチンに戻ってきてくれて、みんなで連絡先を交換しようってことに♪

すると、例の男までスマホを持って自分も混ざろうとしてる!!MJは背中を向けているのをいいことにイヤ~な顔をしていたけど、これはやばい!でも、交換してもブロックすればいいか?

私たちがID検索に時間がかかったりしていたから、あきらめるかと思ったのになんだかずっと待っていて、二人が部屋に戻ったと思ったら自分の番と言いたげな感じで寄ってきた!

でもMJが「知らない男の人と連絡先は交換しません!」とぴしゃりと言ってくれて無事撃退!(笑)すごいな~~MJって。私、意外とああいうときって強く言えないんだけど…。

それにしても、素敵な人たちと知り合いになれて嬉しい!やっぱりこういうのがゲストハウスの醍醐味だよね。他に出会った人たちは社交的な人がまったくいなかったけど。

「いい人に会えてよかったね~」なんて話ながら朝食。



ケランチムもどきは、何の味もなかったので塩だけかけてとりあえず完食。おなかがすいてパンは2枚も食べちゃった。


さてさて、そんなわけで出発!



ゲストハウスの前にこんな川が流れていて、それを渡ったらバスターミナルだった。だから、ゲストハウスの名前にもターミナルって付くのかな?MJもバスターミナルに近いからここにしたのかも。空港からも歩けはしないけど近いからね。



バスターミナルに入って、受付みたいなところでMJがソグィポまで行くバスを聞いている。今回はすべてお任せで、まるで通訳付き旅行みたいなのが申し訳ないわ。



バスはチケットを買うのかと思ったら普通にT-moneyで乗るだけだった。長距離バス(中距離かな?)に乗るのは韓国で初めて!



なんか盛り上がるわ~~!

そうそう、このバスで午前中にチェジュドの北から南へ行くときは左側に座っちゃダメだね!私は左利きなのもあって、どうしても自分の左側が壁だったり窓だったりする方が落ち着くのであんまり考えずに左側の席に座ったけど、ずっとすごい日差しで、しかもカーテンとか何もないしでまぶしいし、暑かった!途中で席を移動しようかと思ったけど、結構人が乗ってきたので移動もできず。

緩やかだけど上って行く感じでバスは進んで行って、緑も多くなる!



途中では馬のいる牧場もあって、こんなところもマウイっぽい。マウイではハレアカラ頂上へ車で向かうとこんな風に牧場があるんだよね。



道のりのちょうど真ん中あたりでハルラ山の登山口があって、結構たくさんの人がそこで降りて行った。登山客が多いのね。

1時間ちょっとぐらいして、ソグィポ(西帰浦)に到着!!

もう、真夏みたいな日差しです。



ただただMJの後をついてきただけだから、また自分でも来られるようにバスのナンバーをパチリ。



朝早いからか人影は全然ないけど(と言っても10時は過ぎてたかな)、田舎は田舎だけどそこそこお店もあって栄えてる感じ。パリバケットもあったよ。どこにでもあるのねー。





こんなに大きい交差点なんだけど、信号がない!!ラウンドアバウトなのかな。



歩いて美術館へ向かう。

ここは市場の入口みたいだけど、まだ閉まっているのか人が全然いない。市場の門の上に海女さん発見!ここも海女の街なんだね。



美術館が近づいてきたのか、イ・ジュンソプ美術館ののぼりが!今年は生誕100年なんだよね。



やっと人がいたけど、掃除中かな?



いよいよ美術館が近くなると、歩道の地面にだってイ・ジュンソプの絵が描かれてる!!



道に立っていたトルハルバンの真ん中の碑にもイ・ジュンソプの絵。



ここがネットでも見ていたイ・ジュンソプ通りなんだね!お店の看板にもイ・ジュンソプの絵によく出てくる子供のモチーフが



でも、とにかくお店は開いてないし、人影もまばら。



美術館のすぐ前では朝市?フリーマーケットみたいなことをやっていた。

そして、ついに、ついに、イ・ジュンソプ美術館に到着!!


20回目のソウル旅(チェジュド編):その8

チェジュドに到着!

