スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘドウィグNew make upの旅:その7

カフェを出てからてくてく歩いて、ホンデのにぎやかな街の中に戻ってきて、きょろきょろしていたら、なんか見覚えのあるビルを発見?!



もしかしてここって↑、これじゃない?↓



ほんの4か月でまったく違うビルになってる!!

なんで気づいたかというと、この怪しいゲーム機(笑)



去年来た時に、「魔女カレークリームチキン」に行って、そのあとに「キム作家の二重生活」に行って、ぶらぶら歩いていた見つけたゲーム機。どう見てもニセっぽいキティちゃんとか、絶対ライセンス違反だろうなっていうドラえもんが印象に残っていて、これがここにあるってことはあのビルは、あの日本語だらけだったビルだよね?って気付いた。

ソウルってホントにめまぐるしく変わるよねー。

一人で勝手に喜んだり、写真を撮ったり(笑)二人はそんな私を置いていくでもなく、特に待っているでもなく、ちょうどいい距離にいてくれる。

で、たどり着いたのはこちらのサイチキン♪



元々、プアムドン(付岩洞)が発祥のお店みたい。

プアムドンって景福宮駅からバスで山の方に上って行くとある小さな町なんだけど、(町って言うほどまとまってお店があったりしないけど)ロケ地としても有名で、私はずっと前の2009年に「コーヒープリンス1号店」のチェ・ハンソンの家こと、サンモトゥンイに行ったことがあるけど、その頃よりもっともっとたくさんお店ができてるみたい。

当時は、コプのロケ地や、「私の名前はキム・サムスン」のサムスンの家ぐらいしか見るところがなかったような。それでも、サンモトゥンイは素敵だけど。



こちらは、このくまちゃんがお店のキャラクターみたいで、そこここに飾ってあってかわいい~。でも、食べられちゃうチキンが笑ってるのがかわいそー(泣)こっそり冷や汗とか書いておきたかった(笑)



照明なんかもいちいちかわいい。でも、お店に来てるのは女の子ばっかりってわけでもなかったけど。



最初にこのお菓子みたいなのがでてきたー。



で、ビールを頼もうとしたらEMが「クラウドがおいしいよ」っていうからそれにしてみた。正直、韓国のビールに日本のビールみたいなクオリティを求めてないんだけど、韓国では日本みたいなのを目指してるのかもね。

後ろに見える大根はチキンを頼むと韓国では必ず付いてくるやつ。ここのはレモンも入っていてなかなかおいしかった。

改めて、チメクからスタート!って感じかな?



そして、チキンの登場~~~!!こういう風にポテトを乗っけてるスタイルが最近のはやりなのかな?

チキンはもちろんおいしかったけど、ちょっと待って!さっき普通にコプチャン食べたばっかりじゃん!?どうして、そんなに食べられるの~?



このもやしのサラダがここの名物なんだって。何杯でもお代わりできるからたくさん食べて~と言われた(笑)ちょっとポン酢っぽくてさっぱりしておいしかったよ。



チキンだけでも食べきれないのに、この揚げ物たちも~(^^;)

でもチーズが入ってるのとかおいしかった!特に大学イモが後引く感じでおなかいっぱいなのについつい食べちゃったけど(笑)



また行けるか?って言われたらもう行けないけど、地図見つけたのでリンク貼っておきま~す。

サンス(上水)駅から近いんだね。

コネスト地図 サイチキン



この後、知り合いがオープンしたお店に行くことにしてて、EMに地図を見せたらすぐ近くだったみたい。

なんだか狭いところにずっといる感じだね(苦笑)

でも、このときもう12時近かったという、ははははは(^◇^;)



スポンサーサイト

ヘドウィグNew make upの旅:その6

ぐるぐる歩いてどこをどう行ったのかは全然わからないけど、到着~!

お店の詳しい場所はこんなサイトさんを見つけたので、こちらを参照してくださいませ。
SEOUL STYLEのAnthracite紹介ページ

カフェの名前はAnthracite、アントラサイトかな?英語だけど、日本語訳は無煙炭(笑)なんで「(笑)」かと言うとここは練炭工場跡をリノベーションして作ったお店って聞いてたから。へ~、そんなしゃれた名前だったのね。その時は英語の意味がわからなかったんだよね。おはずかしい・・・

ちなみにフランス語ではアントラシートかな。色の「グレイ」のことらしい。

というわけで、工場跡だから外見はこんな感じ↓おしゃれとは程遠いでしょ?



でも、中に入ってびっくり!大きなベルトコンベアーの上にレジがあったり、大きな花が飾られていておしゃれ!



コーヒーはハンドドリップです。NYでも見たようなスタイル。



何だか興味津々できょろきょろしちゃう(笑)



あ、日本人!(笑)夏目漱石先生じゃないですか~?!漱石ブレンドなのかな?なぜかは不明。



ガラスで仕切られた奥には焙煎機も。ふむふむ、ウチのより大きいから25キロかな?



このときはおなかいっぱいで見もしなかったけど、スイーツもあったよ。



メインのお席は2階ということで、2階へ。ちなみに1階にもちょっとだけ席はありました。で、注文して自分で持って行くスタイルなんだけど、注文した時にお店の人が「席はありますか?」って聞いてくれる。確保してから買った方がいいのかもね。



工場跡そのまんまな感じのだだっ広い空間なんだけど、場所によってテーブルやイスの感じがちょっと違っていて面白い。ど真ん中に元工場の扉を使ったソファー席があって、そこが一番いい席みたい。EMによると、前はそのソファーでゴロゴロしながら友達とのんびり過ごせる憩いの場所だったらしいけど、SNSで広まっちゃって今ではいつ来ても混んでるからあまり来なくなっちゃったとか。



あえて画像明るくしてみたけど見えるかな?↓工場の時の天井をそのまま生かしてて、ハリがむき出しなんだけどそれがいい感じ♪



SHはホントはテラス席に行きたかったみたい。2階にテラス(屋上)席があるんだけど、そこだとタバコが吸えるんだって。ソウルは店の中でタバコが吸えなくなっちゃったから、喫煙者にとってはありがたいお店なんだろうね。でも、夜7時とかだったと思うんだけど、それ以降はテラス席はクローズになっちゃう。なんでかっていうと、このお店って住宅街のど真ん中にあって、近隣の住民から苦情が出てるみたい。だから夜は外にお客さんを出さないようにしたんだね。

私たちは4人で座れるテーブル席へ。



ハンドドリップだと豆の銘柄で選ぶんだけど、私はエチオピアのコーヒーにしてみた。お味も温度も結構いい線いってます。

ここではまったり過ごしていたんだけど、ここに来た頃から借りてたWi-fiがまったくダメになった。部屋を出る直前まで充電してたし、意味がわかんない。あっちの友達と一緒のときはテザリングしてもらえば済むことなんだけど、お金出して借りてる以上「使えないけどいいや」とはならないので、SHに電話してもらった。

電話で指示される通り、simカードやバッテリーを抜き差ししたけど、それでもダメ。結局は「土日はオフィスが閉まっているので、交換などはできない。2日間使えなかったということで、4日間借りた分から2日分を無料にします」という回答。これって、私だから(ソウルに友達いるし、ソウルに何度も来て慣れてる)いいけど、お金払わなければいいってもんじゃないよね?

仕方なく、これ以降は行くお店お店でWi-fiのパスワード教えてもらっていたけど、一番困るのは歩いている時とか地下鉄乗ってるとき。全然使えなくなっちゃう!次回来るときはポケットWi-fiを借りるんじゃなくてsimにすると思うからもうこんな目には遭わなくて済むと思うけど、結構迷惑!


そんなことをしていたら、EMが「あの人、YBの人だよ!」って。

席を探してきょろきょろしていた人がYBのベーシストだったらしい!え~~~!!??

