渋谷「ハヌリ」

渋谷の道玄坂にあるハヌリ、2回目です~♪

今回は12時ちょっと前に行ったので並ばずにすぐ入れました。

食べ終わって出たらやっぱり10人ぐらい並んでいたので、お昼時は避けた方がよさそうですね。


こちらはとにかくお野菜がたっぷり食べられるお店なんです。

前回、キムチがおいしかったのでまた楽しみにしてきたのですが、今回は小松菜のキムチでした!めずらし~!!ていうか、初めて食べたかも。確かに今、小松菜がお安くなってますよね。



前回、ブデチゲセットにして完食できなかったので、今回は朝ごはんは本当にちょっとだけにしておなかをすかせていきました。

メニューを見て悩んだ末にキムチチゲセットにしました。



またまた山盛りのサラダとジュースがついています。このジュースがおいしかった~!

今回、時間はかかったけど何も残さないで全部食べることができました。これで860円はやっぱりかなりお得だと思います。


ここを教えてくれたのはFT友達のBさん。私はもうFTから離れてしまったけど、Bさんとは年も同じだし、子供の年齢も近くて、会うと話が尽きません。

会うだけでなんだか元気が出る友達なんです。私と違ってホントに明るい人なんですよね~。これもFTのくれたご縁です♪


スポンサーサイト

韓国みやげ「Grains」



韓国のYがクッキーを送ってくれました♪

なにやらかわいいパッケージ!



開けてみるとこんな感じで個包装になってる~。



クッキーなんだけど、スプーンの形をしてます。

Yにお礼のカカオをしたら、「コーヒーにつけて食べましたか?」と返事が来たので、早速コーヒーを淹れてみました。



コーヒーに浸して食べるっていうコンセプトみたいです。

おいしかったよ~!ありがと~!



どうやらいわゆるデパ地下菓子みたいですね。

ショップリストを見たら、ロッテ、新世界、現代などのデパートにお店があるみたいです。

他にも色々ありそうだし、韓国のおみやげにもいいかも♪

友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その10(終)

さてさて、ホントの最終日。

6時半に起きて、支度して部屋を出た。荷物は行きよりだいぶ軽くなっていたけど、それでも4階から階段はきつい~!

しかも、新村の駅に着いたらエスカレーターもまだ動いてない・・・。

それでも、普段はタイミング悪いと待つことも多い2号線もすぐに来て、スムーズにホンデまで移動。空港鉄道もちゃんと仁川まで行くのが来た。以前、途中までしか行かないのに乗っちゃって焦ったことあったよな。しかもひっどい二日酔いだったし(苦笑)

空港に到着してチェックインも済ませ、すぐに出国手続きへ。

この日はなぜだかわからないけど、入口から長ーい列が外まで伸びているぐらい人が多かった。実は以前ファンミツアーに参加した時、G7だったか何かで「混雑しているから早めに出国手続きしてください」ってガイドさんに言われたのに、大したことないだろうと保安エリアに入らず朝ごはんを食べていて、もうダメかもしれないってことがあった。あの時も、外まで長い長い行列ができていて、しかもそれが一向に進まず、冷や汗かいたんだよね。初海外の友達と一緒だったのもあって責任感じちゃったし。

そんな教訓もあって、早めに出国手続きを済ませ、とにかく中に入る。サテライトではないものの、ちょっと遠目のゲートだったのでまずはゲートに行って落ち着こうと思ったけど、おなかがすいちゃった。

そんな時に見つけたのがこれ↓



有名ブロガーさんの韓国旅行ブログで見たばかりだったから買っちゃった。でも冷静に考えると4000ウォンって高いよね。ま、空港だから仕方ないけど。

早めにゲートに着いて、キンパプ食べつつゆっくり。これで乗り遅れることは絶対にない。しかし、あんまりおいしくないな。コンビニレベルじゃない?人のブログで見たからめちゃくちゃおいしそうに見えたんだけど。

なかなか搭乗が始まらないなと思ったら、機材の遅れとかで結局10分ほど遅くなり、さらに余裕~。


帰りの機内では『ビリギャル』見つつ、朝からビールもしっかりいただきました。

隣に座った韓国人のおじさんがコールスローにコチュジャンつけてパンにはさんで食べてたのにはびっくりした~!!おじさんはたぶん朝から女一人ビールを飲んでる私に驚いていたはず(笑)



ソウルからの帰国便はたいてい二日酔いか、遊びすぎで寝不足で乗った瞬間から着陸まで爆睡なことが多いけど、さすがに今回は滞在日数も長かったせいか余裕もあったな~。

搭乗してすぐに日本の入国カードが配られたんだけど、「日本人です」って言おうとして「にほん・・・」って言ったぐらいで普通に韓国人用のカードをいただきました(笑)なんでだろう?そういう雰囲気出てました?