もう夜なので周りはよくわからないけど、なんとなく南国ムード。ハワイの空港もこんな雰囲気あるよね。韓国のハワイって呼ばれてるだけあるな。

トルハルバンもちゃんといる!

てか、観光用以外のトルハルバンは結局見なかったけど本物ってどういうところにあるものなんだろう?



で、タクシー乗り場へ。宿まではタクシーで5分ぐらいらしいけど。

乗り場に近づくとものすごい行列!!でも、乗らないわけにはいかないので待つしかない・・・。



乗り場が近づいてくると、なんでこんなに混んでいるのかわかってきた。乗り場に一人おじさんがいて、色々指図しているのだけど、それが余計に混雑を生んでる感じ。

1車線に4台分止められる枠が書いてあるのだけど、まず日本だったら2車線にして倍の車を止めると思う。そして、なぜか枠からずれたりするとおじさんが乗ろうとした人を止めてまで枠にきっちり止めさせようとする。おじさんが愛想がよくていい人っぽいから腹は立たないけど、なんか無駄な感じ・・・。

とりあえず、タクシーに乗って宿に向かう。でも、夜だから周りが真っ暗で様子が全然わからない。それでも、あまり高い建物はないってことはわかるかな。

宿はMJが見つけたくれたところで、Slow Terminalという名前。

ゲストハウスのブログはこちら



ビルの4階にあったんだけどエレベーターがなくてちょっと大変だったな。大きい荷物がなかったのが救い。3階まで行ったら「NEVER GIVE UP」とか書いてあって笑っちゃったけど。

実はここのゲストハウス、ブログでこの写真↓を見て行ったので、昔ながらのチェジュっぽい建物で、中はリノベーションしているのかと思ったんだけど、単なるイメージカットだったのね(笑)

DH8A6105.jpg

まあ、確かに周りにも、そしてそのあと行ったどの場所にも昔っぽい藁ぶき屋根の家なんてなかったけどね。私は沖縄に行ったことがなくて、沖縄も何となくよく映像で見る昔っぽい平屋の家がいっぱいあるような気がしてるんだけど、きっと行ったら違うんだろうな・・・。チェジュも、もしかすると島のどこかにはそんな場所もあるのかもしれないけど、観光客が行けるような場所だと民俗村的なところしかなさそう。


宿に着いて、すぐに部屋に荷物だけ置いてごはんを食べに行くことに。

こちらのゲストハウス。部屋は鍵が閉まるけど、シャワーやトイレ、ドライヤーを使うようなドレッサー的部分、キッチンとリビングは共用。

事前にブログで見たところ、23時が門限で、シャワーもその時間以降は使えないって書いてあった。ソウルにいるときは23時に部屋に戻るなんてありえないけど、私にとってはこれも貴重な体験かなと思ってここのゲストハウスに決めたの。

MJはルールについて説明を受けているようだった。やっぱり23時門限。入るのも出るのもそれ以降はできないとのこと。この時すでに9時半を過ぎていたので、急いでごはんを食べに行かなくちゃ!ってことになった。


オーナーらしき女性がいたので、MJがおススメを聞いてくれたらククスがいいんじゃないかと言うことになった。ククス通りみたいなのがあるらしくて、タクシーですぐだからとのこと。

*ネットで色々調べたらククス文化ストリート【국수문화거리[ククスムヌァゴリ]】というみたい。

お店は何軒かあって、そのうちの1軒がすごく混んでるけど、どこで食べても大差ないからと言われてたみたい。

その時間で外に出ると歩いている人もほとんどいないのだけど、タクシーは意外とすぐに来て、ククス通りまでもすぐに着いた。

走っている途中はやっぱり低層の建物ばかりで、ハワイみたいと言っても、マウイとか、そうサイパンにも似てるかな?って感じ。

ククス通りまで着くと意外なほど人がいる!