実は前日のヘドウィグで、私の前がベーシストの立ち位置だったんだけど、最後私が号泣したからか、カーテンコールの時に私の前に来て手を合わせて(拝むように)頭を下げてくれたんだよ~。ああああ、話しかけたい!!

彼が座った場所はちょっと離れてて、顔は最後まで見られなかったけど、言葉さえペラペラなら挨拶に行きたかったな~。「昨日、最前列で見てました」って。ミーハー心のわかるYJなら絶対「行きましょう!」って一緒に行ってくれただろうな。EMとSHは常識ある大人だから仕方ない・・・。

*余談だけど、この翌日のヘドウィグの時も最前列じゃなかったけどちょうど同じ場所の4列ほど下がった席で見てたので、ベースの彼とはやっぱり目が合い、私の勝手な解釈だと「あ、また来てる!」的反応だったように見えたのでやっぱり話しかけなかったことは後悔。


そんなこんなでまったり過ごし、じゃあまた飲みに行こう!と席を立ち、最後はトイレへ。

実はここのトイレ、店の入り口を出た外にあって、一瞬「また汚いトイレかな?」と身構えたけど全然そんなことなくてキレイだし、色々飾ってあってかわいかった~。写真だとそう見えないかな?(^^;)おしゃれな雑貨屋さん的な感じだったよ。

でも、問題はこれ↓



なんで2つ並んでるの~~?!

EMが「ここは中に2つあるから一緒にしよう!」って言ってきたけど、冗談だよね?(苦笑)結局は1人でしたけど、「次は一緒にね」と言われました(汗)

せっかく2つあるのに、1人ずつしか使えないから並んじゃうんだよね。広さは十分あるから間に仕切りを付ければいいのにな。


というわけで、私たちはまたホンデの街に繰り出しましたとさ♪

ヘドウィグNew make upの旅:その5



ハプチョンの6番出口で5時半に待合わせ~。

みんなへのおみやげもちゃんと持ってきた。今回は色々悩んだ末に、EMにはコーヒーと100均で買ったかわいい柄のジップロックや文房具、SHには日本酒とコーヒー、そしてカップヌードルカレー。GWには蒟蒻畑とブラックサンダーとコーヒー。そして三人ともに袋めんのとんこつ味。

前回はおみやげが重すぎて萎えたのでちょっと考えた。MJにはやっぱりビールを飲ませてあげたくて、日本から桜バージョンのビール6本持って行ったけど(笑)あとは、柿の種と無印の除光液。そして、MJオンマには蒟蒻畑とコーヒーとやっぱり100均のジップロックやスポンジなどキッチン用品にしたんだけどすごく喜んでくださったそう!よかった~!!

ちなみにYJはこの翌日から東京に行くのを知っていたのでお菓子だけにしておきました。



さてさて、待っているとすぐEMがやってきた!同じ時間に待ち合わせたSHは仕事が終わらないみたいで少し遅れるとのこと。

少しだけ歩いて右に曲がるとそこからはたくさんのカフェやかわいいお店がいっぱい!へ~、ハプチョンってこういう感じだったね。

EMが、ハプチョン、サンス、ホンデ、シンチョンでホンデエリアだからって説明してくれる。で、ハプチョンでホンデエリアに入りたければ6番出口だよって。


ちょっと歩いていたら目の前に歩いている三人組が目に留まった。

何なの、この子たち?実際、顔はまったく見られなかったので、どんな子たちがわからなかったけど、後姿を見る限り、ちょっとその辺の普通の男子じゃない!なんだか、ストレートの髪の子がテギョン、金髪の子がジェルミ、もう一人がシヌに見えてきた(笑)(はい、「イケメンですね」です)



ちょっとでも抜かして顔を見たかったけど、どうにも追いつかないので、せめて写真だけと思って撮ってみたけど、気になるな~!



で、EMが「コプチャンは?」というので食べに行くことに。すごくおいしくて有名なお店があるんだけど、いつも混んでるからあんまり混んでたら他にしようって。

実際行ってみるとお店は大混雑。しかも店の前の道に少なくとも6,7人は待っていた。正直、ソウルで食べるコプチャンなんてどこで食べても日本よりおいしいんだから、他の店でいいよ!って言ったら、目の前にあるスーパーコプチャンってお店に行くことに。

この写真は、店を出た後撮ったので暗いなー。店の前の外席に人がいっぱいだけど、私たちが着いたときはまだ外は人がいなくて、店内も数組。明らかに向かいの店と比べると人気な~いって感じだったけど、結局後になったらこちらもかなり混んでました。



これが、店内に入ってすぐの写真。まだ外が明るいね。



オーダーしたのはモドゥン(全部)。テッチャン、マクチャン、コプチャンかな?

最初におかずがやってきて、ひっさしぶりのレバ刺しちゃん♪♪♪おいしかった~~!しかし、EMはレバ刺し食べないし、あとから来たSHはなんとコプチャンと一緒に焼いてたよ!!もったいない!!

この鍋に入ってるのはムール貝だったけど、これもすごくおいしかった!!あとはキムチ、ニラキムチ、玉ねぎの甘酢漬けみたいなの。



エプロンはスーパーコプチャンだから、スーパーマン的な(笑)ちなみに、私のはマークがはがれてなくなってたけど。



ビールはまたhiteしかないってことで、仕方なくhiteに。写真は撮ってないけど、これじゃおなかいっぱいになるばっかりで酔わないから1本飲んだあとはチャミスルに変更!



キッチンの外側にあるコンロである程度作ってから持ってきてくれま~す。



じゃじゃ~~~ん!!最初はこんな感じ。ジャガイモ、玉ねぎ、そしてトック(お餅)が一緒。

手前にある黒っぽい色のがハツらしいんだけど、これは最初からできてるので、これを食べて待っててくださいって言われた。



最終形はこんな感じ↓



こうなる前にSHもやってきた!SHとEMはちゃんと会うのは1年以上ぶりのはずだけど、さすがSH!至って自然に、優しくしてたよ。よかったよかった!

この段階では、EMは昼間飲んだお酒が抜けてきたところだったみたいであんまり飲まず、SHも前の日の酒が残っているとかで、チャミスルをコーラで割って飲んでいたので、私もちびちび。おかげでそんなに酔わなかったかな?

でも、コーヒーを飲んですっきりしたい!っていうので、この後コーヒーを飲みに行くことに。「うっそ~~ん」って思ったけど、「コーヒーでリセットして、そのあと朝まで飲もう!」ということらしい。

最後に〆のごはんは?って言われたので「スルイッスミョン パプピリョオプソ」(酒があれば、ごはんはいらない)と言ったら大うけ!うんうん、ハングルの勉強も少しずつ身になって来たかな?(笑)

というわけで、ここから少し歩いて彼らお気に入りのカフェに移動しました~。

【追記】

お店紹介ではないけど、歩いたあたりとスーパーコプチャンがちょっとだけ出ているのを見つけた!

ソウルナビの記事はこちら



ヘドウィグNew make upの旅:その4

2日目。

この日は昼過ぎまで寝て、シャワーを浴びてから部屋を出発!

まずは、いつもの屋台で遅めの朝食にキンパプとおでん汁♪



おでん汁はホントに元気出るな~!前回の失敗を生かして、今回は行ってすぐ注文→食べてから会計で成功!

おでん汁は3杯も飲んじゃった。


この日は夕方から友達に会う約束があったので、買い物を済ます。

友達から頼まれたイニスフリの化粧品と、母から頼まれたシャンプーを探しにGOGO!



この日はホントにあたたかくて、気持ちのいい日で、新村の街にも人がたっくさん出ていて、ホントは一人でしばらくぶらぶらしたかったけど、買い物を済ませて部屋に置きに行く時間を考えるとちょっと急がなくちゃ。夕方5時の約束だったし。



新村の駅前のビル。前はちょっと古めかしいお店で日本で言ったら西友とかダイエーみたいな洋服なんかも売っている店だったけど、いつの間にかリニューアルしていて、上には食べるところもあるんだね?!いつかチャンスがあったら行ってみよう~。



そうそう、1階はSPAOなんだけど、いつの間にSPAOってAOAになったの?ずいぶん出世したんだね~。デビューの頃からはちょっと想像できない展開。


友達に頼まれてたイニスフリはすぐに見つかって買えたけど、問題は母に頼まれたミジャンセンのシャンプーだった。オリーブヤングがあったから入ってみたけど、ロレアルとかそういうのしか売ってない!ダメ元で駅直結のマートに入ってみたけど、食料品以外はほとんど売ってなかったのであきらめて地下鉄に乗ってハプチョン(合井)へ。

このところ、新村、ホンデ、ハプチョン(合井)、サンス(上水)あたりで遊ぶことが多くて、いつも徒歩移動なんだけど、行ったお店を後で調べたりしていた時にハプチョンにホームプラスがあるのを地図で見たの。

改めて地図でハプチョン駅を見てみるとやっぱりある!9番出口直結。

ハプチョンっていうと、私にとってはジョンフンと会ったサムギョプサル屋さんがある場所って感じで、あそこにホームプラスがあった気がしなかったんだけど、行ってみるとどうやら地下みたい。



駅直結で便利!!母に頼まれたミジャンセンのアンチエイジングシャンプーはもちろん買えたし、お菓子売り場をぶらぶらしておみやげになりそうなものもゲットできた。

ホントはゆっくり見ていたかったんだけど、突然EMからカカオの無料電話が!EMとは夕方5時に会う約束はしていたけど、場所とかは決めてなかった。

実は日本を発つ前も電話きたんだけど、仕事中だったのと、一体何語でしゃべれば?って一瞬躊躇してカカオでチャットすることになったんだよなー(苦笑)EMは日本語まったくダメ。話すときは英語とハングルまぜこぜでしゃべってるけど、電話だときつい~。

でも、この日はもうハングルで話すのも慣れていたので、すぐに電話に出た。「オンニ~ オディイッソ?(おねえさん どこにいるの)」というので「ハプチョンヨ!ホムプラス」と言ったら、5分で行く!ってすぐにやってきた。

おいおい、私の貴重な時間!って思ったけど仕方ない。急いで会計を済ませ、レジを出たらもうEMがいた(笑)よく考えたら一緒に買い物付き合ってもらえばよかったのかもね。

とりあえず、のどが渇いたのでカフェに移動。


この日は、EMと他にSH、GWというメンバーで会う予定だった。2年ぐらい前からEMがその二人と疎遠になっていたみたいで今回私が「一緒に会わない?」と提案して一緒に会うことになったんだけど、実際はあまりに久しぶりだったのと、たぶんEMの方から距離を置いていたみたいで、彼女は会うのが怖ったみたい。私に会ったのはまだ4時ぐらいだったのにもうお酒を飲んでいて、しかも今までの経緯を説明し始めたらぽろぽろ泣き始めた。飲んで勢いつけないと会えない気持ちだったのかな?とにかく「大丈夫だから」と抱きしめて慰める。

そんなことがあって、約束をちょっと遅くしてもらい荷物を置きに帰ることに。またハプチョンで待合わせ。

ハプチョン駅の構内にFACE SHOPがあったので、会社の女子たちへのおみやげにこれを購入↓



前の日にYJが私とMJにくれたんだけど、かわいい~~!って思っておみやげにしたかったの。これ、パッケージがとにかくかわいいからと思って買って行ったけど、実際はマスク自体に顔がプリントされてるみたい!日本でも最近見る歌舞伎メイクのシートマスクみたいな感じ。

おもしろいけど、これ韓国好きの人以外には「おもしろいキャラクターですね」ってだけの反応だったので注意かも?(笑)ちなみに、ミシャではLINEのキャラクターのがあったので、日本ではそちらの方がウケるかな?



ちなみに、ホームプラスで買ったお菓子はこれ。6個入って300円ぐらいだったか。パッケージにシン・ミナがついてま~す。シャルロッテショコラタルトかな?結構おいしかったです。

というわけで、ハプチョンから新村へは2駅。駅に近いのですぐに部屋に戻り、荷物を置いて着替え、ちょっとだけ休んでから出発しました♪

ヘドウィグNew make upの旅:その3

そういえば、残念ながら今回はソムン・タクさんには会えなかった。

というか、ユン・ドヒョンさんに会えて、あれだけのファンサしてもらったらもう満足してその場を離れちゃったので(笑)

一緒にいた他の方たちも全員撤収してたしね。バンドの他のメンバーも降りてきてなかったので、もしかして待っていたら来たのかもしれないけど、まあ、今回は縁がなかったってことと、前回お会いできてお話もできたんだから夢は一応叶ってるんだよね。2007年のイツァークで初めて見たときからファンで、日本公演も見たってこと、CDも持ってて大好きってこと全部伝えられたんだから。

で、私たちはヘファから地下鉄でホンデに行きました。

「何が食べたいですか?」と言われたので「お肉」と。だって、前回のソウルではよく考えたらいわゆる焼き肉の類は食べられなかったんだもん。やっぱり食べたいよねー。ソウルだし!

MJが店を選んでくれて、やってきたのがここ。



そう、セマウルシクタン(食堂)です。周りが真っ暗でよく写ってないけど。

今や新大久保にもあるけど、やっぱり本場は違う気がするなー。ここってもしかしてフランチャイズなのか?お店によってかなり雰囲気違うと思う。前に行った明洞のお店は働いてるのが全員おばちゃんだったけど、ホンデのお店は全員おにいちゃん。

で、新大久保では食べられないお肉メニュー!!(新大久保ではお肉の種類が限られてます)



この日はとにかくブタちゃん、食べま~す!残念ながらビールはhiteしかなかった。



もう1種類はこのお肉。こっちが普通のサムギョプサルかな?



YJとおしゃべりしている間に、MJが一生懸命チョキチョキしながら焼いてくれました!ちょっと大変そうだったけどね。ごめん~

左奥に見えてるのがセマウルシクタン名物の7分キムチチゲ。セマウルシクタンと言えば、7分キムチチゲとヨルタンプルコギでその二つは新大久保でも食べれる。



キムチチゲは結構細かく切り刻んであって、これをごはんにかけて、海苔を乗せて、まじぇまじぇして食べる♪おいしいけど、これ食べると結構おなかいっぱいになっちゃうから、私は味見程度。



しかし、ビールだけ飲んでても酔わないのでかなり悩む・・・。冷蔵庫を見てもマッコリのビンは見えなくて、わざわざYJに聞いてもらったけどないって。しかも「5年前から置いてません」って言われてた。韓国の人ってマッコリってあんまり飲まないのかな?あれは若者の飲み物じゃないんだろうか?