噂のお店は隣で、やっぱりすごく人が並んでいたけど、私たちは門限までに帰らなくちゃいけないのでククスマダンというお店に入ることにした。ちなみに隣の店は誰かがSNSで紹介したことから人気に火が付いたらしい。

お店のHPはこちら

690 - 012 Jeju
제주시 일도 2동 1034 - 19
TEL.+82 64-757-5559
8:00pm~5:00am  *お店のFacebookからの情報

お隣ほどではないみたいだけど、こちらも並ぶことがあるみたい。

隣の店の名前はわからないけど、ここの通りで人気なのはチャメククスとオルレククスの2軒らしいな。

さて、すぐに席に案内されたものの、ほぼ満席。テーブル以外に座敷席もあった。

座って周りを見回したMJが「おやじが多いですね。韓国はおやじが多い店は美味しい店なので大丈夫です!」と(笑)

なるほどね~~。

おかずを食べつつ、ビールで乾杯!(ビールの写真はないけどcassだったかな)



で、ククス来ました~~~!!!

頼んだのはコギククス(肉ククス)とビビンククスの2つ。



正直言うと、最初ククスに行こうと言われた時ちょっと残念だったの。だって、チェジュと言えば、黒豚とか、ヘムルタン(海鮮鍋)とかね~~。でも、この時は時間がなかったし、そういうのは翌日以降でいいやと思ってここにやってきた。

でも、今でも「おいしかったな~~~」と思い出すのは実はこのククス!!

ビビンククスはMJが混ぜてくれたんだけど、付いてきたスープを少しかけてから混ぜてて、「へぇ~~」って思っちゃった。そういう作法は日本人にはわからないから。



ククスって前にもソウルで食べたことあるけど、地域によってだいぶ違うみたい。前に食べたのはアンドン(安東)ククスというので、麺は日本のそうめんや稲庭うどんみたいな感じだったけど、ここのは黄色くてコシがあってちょっと中華麺っぽい感じ。

コギククスはちょっと豚骨っぽい感じの白濁したスープ。でもあっさり!

あと、ミョルチククスも有名らしいけど、それは煮干しダシみたい。(ミョルチ=煮干し)

コギククスには途中から海苔をいっぱい入れて食べたけど、またこれもおいしい!

ビールを飲み終わってマッコリを注文。やってきたのはチェジュマッコリ!そっか~、マッコリもご当地ものがあるんだね!



今回のチェジュ旅行はMJが一緒に来てくれなかったら実現しなかったこと。本当ならMJのエアーも宿泊費も私が出したいぐらいだけど、とりあえずそれは各自払うことにして、滞在中の食事代はすべて私が出すことにした。(MJは20代で私の娘でもおかしくない年齢だし)代わりにタクシー代はMJに払ってもらうことに。日本だったらこの交換条件ってとんとんかもしれないけど、韓国ではタクシーが安いからね。ただ、小銭を出したり煩雑なのでお任せしちゃうことに。最初は「そんな~!」って言っていたけど、「だったらお茶とかは出して」ってことに。

食べ終わってまたタクシーでゲストハウスへ。

23時までほんのちょっとしかなかったので、シャワーは翌朝でいいかなと思ったけどさっと浴びることに。MJがSKIN FOODでメイク落とし(シートタイプ)を買ってきてくれていて、「これ使ってください」って。こういうところ、ホントに気が利く子なんだよね!!

シャワーは2か所あって、1か所は男女に分かれた広いシャワー室。1か所にシャワーが2つあって、それぞれシャワーカーテンで仕切られてる。そして、トイレもここに2つある。

もう1か所は、ゲストハウスの反対側の端っこにあって、3畳ぐらいのスペースにトイレとシャワー、洗面台がある。

私はオールインワンタイプの方へ。MJは大きいシャワー室へそれぞれ別れ、髪以外洗うことに。

ここで発見!!シャワーの前にトイレを使ったんだけど、ごみ箱がすごく遠くに置いてある。便器に座ったままだと絶対届かない位置。どうしよう?と思っていたら、トイレットペーパーホルダーにメモが貼ってある。

ヒュギヌン ピョンギエ ポリョジュセヨ

ヒュギがわからなかったけど、「便器に捨ててください」はわかったので、たぶん紙を流していいってこと?と思って流した。あとでMJに聞いたらヒュギはやっぱりトイレットペーパーだったみたい。漢字語?なんだろ?トイレ流せるなんてすばらしい~~!