チャミスルは嫌いじゃないけど、以前一人で丸1本飲んだらものすごく酔っぱらってしまったことがあって、それ以来は飲むことがあってもなめるようにちょっとずつにするようにしてる。でも、それじゃ酔わないんだよね・・・。

悩んだ末に、その隣にあったチャモ(グレープフルーツ味の焼酎)をオーダーしてみた。

でも、やっぱり甘い!で、甘いから食事に合わないー。もちろん最後まで飲んだけど。

ここでは一気に食べて、「ペブロ~~」(おなかいっぱい)と言いながら他の店に移動~。


そんなに離れてない場所だけど、お店の前にマッコリの写真が出ていたので、間違いだろうってことで入店。

ありました~!で、やっぱりcassとミックス!私的には黄金の組み合わせ~。これが一番飲みやすくて、一番おいしいと思うんだけど、なかなか賛同してもらえません(苦笑)



もうおなかいっぱいだったんだけど、こういうところって食べ物頼まないでお酒だけってダメなのかな?二人が気を使ってキムチチヂミを頼んでた。

おいしかったけど、もうおなかいっぱいでたぶん2口ぐらいしか食べてない(笑)



このお店、たぶん前は数え切れないほど通ったと思うんだけど、なかなか居心地よかった~。お客さんは若い人ばっかり。男女のグループが多かったかな。



料理を作っていたのはハルモニ(おばあちゃん)で、韓国的にはめずらしいことじゃないのかもしれないけど、深夜2,3時におばあちゃんが料理を作っていたり、客席で休憩したりしているのを見るのは日本人的いはちょっと切ない感じ。でも、従業員の若いおにいさんにまかない出している姿なんかは、ああいう人がいるとスタッフも和むんだろうな~って思っちゃった。

ソウルには何回も来てるけど、こういう文化の違いみたいなものはまだまだ新しい発見があるね。



実は前回来たとき、ソウルのトイレ事情(要するに紙を流せないこと)がつくづくイヤになって、今回は絶対キレイだってわかってるトイレ(劇場とかね)しか入りたくなかったけど、このお店も店自体は新しいわけじゃなかったけどトイレはちゃんとキレイで安心~。しかも、トイレに行くたびに若いイケメンのおにいさんと会ったりしてなんかウキウキ♪

飲んでるうちに翌日ホンデでお店をオープンさせる知り合いも合流。午前3時ぐらいだったかな?

もっと飲んで騒ぎたい感じだったけど、この日はそんなにはじけず終了~(笑)

ホンデの、それも駅の近くにいたから部屋まで歩いて帰るって言ったら妹たちが心配して一緒に来てくれた。正直、歩いてた時のことは半分ぐらいしか覚えてなくて、我ながらよく道に迷わず帰って来たな~って感じだけど、ゲストハウスの前について「ほら、大丈夫だったでしょ?」と言ったら、二人とも「ここまで一人だったら危ないですよ~!」って。そうかな?それは若いヨジャだけじゃない?

ソウルで飲むと、みんな送ってくれるから申し訳ない。でも、ありがたいことだよね。

というわけで、この日は5時まで飲みました!



ヘドウィグNew make upの旅:その2

さて、劇場に入るとこんなセットが!

韓国の劇場ってこういうのがホントに楽しいし、盛り上がるな~。





カップルや友達同士、みんな楽しそうに撮影してた。私も「撮りましょうか?」って言われたけど、写真ホントに苦手なので・・・。

上の階に上がっていくと、お約束のこれもちゃんとあった↓





この辺は開演前は人でいっぱいだったので、終演後しばらくしてから撮ったけど。



しかしこれなんて、せっかく撮ったエレベーターはユン・ドヒョンのじゃないし・・・(^^;)
チョン・ムンソンとチョ・ジョンソクかな。

サインもらいに行くので気がはやっていたから仕方ないけど(笑)


開演10分前に着席。

今回はOP席(普通の席の前に2列だけある)の1列1番だった。舞台は撮影禁止だったけど、始まる前にちょっとだけ。

撮影して劇場スタッフさんに声かけられてる人はいたけど、削除とか取り上げとかはさすがになし。ヘドウィグは今までもそうだけど、基本撮影はすべてNGで、カーテンコールももちろんダメ。



NYの装置をさらに派手にした感じかな?NYでは車は1台だけだったのに、こちらでは山積み(笑)


開演予定時間を少し過ぎて、バンドメンバー登場!今回、ユン・ドヒョン出演回はバンドメンバーもYBなの!!

で、イツァーク(韓国語的にはイチュハクだけど)が登場!ソムン・タク~!!今までとは違うイツァークのふん装で髪型のせいもあってなかなかのイケメンぶり♡

「Ladys and Gentlemen HEDWIG!!!!!」のセリフの後、ヘドウィグ登場はなんと前と変わらず客席後ろのドアから!!!それも、しっかりマントもあり!!!

実はブロードウェイ版では、ジョンは舞台の上からつるされて降りてきた。しかも、マントはなく、ちょっと宇宙的というか、チャイナ服っぽいというか(全然ちゃんと説明できないけど)そんな感じの衣装で、降りてきてそれを脱ぐんだけど、あのマントと場内からの登場がないのってやっぱりちょっと寂しいなって思っていたところ。

私がいたのとは反対側の通路を通ってきたので、すぐそばでは見られなかったけど大拍手の中、ゆっくりと歩いてくるヘドウィグを見たらやっぱり鳥肌が!!!

で、ステージに上がると「誰も立たないの?立ってもいいわよ」的なことを言ったのでみんな一斉に立ち上がる!

そうそう、韓国のヘドウィグはカーテンコール以外誰も立たないのが私的にはちょっと不思議でもあった。韓国のコンサートではではアンコール以外は立たないのが常識って最近聞いたんだけど、そういえば私の行ったコンサートはすべてオールスタンディングだったからなー(笑)

みんなノリノリで手拍子しながらTear me downを聞いて、「叫んで~~!」と言われキャ~~キャ~~~言ってたら「ああ、やっぱり来てよかった!!」と心から思った。

でもでもでも、問題はここからで、やっぱり思った通りというか、これはもう仕方なんだけど、ちょうど1年前の2015年3月にNYでホントのヘドウィグ、ジョン・キャメロン・ミッチェルを観ちゃった私は、やっぱりどこか集中できなかった。

何を見ても、何の曲を聴いても、頭の中にはジョンが浮かんできてしまって、「ああ、ジョン、ジョンに会いたい!」って気持ちでいっぱいになってしまう。

もちろん、ユン・ドヒョンがダメとかそういうわけじゃないんだけど、さすがにジョンのヘドウィグには誰も勝てないし(だって彼はヘドウィグそのものだから)比べるとかじゃなく、フラッシュバックみたいにジョンのこと、NYのBelasco Theaterのこと、Sugar daddyを手渡してくれたジョンの笑顔・・・もう舞台とは関係ないことで頭の中がいっぱい。

やばい、やばい、そうじゃなくて、これ見に来たんだから!と舞台に集中!

Origin of loveの前の子供の頃の話のシーンでは、「テレビで『ジーザスクライストスーパースター』をやってて」て言うくだりがあるんだけど、そこでユダの歌もちょっとだけど歌ってくれた!前にユダやったんだよね。見たかったな~。こういうのが韓国ミュージカルって感じ。色々てんこ盛りなんだよね。

途中ぐらいからやっと集中してきて、舞台に見入っていた私。OP席1列はステージとはちょっとだけ離してあるけど、見るためには適してない場所なのでずっと見上げてる感じ。

目の前には何度もヘドウィグがやってくるからもうずっと目でというか、顔で追ってる感じになってた。

そしたら、途中でヘドウィグが私の前へ。私も見上げた状態でガン見していたんだけど、次の瞬間「あっ!!!」って気付いた。これって、口から水を吹きかけられるやつ??!!

予感は的中して、私一人に集中砲火(火じゃなくて水だけど)を浴びる(笑)ま、聖水ってことですね。

あんまりびっくりしてとっさに頭を下げて、腕を頭の上でクロスしてガードしたんだけど、その様子がおかしかったらしく、ドヒョンヘドが私を指さしながら何やらお客さんに説明し始めた。「イェップン オンニガ~」はわかったけど、あとはわからず。「そうでしょ?」って感じで私の顔を見たけど、笑顔を返すしかできず残念!!う~~ん、言葉の壁は厚いよ~!!(>_<)

私が、目の前に来るまで彼のことをじーっと見上げていた顔までまねされてしまい赤面。でも、めっちゃ記念になったよ~!

ヘドウィグの舞台って、前半と後半で雰囲気がぐっと変わる。後半に行く前にヘドウィグが一旦舞台から下がって、その間を持たせるためにイツァークが歌ったりするんだけど(注:これって韓国版だけなんだけど)、今回はソムン・タクがかなりじっくり1曲聴かせてくれました!!英語の曲ってことしかわからなかったけど、ホント歌うまいな~っていうのを堪能できてちょっとしたミニコンサートみたいだった。

で、後半は衣装替えしてまたまたかわいいピンクのガウン、脱いだら下は金ぴかのミニドレスだったりで、衣装も楽しめました。ちなみに、前半はNYでジョンが着ていたのと似たGジャンの袖を切ってリメイクしたような衣装に結構似せてた。

後半ではトミーを自分の片割れと気づいたところぐらいからなんだか切ない感じになってきて、そのままぐ~~~っと持って行かれた感じ。

2009年にドヒョンヘドを見た時も前半はそうでもなかったのに、後半ですっかり持って行かれちゃったんだけど、また似たような感覚だったかも。

最終的にはMid night radioで途中からもうなんだかわからないぐらい胸が熱くなってきて、やっぱり泣いてしまった・・・。もうね、なんとうか、「ヘドウィグ以外にこんなに私の胸を熱くするものは他にないよ」って降参したような気分だった。誰がというより、もう「ヘドウィグ」が好きなんだと思う。もちろん、ジョンが最高峰なんだけど、あれを再現してくれるなら私は相手が誰でも一瞬でトリップできるのかもしれない。(ま、以前ダメダメ過ぎた某俳優さんのバージョンではかなりしらけたけど)

最初の「ソヌン トゥロ~~~」から最後の最後までずーっと右手を挙げて、放心状態で泣いてしまった・・・。

最後は、韓国ヘドウィグではお決まりの長~いカーテンコール。ここではみんな立ち上がって、こぶしを振り上げたり、ジャンプしたり、めっちゃ楽しかった~~!!

あんまり年齢のことは気にしたくないけど、この年になってもこんな風に踊って、叫んで、盛り上がれるって幸せだな~ってしみじみ。

終わってユン・ドヒョン、ソムン・タク、そしてバンドのメンバーが去って行って、「ああああ~~~、めっちゃ最高!!!」って心から思った!

ただ、残念ながら2009年に見たときのようなフォーリンラブはなかったなー(笑)なぜかわらかないけど。前回ユン・ドヒョンのヘドウィグを見た後は完全に目がハートになっていたと思う。2014年のダヒョンさんも。

で、満足しながらも、2人も友達を待たせているのでまずはあわててトイレへ(笑)そして、出てすぐにプログラムを購入。始まる前はギリギリに会場に来たのでプログラムもMDも見る余裕なかったんだけど、サインもらうならプログラムはないとまずいので。

余談だけど、前に並んでた若いカップルがポッポしまくりだったのがかなりうざかった(苦笑)


私が見ている間に、もう一人の友達YJも来てくれていたので、急いで1階のスタバへ。

この劇場も初めてだし、どこで出待ちすればいいのかわからなったけど、まあ、なんとかなるだろうと(笑)大抵いつも周りの状況見て動いているとうまく行っていたし。ただ、ブルースクエアだけは失敗だったけど。でも、オク・ジュヒョンに会えて、サインしてもらって失敗ってことはないかな?

でも、今回はYJがいたので話は違って、行くとすぐに「駐車場行きましょう」となった。

私が見ている間にネットで色々調べてくれた様子。もし駐車場に行ってそれらしき人(ファン)が誰もいなかったらまた考えようと。地下に降りていくと、車で観劇に来た人がほとんどだったけど、どうやら誰かを待ってる?という人たちもちらほら。

とりあえず待つことにすると、すぐにYJがその人たちに話しかけに行ってくれた。やっぱりユン・ドヒョンのファンの人たちみたいで、その人たちも何かがわかってそこにいるわけではなかったみたいだけど、そこで待つことに。

しばらくすると、数メートル離れた場所にも何人か待っていて、その人たちの会話を聞いていてMJとYJが「あの車がユン・ドヒョンの車みたいです。ここで間違いないです」と。

すごいな~~!ていうか、言葉わかると強いな~。当たり前だけど(笑)

「なかなか来ないね」って言いながら待っていると、バンドのメンバーが降りてきた。ギタリストの人!Mnetの「ユン・ドヒョンのMUST」で一緒にMCやってた人だから私も知ってる!

すると、さっきまで隣で待っていた人が駆け寄って行ってハグ!どうやら前からのファンの方らしい。私に別にYBファンというわけでもないので、ただ見守ることに。

その後、少しして男の人がやってきた。YJが「マネージャーですよ」って。なんでわかるの?さすが長年の追っかけ活動のたまものだね!(笑)

そして、劇場の階で止まっていたエレベーターがゆっくりと降りてきた。

出てきたのはユン・ドヒョン!!

でも、前髪でちょっと顔を隠し気味、そして何かバンダナみたなものでマスクみたいに顔半分を隠してる。もしかして、ファン対応とかしないんじゃ?

そう思って私は動かないでいたんだけど、すぐにYJが「行きましょう!」っていうから、3人して車のそばへ行ってみた。

さっきバンドメンバーとハグしていた方はまたユン・ドヒョンともハグして、プレゼントを渡していた。彼もその方を知っているみたい。

新参者というか、ユン・ドヒョンファンってわけじゃないんだけどいいのかな?なんて思いながら遠巻きに見ていたら、「サイン アン○○」って聞こえたので、ダメなのかな?と思ったんだけど、「アン」って「アンドゥエヨ」とかの「アン」?と思ったら、「座る」の「アン」だったよう。車の助手席に座って、順番にサインしてくれることに!

もちろん、一番最後でいいんですって思っていたけど、押しの強いYJが「日本から来ました~~!!」って言ってくれて、周りも「ええ?!日本人?!」みたくなり、順番に入れてくれた。

ドヒョンさまの前に行く直前、YJに「2009年にも見ましたってなんていうの?」と聞いたら、ハングルで教えてくれたんだけど、「ああ~、無理無理!一緒に来て~!」とお願いして、通訳してもらうことに。



サインしてくれてる間に「2009年も見ました」って言ってもらったら「おお~~」って言ってくれて、そのあと、「さっきは、水をかけてくれてありがとうござますって言って~!」ってYJに頼んだら通訳してくれ、ドヒョンさまが私の顔を見て、「あ~!」って思い出してくれたみたい。



そして、日本人だって言ったので「ワタシタチハ カンコクノバンド YBデス」って言ってくれて感激!!!もちろん、わかってますよ~~~!

サインに添えるために名前を聞いてくれたんだけど、文字が違ったようでMJとYJが一気に「『イツコ』アニ、『エツコ』ヨ!」と訂正を入れる(苦笑)私の名前って韓国人的にはすごく難しいので、今までも正しく書いてもらえたことなんてほぼないけど、その間違いが思い出になるから直さなくてもよかったんだけど。でも、あとで彼女たちに言ったら、韓国人としては名前の間違いってあってはならないことらしい。



そして、一番前に座っていたって言いたくてチケットを見せたら、それにもサインしてくれた~♡



もうこんなに独占していたら悪いと思ってどこうとしたら、YJが「握手!握手!」って私を押し戻してくれたので、握手まで!!