メイクを落とし、さっとシャワーを浴びて部屋に戻る。



おばさんにはかわいすぎるベッドです(笑)

見ての通り、かけ布団もなく、代わりにあったのはシーツのような1枚の布だけ。これには韓国人のMJも驚いていたけど、これで十分ではあったかかったかな。寒いってことは全然なし。

MJがシートマスクを持ってきてくれていて、旅行だと疲れるから寝る前にパックしましょうって。前にお友達がそうしていていいなって思ったらしい。メイクも落とさず酔っぱらって寝落ちする私とは180度違います(苦笑)というわけで、二人でパック。


寝る前に水が飲みたくてキッチンへ。



ここにあるものは自由に使っていいみたい。ただ、びっくりしたのは23時が門限なだけじゃなく、消灯だったということ。なので、暗いです。



お水を飲んでいると、知らない男性が来て話かけてきた。日本人ですとハングルで答えると「オ~~、ジャパニーズ!」って。

何人なのかわからないけど、韓国人ではないみたい。私に翌日の予定を聞いてきたので、イ・ジュンソプ美術館に行くことなどを話たんだけど、なんかどうやらナンパらしい(苦笑)

ゲストハウスで共有スペースの多いところだから、そこで知り合った人と会話することも楽しまなくちゃと思っていたんだけど…。

私は話半分でその場を離れたんだけど、とにかく会う人会う人に同じことを聞いてるみたい。


この日は、翌日のことも考えて12時前に就寝。消灯時間を過ぎたら、他の部屋からも何の音もしなくなったので、会話もひそひそ話。MJは「ビール買ってくればよかったですね」って言っていたけど、前日5時半まで飲んでいた私には早寝がちょうどよかったかも。






20回目のソウル旅:その7

アラームでなんとか目を覚まし、とにかく服だけ着替えて必死に外へ。

歯は磨いたけど、顔は洗ってない。正確には部屋に戻ってメイクも落とさずそのまま寝た(爆)

なんとかチェックアウト時間にフロントに行くと誰もいない。ここはいつも早朝に出ることが多くて、そう言う時はフロントにある小さなバスケットに鍵を入れて行けばいいんだけど、今回はチェジュドに行ってる間に荷物を預けたいから誰かいないと困るんだけど!

少し待っていたら掃除のアジュンマが来た。

「チェックアウト」と言うと、鍵をここに入れればいいから!って感じなので、荷物を預けたいと身振り手振りで説明。

すると、理解してくれたようで部屋番号を紙に書いてスーツケースの上に置いてくれた。

でも!!くるみまんじゅうも預けたいの、それも冷蔵庫に。

これはさすがに通じそうにないので、翻訳で「冷蔵庫」と打って、くるみまんじゅうの箱と一緒に見せる。

はいはいって感じでわかってくれたみたいだったけど、「アイス?」って言うから「ノー、ノー」とか言ってひとまず通じたかな?冷凍庫じゃ困るのよ。

私が月曜に戻ることも言わなきゃと翻訳で「月曜に戻ります」と打って、それをくるみまんじゅうの箱に書こうとしたら、私が書くよ!とアジュンマが書いてくれた。

いや、アジュンマというよりハルモニかな。でもとりあえず通じてよかった。


ひどい二日酔いとかではないものの、4時間半ぐらいしか寝てないのでまだ酔っ払ってる感じ。

瀕死の状態でなんとか地下鉄に乗りホンデまで。

神仙ソルロンタンに行ってまずは食事。



ふぅ~~!しみるなぁ!

ごはん食べて気持ち悪くならないときは大丈夫!しかも、二日酔いだったら絶対食べられないキムチをがんがん食べられるんだからね。

隣の席の若い男女のグループはかなり話が白熱してると思ったらみんなお酒飲んでるわ(笑)

食べ終わって、店を出て目指すはハッピーデイスパ!去年ホンデで見つけたから場所はわかってたの。



どうやら地下らしく、階段を降りていった。



中の写真はないけど、入るとすぐにフロント。



「サウナ?」と聞かれたので「うん」と答えて支払い。貴重品は預けるよう書かれていたのでサイフだけ預ける。

ロッカーまで行って気づいた。私、タオルしかもらってない。サウナってお風呂だけって意味なのね。

またフロントに戻り「チムジルバン」と言ったらわかってくれた。不足分2000ウォンを支払い、サウナ着をもらう。

ロッカーに戻り、まずはお風呂!普通チムジルバン行ったらさんざんサウナに入ってお風呂は最後なんだけど、とにかくさっぱりしたくて。

髪と体を洗ってから湯船に行くと何個かあった内2つにしかお湯は入っていなかった。まだお昼だからかな?