その後、待っていた人たちが次々にサインをしてもらっていて、その中の人が一緒に写真撮ってくださいと言ったみたい。そしたらYJが「あ~、エツコさん、写真って言えばよかったのに!」って。いやいや、そこまでできないよ~(汗)

そしたら、結局みんな撮りましょうってことに!で、またまたYJが「エツコさんとも撮ってください~!」って後ろから言ってくれたので、私も一緒に撮ってもらえました(≧▽≦)



実は、この間ずっとMJとYJでビデオ撮っててくれて、サインしてる間の会話から、ツーショット撮ってもらってる様子まで全部動画になってた!!さすがYJ、だてに何年も追っかけしてないな~って感動してしまったけど、ホントどんだけお礼を言っても言い足りないよ!今回1列目のチケットもYJが取ってくれたし、これからは先生と呼びます(笑)



待っていたファンみんなとサインし、ツーショットを撮った後はドヒョンさまから挨拶があり、(新しいHPのことだったみたい)「オヌルン ヨギカジ(今日はここまで)」と言って、その場にいた全員ともう一回ずつ握手してから車に乗り込んで、最後は窓を開け、みんなに手を振ってくれるとこまでのファンサービス!!ホントにすごい~~!!

YJとMJも「私たちもファンじゃないのに握手まで」って感激してて、そこから駅まで「かっこよかった~~!!」言いながらきゃ~きゃ~歩いて行ったけど、途中でまた急にお話ししてた時の顔とか思い出して「あ~~~~~~!!!!(≧▽≦)」って叫んだら、YJが「久しぶりのファン活動でしたね!」って。

YJとはこういうミーハーな気持ちをすごく共有できるんだよな~。2010年のFTライブで出会ってからの不思議な縁だけど、これからもずっとずっと関係は続いていくよね!!

今回はまさかツーショットとかできると思ってなくて、せめてサインしてもらっているところを撮ってもらおうと二人に劇場まで来てもらったんだけど、想像以上の展開にホントびっくりだった!


このときはもう23時半ぐらい。ペゴパ~~って言いながら、地下鉄でホンデに向かいました。



ヘドウィグNew make upの旅:その1

2016年3月18日から21日までソウルに行ってきた~!

今回はANAのマイルでアシアナ便をゲット。燃油サーチャージ&諸税で6630円。
宿はいつもの24ゲストハウス新村がagodaで3泊14893円。
合計21523円なり。


今回は行きが成田12:30p.m.発の仁川着、帰りが金浦8:40a.m.発の羽田着便。

前回成田に向かうのに色々試行錯誤した結果、都営浅草線の普通快速で行くのが一番安くて便利とわかったので、今回は迷わずそれで。

Yahoo!の乗り換え案内を見て行ったけど、三田での乗り換えが結構ギリだった。三田線の一番遠い車両に乗っちゃったのが原因みたいだけど、次はもうちょっと余裕見た方がいいかも。

成田へは1時間半前でいいかと思ったけど、結局は2時間前に着く時間に出たので心にも余裕あり。いつも海外へ行くたびに緊張して搭乗までずっと心のどこかで焦っているんだけど、今回は心なしか余裕がある。


チェックインするためにカウンターに向かうと、連休前だからか思いのほか混んでいる。やっぱり早く来てよかった!

実は前日パッキングをしていて悩んだことがあって、グランドホステスさんに質問してみた。

それは「スプレー缶は荷物に入れてもいいのか?そして、どのぐらいの量までならいいのか?」ということ。でも、聞いてみたらハッキリわからないみたいで、結局空港職員の方に聞きに行ってくれた。

答えは「預ける荷物に入れてもOK。量は1人2リットルまで」

な~んだ。小さなヘアスプレーぐらい入れてもよかったんだね。いけないような気がしていたけど、入れてはいけないのは手荷物の中だったみたい。

荷物を預けてから、忘れてしまった目薬を買いにドラッグストアへ。でも結局帰国後荷物の中から目薬発見!って、よくある話ですわ(笑)

朝は緊張して何も食べられなかったので、ここでSubwayに寄ってちょっとだけ食べる。

あとはすべて予定通り。

私が乗ったアシアナ便はなんと4社のコードシェア便だった。アシアナとANAはよくあるけど、ユナイテッドに、エティハド?その割に小さい飛行機だったけど(笑)



今回も座席はAにしたんだけど、上空に上がってからはずっとすごい霧?雲?が立ち込めていて下はな~んにも見えず。

やっと切れ間から下が見えたらこの景色。もう富士山は過ぎてしまっていて残念・・・。しかも、この後また真っ白に何にもなってしまって何にも見えなかった。



機内食は今回カレー。またまたコチュジャンのいらない食べ物(苦笑)朝だけどしっかりビールもいただきます。

隣に座っていた女性は特別機内食のフルーツミールだった。これ、誰かのブログでも見たことあるけど、私は無理だな・・・。



今回の機体はホントにボロくて最悪・・・。なんとテーブルも壊れていたんだけど、CAさんは「大丈夫ですよね?」って。変えてもらえる席もなさそうだったし、隣の方にも迷惑になるので、傾いたテーブルでビールをこぼさないように食事を済ませたけど、これってどうなの?

韓国の友達に話したら、アシアナで同じことがあったらしく、「これじゃ無理!」って言ったら膝にブランケットを敷かれて「これで使ってください」って言われたらしい。あはは(^^;)

もう一つ誤算だったのは、スマホを充電できるUSBポートがなかったこと!成田までって結構長いからすでに充電が半分ぐらいだったのを「どうせ機内で充電できるから」と空港では充電しなかったのに!

機内のエンターテイメント誌も私の席にはなくて、仕方なくチャンネルをぐるぐる変えて、最終的には「マイ・インターン」を見ていたけど、画面も見ずらいし、こんな古い機体はもうやだな~。



と、色々あったけど、予定より少し早く仁川に到着!

荷物もスムーズに出てきたし、あとはコネストから予約したWi-Fiを借りるだけ。

でも、SKに行くとすごい人だかり!予約しているとは言え、並ぶしかないのか・・・。順番の紙を取って、コンビニに行き、飲み物を飲みながら順番待ち。

ところがやっと順番になったら私が並んでいたのはOllehだとわかってがっかり!OllehとSKが同じところにあるのか。SKはそれほど混んでなくてすぐに順番がきたけど、予約のバウチャーを見せたら「ここではない」と。

同じフロアに2か所あるとは知らなかった・・・。気を取り直してそっちへ向かうと、さらにすごい混雑!やっぱりOllehとSKが並んでいるけど、Ollehは30人以上並んでいる!

ここでもSKは5人ぐらいだったのでとにかく待つことに。

無事ゲットできて、すぐにA'rexに乗り込む。

T-moneyを充電しようとしたら券売機に「JCBカードの提示でA'rexのソウル駅までのチケットを差し上げます」とステッカーが貼ってあった!一瞬、心が揺れたけど、そこまで行くのがもうきつかったし、何よりソウル駅までの直通に乗ったらまたホンデまで戻らなくちゃいけない。めんどくさいからいいやとそのまま各駅に。でも、考えてみたらJCBカードは持ってきてなかったわ(笑)

新村に泊まるようになったのは、A'rexで空港から移動するのに便利だから。今まで何度も仁川からも利用していたけど、今回はなんとも長く感じた。私もいい年だし、もうちょっと楽な移動手段を使ってもいいのかな?

でも、リムジンも時間によっては渋滞にひっかかるし、あとはA'rexのソウル駅直通に乗って、そこから2号線かな?前はソウル駅の乗り換えが最悪だったけど、改善されたんだっけ?ま、次の課題に。


何となくマイナス思考になりつつ新村到着。最後の最後で階段しかない部分があって結構疲れる。しかも、最近は行きの荷物がおみやげいっぱいでめっちゃ重いから余計きついんだよね。

でも、新村に着いて地上に出たらなんだか急にテンションアップ!(笑)「キタ~~~!!」って感じかな?

いつもの24ゲストハウスに行ってドアを開ける。覚悟を決めて階段を上がり始めたら、上からおじさんが降りてきてすぐに荷物を持ってくれた!