1つは2人のおばさまたちが独占しておしゃべりに花を咲かせていたので、隣へ。お湯はちょっと熱い。お湯はまだ半分ぐらいしか入っていなかったけど、寝そべって首まで全身浸かる。

あ~~~~~~、めっちゃ気持ちいい!!!

あまりの気持ちよさに思いの外長く浸かってしまったわ。

さて、お風呂から上がってサウナ着を来たら濡れた髪にタオルを巻いて寝られる広間を探す。

ハングルで「チムジルバン」と書かれた看板があったのでその矢印に向かって歩く…とぉー!!男湯だったよん!やばい!!

途中で階段降りなきゃいけなかったのね。たまたま裸の人がいなくてよかった。

階段を降りていくと広間があったけど薄暗い。想像以上に寝てる人がいっぱい!!お昼だよ?午後1時ぐらい。不思議~?お昼休みとか?

と、思ったらこの日は土曜日。場所がら金曜に遊んだ人たちがここに泊まっているらしい。

ほとんどが男の人だったけど、空いているところを見つけて横になる。最初は気になって寝つけなかったけど、一回スマホのアラームを30分後にセットして寝てみる。ちゃんと起きれることを確認してもう一回寝る。

*あとで韓国人の友達に話したら、女性専用の場所があったはずって言ってた。まあ、女性が私一人だけだったわけじゃないからいいんだけどね。

髪が長くて量も多い私にとって、髪を乾かさないで寝ることは最高の贅沢。疲れているときはシャンプーしてこのまま寝たい!って思うことが多いもん。

結局、2時間ぐらい寝たかな?目が覚めたら周りで寝てた人たちはほとんどがいなくなってる。起き上がって、髪を乾かし、化粧して出発。


地下鉄に乗って金浦空港まで。



ホンデからだと約15分ですから。ホントに近いよね。

そうそう、この駅ってどうしてうまく改札まで行けないんだろう?エレベーターは運がよくないと1回目で乗れないし、今回エスカレーターで1つ上の階まで行ってみたけど、その上に行くエスカレーターが見つけられずうろうろ。前もこんなことあったな。結局は反対側に行って上りエスカレーターが見つけられたけど、急いでる時はホントに困るよね。

前にチェックイン時間ぎりぎりになったことがあったな~。ホンデでGドラゴンの路上ライブに遭遇しちゃってどうしても見たくて無理しちゃったときね(苦笑)

その時の記事はこちら



実は空港に行くにはかなり早くて、でもホンデあたりでぶらぶらするより金浦にいた方がいいかと思って早めに来たので久々にロッテモールに寄ってみた。



金浦を利用するときって夜か早朝が多いからなかなか寄れなくて。

なんだか小腹がすいたのでなんか食べたかったんだけど、チェジュに着いたらすぐにごはんだろうし、あんまりしっかり食べたくなくてロッテリアに。

ハンバーガー頼んだはずがなぜかプルコギバーガーになっててがっかり。だっておいしくなかったんだもん・・・。



ロッテモールは土曜だからかめちゃくちゃ混んでた。しかも家族連れが多くて、ロッテリアで一人で長居するのも迷惑っぽい感じだったので、食べ終わってすぐに席を立つ。

これはクリスピークリームドーナツの写真だけど、韓国って日本よりポケモン人気ある??





日本でこれは売ってないような?あ、それ以前にクリスピークリームって日本撤退だっけ?

コスメショップとか他の店でもポケモンコラボたくさん見たな~。


まだ時間は早かったけど、これ以上ここにいても仕方ないので、空港に向かうことに。駅からだと国際線と反対側に国内線があるんだけど、行くのは初めて!