よかった~。助かった~!チェックインすると部屋も3階。前回は4階で、昼間部屋にちょっと寄るぐらいでもすごく疲れたから嬉しくて「3階でよかった~!」と思わず言ってしまう。今回はフロントにも日本語わかる女の子がいたし。

部屋が決まるとさっきのおじさんがすぐにスーツケースを部屋の前まで運んでくれた。

部屋に入ってびっくり!!広い~~!!!



いつもはベッドの脇に私が使っている小さなスーツケースがやっと置けるぐらいのスペースしかないのに、今回は広々!

次回は別の宿を探そうかと思っていたけど、これだったら何にも文句ないわ。



いつもほぼ使わないけど、キッチンも付いてる。



シャワーはこんな感じ。ソウルの安宿によくあるタイプかな。シャワー浴びるとトイレびちょびちょになるやつ(笑)

で、荷物をほどいているうちに韓国ヨドンセン(妹)のMJが来てくれた!

おみやげを持ってきてくれたんだけど重いから持ち歩かない方がって部屋まで持ってきてくれたの。私も彼女のために缶ビール6本とお菓子やら、オンマへのプレゼントを持ってきていたので、見せるだけ見せて、持ち帰るのは次回にしてもらうことにした。

というわけで、二人で劇場のあるヘファ(恵化)まで。今回のヘドウィグは弘益大学大学路アートセンター大劇場。

名前にはホンデって付くけど、あるのはテハンノ。劇場は、4号線恵化駅3番出口か、1号線鍾路5街2番出口からどちらも500mぐらい。今回はヘファから行ったけど、そんなに遠くはないかな。



テハンノは2007年に初めてヘドウィグを見に来て以来、久しぶりに来たので何だか色々めずらしくてきょろきょろしながら歩いてた。



駅を出てからひたすらまっすぐ歩いて到着!!

まだ開演までにはだいぶ時間があるので、場所だけ確認。



開演は20時だけど、早めに来たから明るいうちに写真を撮れてよかった~。



ごはんは終演後食べるとして、とりあえずビールで乾杯ということでぶらぶら。



テハンノよりチョンノの方が飲み屋が多そうっていうので、チョンノ方面へぶらぶら歩き、ホフへ。

実は私、初めてのホフ~!周りはアジョシばっかり。しかも店内もなんだか昔っぽい!かかっている曲もイ・ムンセ!

ホフというのは日本でいうビヤホールなのかな。ビール飲むところだね。なので、生ビールを♪



ジョッキは違うけど、中身は両方Maxらしいです(笑)

ただ、残念だったのがジョッキがなんか変なにおいがして、テンション下がってしまった私。



食べ物はつまみ程度と思ったけど、大体が揚げ物系で結構ボリューミー。ここでチキンとか食べると後で困りそうなので、ポテトセットをオーダー。形状は色々だけど全部ポテトです。


久しぶりに会ったMJと最初は楽しくおしゃべりしていたけど、どんどん無口になる私。そう、緊張してきちゃったんだな~。

FTのライブとか行ってる頃もそうだったけど、開演間近になると緊張して何も話せなくなっちゃうんだけど、なんでだろう。楽しみすぎてそれが裏目に出るんだよね。

この日もなんだかそわそわ。すぐ近くで飲んでるんだから急がなくていいんだけど、「20分ぐらい前に行きましょうか?」って言われて「うん」って言ったものの、トイレとか行きたいし、大丈夫かな?って不安がどんどん広がっていく(苦笑)

劇場は1階にスタバがあり、2階にチケットボックス、グッズ売り場が、3階が客席入口でした。

ま、結局はトイレも行けて、席に着いてからも10分以上あったんだけど。

そして、MJは私が客席に入るのを見届け、終演まで1階のスタバで待っていてくれたのです。コマウォ~!


ソウルで今まで泊まったところ

ソウル行きも今度で19回目。

忘れないうちに今まで泊まったところを記録しておくことにします。

【2016年3月21日追記】


1・2007年 乙支路入口(明洞) メトロホテル
初ソウルで明洞に泊まりたくて探したところ。イビスアンバサダーと悩んでここに。

当時は1階にはスムージーキングしかなくて、ロビーがもっと広かった。ツインでも1万円しなくて駅近だし、初めてのソウルとしては最高だったと思う。朝食が付いているのに気付かず、1回も利用せず。

このときは往復JAL(マイル利用)で羽田金浦。しかも金浦往復はタクシーだった。なんだったの、その余裕?(笑)

2・2008年 往十里 ジョンプンホテル(廃業)
羽田を金曜の深夜に出て、月曜早朝に帰国するHISの弾丸ツアーで利用。

ワンシムニの駅から近く、コンビニもすぐだったけど、ホテルがめちゃめちゃ古く、特にトイレが最悪。一旦流すと次のための水がなかなか溜まらず、洗面所で汲んでタンクに入れたぐらいひどかった。部屋には窓もなく、できればもう泊まりたくないホテル。廃業したらしい。当時もワンシムニって便利な駅だと思っていたけど、今はかなり発展したので街としては泊まる価値あるかも。

3・2009年3月 メトロホテル2回目

2回目のメトロホテル。ホテルのHPから直接予約で少し安かった。ツインで1泊9000円以下だった気がする。
滞在少し前になったらわざわざ日本の携帯に確認の電話をくれた。
このときですでに予約が取りにくくなっていて、ホテルの方に聞いたところ「2か月ぐらい先まで埋まっている」とのことだった。

最上階での朝食はとてもよかった。朝食を食べに来ている人を見て日本人の利用が多いことを知る。朝食を食べながらその日の予定を立てる時間はとても優雅な感じ。
このあたりから、夜に明洞にいるメリットを感じなくなったし、メトロの値段がどんどん上がって利用することがなくなった。

4・2009年12月 東大門 ウエスタンコープレジデンス
夜はやっぱり東大門にいたい!と思って利用。

実際泊まってみるともっと東大門近くにウルチロコープがあることがわかりがっかり。駅から歩くたびに通るので恨めしかった。
でも、新しくて、快適ではあった。キッチンもあり広さもまあまあだったけど、壁はかなり薄かった。

5・2010年11月 駅三 ルネッサンス
ファンミツアーで利用。

寝る時しかホテルにいない私にとっては必要以上に豪華なホテル。ツアーではければ泊まることは絶対になかったと思う。
駅三駅からやや遠く、緩い坂道なのがつらかった。オフィス街のせいか夜はコンビニぐらいしか近くになくて困った。

チキンのデリバリーを頼もうとしたら断られ、高級ホテルではデリバリーを頼めないと初めて知る(パボ)

6・2010年11月 西大門 バビエン2
多少高めでも広いところということで利用。

西大門駅の一番近い出口が当時エスカレーター設置工事中でそれが結構大変だった。
部屋自体はとても広く、ウォークインクローゼットあり、大きなカウンターキッチンありでまったく問題なし。

ただ、一度トイレを詰まらせてしまい、ソウルのトイレでは紙を流してはいけなことを6回目にして知る。

7・2011年6月 宣陵 ソウルレジデンス
初めての一人旅。三成の劇場から夜一人で帰っても安全なように近場を選んだ。

1階にコンビニがあって便利。でも、やはりオフィス街なので夜は怖いぐらい人がいなかった。テヘラン路に出るとバリバケットなどがあったけど、当然夜遅くは開いてない。部屋は快適だったけど、カンナム側に泊まるメリットを感じなくなってその後は利用していない。

8・2011年8月 宣陵 ラマダソウル
ファンミツアーで利用。

当時はまだ宣靖陵駅がなく、宣陵駅から遠くて不便だった。駅まではいつもタクシー利用。豪華なホテルだったけど、ルネッサンスより部屋は狭く、これといって思い出もないホテル。