途中から動く歩道になっているんだけど、遠い、遠い。全然着かない(笑)



やっと到着して、カフェを探したらAngel-in-us coffeeがあったのでそこにいることに。



一緒にチェジュに行くMJが来るまでに時間があったので、ここではYOUTUBEでクナルの動画を見てたんだけど、また思い出しちゃってジーンとしたりして(笑)

MJが来て、しばらくお茶してからチェックインに行きました。

チェジュ航空利用するのは初めて。LCCだってことも知らなかったわ。預ける荷物もないのですぐに終了。

国内線だからパスポートはいらないのかな?って思ってけどいるんだね。ちなみにMJは住民登録番号カードを出していました。

チケットはレシートみたいなペラペラの紙。夜便は安くて片道3000円ちょっと。



ここが入口。ここでもパスポートを出したけど、正直国際線に乗るときよりも顔と写真をじ~~っくり見比べられてびっくり。



何となくだけど、国際線より簡素な感じかな?いや、そんなに変わらないかな?





もうすっかり夕暮れ時。



飛行機が小さくてびっくり!中は2列2列だったかな。3列3列?もう忘れてる・・・



飛び立つともう外は真っ暗。夜景がきれいだったな~。



機内では久しぶりに会ったMJとおしゃべり!LCCだから何も出ないしね。水は配っていたけど、もらわなかった。チェジュまで1時間なので特に必要ないかな。

昼間だったら朝鮮半島の上をずーっと南へ行くんだろうから陸地も見えるんだろうけど、夜なのと、やっぱりソウル以外は山だったり田舎だったりのところしか通っていないみたいで真っ暗だったな。




20回目のソウル旅:その6

ミュージカルのとこまで書いてホッとしてたら時間経ってた・・・。

まだ2日目(1日目は夜到着しただけだから、実質1日目みたいな感じだけど)が終わってない~!

この後、チェジュド編もあって、またソウルに戻るし、またまた完結まで時間がかかりそうな予感(笑)


さて、ミュージカル「クナルドゥル」を見て、そのまま地下鉄でホンデへ。

もう降りようとしたらEMから「ハプチョンから歩いたほうがいい」とカカオが入る。正直、本当に近いのはサンス(上水)なんだけど、まあいいっか。一回しか行ったことない店だから一人ですぐ行けるかわからないし、ハプチョンまで行って一緒に行くことに。

たぶん、ハプチョンとホンデの真ん中ぐらいなんじゃないかな?そこそこ歩いた気がする。

途中で「I fall in love again!」って言ったら、誰誰?って話になり、盛り上がる~~(笑)EMが「いろんな人を好きな方がいいよ」って誰か一人だけをすごく好きだと疲れるからって。そうよね、EMには私がどれだけジョンフンのことを好きか泣きながら語ったことあるからね(爆)でも、ちゃ~んと話聞いてくれたよね。EMもユン・ゲサンとデュランデュランのサイモンが大好きで楽しいけどつらくて苦しいってこともよく知ってるから。

前回来たときに行ったスーパーコプチャンの前を通り、弾き語りのお兄さんがいたコンビニでEMが買い物をするのを待ってムタクさんのお店へ。



ちょっと看板の位置が変わったかな?一応、日本語も書いてある(笑)

お店に入ると「えちゅこ~、ひさしぶり!」と声をかけてくれるけど、おいおい、日本語下手になってるね!(爆)前はえつこって言えたのに。

SHとJWは後から来るみたいだったので、とりあえずビールで乾杯!!