9・2011年11月 仁寺洞 ビウォン(秘苑)ゲストハウス(レジデンス棟)
二人だったのでゲストハウス(ドミトリー)ではなく、レジデンスを利用。

広かったけど、何もない部屋。ここで初めてシーツのないベッドを経験する。正直あまりいい印象もなく、夜は帰るのがちょっと怖いような場所(人気がなさ過ぎて)だったので一人なら利用しないと思う。

10・2012年2月 永登浦 ハイソウルユースホステル
当時FTの宿舎が近くにあったのと、ヨイドにも近かったので利用。

できたばかりのユースホステルだった。ユースホステルとは言ってもホテル並みの設備。3人部屋でベッドが3台並んでいるのを2人で使ったので広々だった。部屋とは別にシャワールームがあり、2人同時にシャワーを浴びられて便利だった。利用しなかったけど館内には色んな施設があるようだった。

ただし、駅からは10分程度とやや遠く、永登浦と言っても永登浦市場駅が近いので、タイムスクエアはちょっと離れていた。
  
11・2012年6月 東大門 ウルチロコープレジデンス
ウエスタンコープより東大門の街に近いので一人旅で利用。

夜遅くまで東大門で買い物しても安全に部屋まで帰れる。ただし、ウエスタンコープよりはだいぶ狭い気がした。
当時はまだLOTTE FITINがなくエスカレーターが使えなかったので大変だった。

12・2012年9月 乙支路3街 明洞ビズ&仁川空港のチムジルバンで仮眠
宿を取らずに行った旅で、1泊目は友達の部屋にお邪魔させてもらった。

明洞ビズはもう名前も変わって値段もだいぶ高くなっているみたい。
私が泊めてもらったのはダブルベッドワンルームの部屋だったけど、入口とお風呂場はセパレートされていてそこはいいなと思った。友達によると各部屋にパソコンがあるのが一番のメリットとのこと。(当時は追っかけ稼業だったのでww)

仁川空港では地下のSpaに泊まった。
たぶん2千円ぐらいだったと思う。滞在時間は深夜3時から朝7時ぐらいまでだった。
仮眠室は女性専用があったけど、行ってみたら寝る場所がないほど混んでいたので、男女混合の広い部屋でおじさんの隣の寝椅子に寝ることに。早朝便に乗る人が多いのか午前6時頃に目を覚ましたらほとんど誰もいなかった。
お風呂はとてもきれいで、日本のスポーツクラブのお風呂みたいな感じ。

ネットで調べたら追加料金で個室もあるらしい。知らない人たちと一緒ということでほとんど眠れなかったのでもし次利用するなら個室かな。

13・2012年10月 新村 モンブランホテル
友達と二人旅。新村に泊まりたくて利用。

元ラブホらしく内装がちょっと変わっている。ホテルは朝食付きだったけど、私は一回も利用せず。
フロントの人が日本語しゃべれたし、しゃべれないおばちゃんもフレンドリーでいい感じだった。
目の前がソソモンヌン カルビチプ(立ち食いドラム缶焼き肉)で、駅からも近いし、一人旅じゃなければまた利用してもいいかな。
バスタブがあったけど、かなり小さくて変な形なので使わず。ツインルームはそこそこ広かった。

14・2013年6月 24ゲストハウス新村
新村が色んな面で便利だったので一人旅用にここを選択。

狭いけど必要なものは揃っていて駅からすごく近いのでリピ決定。寝る時間しか部屋にいない私にはぴったり。

15・2013年9月 東大門東横イン&24ゲストハウス新村
友達と一緒だったので前半は東横インに宿泊。

東横インは友達が割引価格で泊まることができ、その半分だったので安かった。日系のホテルなのですべて問題なし。
部屋はキレイで掛け布団にカバーが付いているところに久々に泊まった(笑)
コンセントも日本と同じものが使えるところに驚いた。

2回目のゲストハウス。フロントの人がデータを見て「前も泊まってますね」と言ってくれなんだか安心する。
別の友達が24ゲストハウスの別のところに泊まったので部屋を見せてもらったけどなかなかかわいかった。
でも最寄駅からの距離を考えるとやっぱり新村かな。

16・2013年11月 24ゲストハウス

ここの利点は、最寄駅(地下鉄新村)からすぐ近くだということ。
一駅乗ってホンデに行けばA'rexで金浦も仁川も安く、時間も正確に行けること。
あとは韓国の飲み友達がみんなホンデあたりにいるので便利ってことかな。

17・2014年9月 24ゲストハウス

ただでさえ大変だった階段。フロントが2階から3階に移動していてもっときつくなってしまった。

前と違って中国人利用者が増えた感じ。フロントも中国語が話せる人はいても日本語話せる人がいないことがある。
隣の部屋がツインだったのか、それともシングルに二人いたのかわからないけど、夜中ずっとおしゃべりして笑ったりするのが本当にうるさくて困った。何回か壁をたたいてみたけど、どうやら中国人の様子。今まで泊まってうるさくて寝られないということはなかったのでびっくりした。

18・2015年10月 24ゲストハウス
5回目の利用。

空港から新村に到着し、やっとのことで駅から地上に出て、またここで3階まで階段を上るのが本当にきつい!
スーツケースを上げるのをためらって途中に放置したらフロントのおねえさんが運んでくれた。
このところはおみやげがあって帰りより行きのスーツケースが重いので、これはきつかった。

フロントが3階で、部屋が4階だったので、荷物を持っていなくても4階まで上がるのが大変。

19・2016年3月 24ゲストハウス

階段を思うとつらくて他の宿も探してみたけど結局決め手がなくてまたこちらに。
新村かホンデでもうちょっといい宿ないかな。

【2016年3月21日追記】

今回は3階の部屋。しかも今まで泊まったシングルの中でも一番広い部屋だった。今までの部屋は小さなスーツケースを広げる場所すらなかったけど今回は広々。

チェックインした時はフロントに人がいる時間だったので、ドアの開く音ですぐに来てくれてスーツケースは部屋の前まで運んでくれた。

次は他を探してみようかと思ったけど、やっぱりここが快適!壁が薄いのは隣の部屋の話声やシャワーの音もよく聞こえるけど、仕方がない。今回は周りの部屋の人がみんな気遣いあっているのがわかったので私もテレビは小さい音で見ていた。



わぉ、来週だ!!

二人のヨドンセン(妹)たちからカカオが来ました♪

二人とも待っててくれてる様子↓



かわいいなぁ~~~



毎日に追われていたけど、よく考えたらソウル行くの来週だ~!!

何だか急にそわそわしてきちゃった(≧∇≦)


おみやげ買って、少しずつ準備しよ~っと。


あ、そう言えばパスポートが今年で切れるんだけど、一応3か月残ってました。


「日本人が韓国に入国する際、パスポートの残存期間は、韓国での滞在に必要な期間が残っていれば韓国入国には問題ありません。但し、韓国滞在中にケガや病気などの不測の事態が生じ、滞在期間を延長せざるを得ない状況になる可能性もありますので、残存期間は余裕がある方が安心です(韓国領事館では残存期間は3ヶ月をおすすめしています)。」

韓国観光公社のHPより


というわけで、今回の旅が今のパスポートの最後になるかな。

今持っている10年パスポートになってからソウルに行き始めたので、私の全ソウルの記録が残ってるってことだね。今度で19回目かな?あとは、ハワイ1回、台湾1回、ニューヨーク1回。

こんなに何回も行った国は初めて。今までの最高はハワイだけど、10回以下だし。1つの国に滞在した長さの最長はイギリスの30日だけど、ソウルは全部足したらもうそれを全然超えてるね!


さて、新しいパスポートを作ったら自動化ゲートの登録しようっと!

自動化ゲートの案内はこちら。(法務省HP)



プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。