店内は3月に比べてちゃんとしてる、てか、あの日にオープンだったし、それまで2か月近く自分一人で店内の改装をしていたけど完全になってなくてもいいからオープンしちゃう!って感じだったので、まだ未完成だったのよね。手作り感満載ながら、それなりになってるかな。



ひとまずつまみをと思ったけど、メニューが全部手書きのハングル。それも筆ペンで書いた?みたいな感じで読めず・・・。そしたらEMがこれは日本語だよって言って読んでくれた。「ギュウスジニコミ」「マグロタタキ」なんて書いてある。

「じゃあ、ギュウスジ!」とオーダーすると、「どうして日本で食べられるものを」って言われたけど、味はまあまあかな?正直、日本よりおいしいってことはない(笑)



そして、JWとSHも到着!久々~~~!なんかこのメンバーといると落ち着くわ。


みんな揃ったところで食べ物もオーダー。



これ↓食べたの忘れてて、写真見て思い出した。もう酔っぱらってたのかな?(苦笑)



ミュージカルの感想を聞かれてソン・スンウォンがよかった!って言ったらJWはすぐにわかった。さすが色々見てるだけあるな~。



LINEカメラで色々写真を撮ってかなりはしゃいだわ~~(笑)



左から2人目の黒い服が私。

今回はみんなカミングアウトがあって、結構深い話もしたな。一番軽いのはSHが会社辞めたって話だったけど。「毎日同じことの繰り返しがいやになって」会社をやめたらしいけど、やめて半年、特にすることないから同じ会社に再就職する予定らしい。

結構ディープな話もあったけど、私が自分のことをカミングアウトするには語学力がたりませぬ。ま、いずれね。



あとからSHが送ってくれた写真見ると、私めっちゃ笑ってる!楽しそう~!


ムタクさんは一回席に来て、一緒に飲んだりしたけど、ちょっと座ると新しいお客さんが来て立つって感じで、結局落ち着いては話せなかったな。



来た記念に写真撮ってあげた↑

私がSHのおみやげに持って行ったサントリーの山崎もみんなで飲んだり、ムタクさんが80年代のブリティッシュポップス(デュランデュラン、カルチャークラブ、ヒューマンリーグなどなど)を私たちのためにかけてくれたので歌ったり踊ったり(上半身だけね)楽しく盛り上がり、JWに「オンニ、韓国でクラブ行ったことある?」って言うから「35歳以上は入れないって聞いたよ」って言ったら、おばさんでも入れるところもあるらしい。

で、移動~~~

と、ここは以前私が記憶を無くしたところじゃないの~~~??!!(笑)

その時の記事はこちら



お客さんが少なかったのをいいことに、みんなで踊りまくったね~。ここはリクエストした曲をかけてくれるので、またまた80'Sで盛り上がったんだけど、もう盛り上がり果てたら私なんてデッド・オア・アライブかけてもらっちゃったよ!ああなってくるとバブル時代を思い出しちゃうんだよね~~。たぶん踊りが古かったはず(爆)



ひとしきり踊って、またまた移動。



ここって前を通ったことある!コプチャン通りからまっすぐ来たとこだよね?

その時の記事はこちら



ここはダンスフロアがあるというわけじゃなく、みんなテーブルとテーブルの間で適当に踊ってる感じだったな。でも、DJブースはちゃんとあった。

この翌日チェジュドに行くことになっていたので、二日酔いだけは避けたいと思って、飲んでも2時ぐらいには帰るつもりだったのに結局オールですわ(笑)



ゲストハウスまで送ってもらって時間を見ると5時半・・・(^^;)

しかも、酔っぱらっていたからかゲストハウスのオートロックが何度暗証番号を入れても開かない・・・。苦戦すること30分。なんで開いたかわからないけど開いた・・・(大汗)

チェジュ行きの飛行機は夜だし、まあなんとかなるかな?

でも、ゲストハウスは午前11時チェックアウト。そのあとは1時間ごとに1万ウォンらしい。前は12時チェックアウトだったのに早くなったのね。

最初は、チェジュに行っている間も含め5泊で予約したんだけど、チェジュに2泊することになってさすがにもったいないかと思って、本当に泊まる日だけに予約を変更したの。2泊減ると約8千円。これってソウル~チェジュの往復チケット代相当だからね。

とにかく、がんばって起きるしかない!

チェジュに行く間、スーツケースだけは預かってもらうから、小さいバッグにチェジュ用の荷造りをし、スーツケースをパッキングして寝ました。


過去記事のリンク貼るために昔の旅行記読んだけど、なんかめっちゃ楽しそう~~!自分の旅行記ながら楽しいわ♪


プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。