というわけで、あっという間に成田に到着。

最後の税関ではパスポートをペラペラ見て「韓国にはよく行かれるんですか?」と聞かれた。確かに、今のパスポートになってからスタンプのほとんどは韓国だもんね。でも、周りにはもっともっと行っている友達もいるし、「年1回ぐらいです」と言っておいた。ちょっと減らして(笑)

この日は久々の成田でちょっと楽しみにしていたことがあったの!テレ東でやってる『YOUは何しに日本へ?』って番組、毎週楽しみに見てるんだけど、あの直撃インタビューやってないかな?って思ったんだよね。

きょろきょろしていたら見つけました!



見れただけで嬉しい~(笑)


レンタルしたWi-Fiを返却に。今回借りたところって、実は以前カード情報が流出しちゃったところで。あの時は名前、住所、電話番号、カード番号からなんとセキュリティーコードまで流出してカード作り直しやらホントに迷惑だったから、二度と借りない!って思ったんだけど安かったから借りちゃったの(爆)

でも、さすがにネットでカード番号入れるのがイヤで返却時に精算することにしていた。それが降りたところと逆のウイングだったので歩くのにも、探すのにも時間がかかってしまい大後悔!やっぱり返却は自分が降りるところにしなくちゃダメだ。

そして、今回の教訓は「もうバッテリーは借りなくていい!」ってこと。以前はヲタ活メインのソウルで部屋にはほとんど帰らず、ネットの情報との戦いみたいになっていたから、iPhone本体はもちろん、Wi-Fiの充電も必要だったんだけど、今回はまったく必要にならなかった。

iPhoneはそれ自体の性能が上がったというのもあるのかもしれないし、Wi-Fiもそういうことあるのかも?それに、今やソウルに行っても友達と飲んだりするのがメインなので充電だってお店でできるし、Wi-Fiが切れればテザリングしてもらえるし、次回からはバッテリーやめて本体だけ借りよう。


さて、長くなっちゃうけど記録のために残しておきたいこと!

それは行きにあきらめた1000円バス。帰りは時間もあるしと思ってバス乗り場に行ってみた。

バス停に向かっている時にちょうどバスが走って行ったので「次のバスか」なんて思いながらバス亭へ。バス停に並ぶと、係の人がやってきて「予約ですか?」と言われる。予約はしなくていいんじゃなかったの?「予約してません」というと、次のには乗れなので隣のレーンで待つように言われる。

隣のレーンには若い女の子が二人並んでいたけど「どのぐらいかかるのかな?」なんて話してる。大体20分間隔とか、30分間隔じゃなかったっけ?さっき行ったばかりとなると次のが20分後。そして私たちが乗れるのはさらに20分後、となると最低でも40分後。

さすがにそんなに待てない!!Wi-Fi返却で場所がわからず、なんだかんだ1時間ぐらいかかってしまったのでこれ以上のロスタイムは避けたい。

結局、行きと同じ京成の普通電車で帰ることにした。

京成に行って今まではスカイライナーのチケットを買っていた窓口へ。普通の特急のチケットを買おうとカードを出したら「普通電車なのでカードは使えません」とのこと。「じゃあSuicaをチャージしてください」と言うと、「そちらの券売機でどうぞ」と言われてしまった。

そうだよ!そうだよね。普通の電車なんだから、いつものようにSuicaをチャージして普通に乗ればいいんだ。まだ慣れてない(笑)

普通電車の特急は30分間隔なので(スカイライナーもそうだけど)、ホームでしばらく待つことになってしまった。お金を節約すると時間は節約できないのだ。

結論:1000円バスは私には必要ない。これからは都営三田線経由の京成普通電車で成田へ行けば良し!

12時着の便だったのに、結局家に着いたのは16時過ぎ。空港でのロスタイムが多すぎたな。家に帰るだけだから急がなくてもって思ったけど、家に帰れば家族が待っていてすぐに晩御飯を作らなくちゃいけないわけだし、本当はもっと早く帰ってちょっと仮眠したかったぐらい。

これは今回持って行ったおみやげの一部。



正直、自分の持ち物よりずっと多くて、しかも缶ビールとか日本酒とか重いものが多くて大変だったけど、みんなそれぞれ喜んでくれたからホントによかった!

というわけで、長い長い旅行記、これにて終了で~す。

読んでくれてありがとう!!

次はいつかな?


友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その9

さて、新村の部屋を出て、2号線でシチョンへ。

ソウルで地下鉄乗るときはアプリとにらめっこな私だけど、2号線の駅だけは結構覚えてきてるかも。最初ソウルに来たときはガイドブックについてた地下鉄路線図を握りしめ、一駅一駅を確認しながら乗ってたな~(笑)

8番出口で待合わせだったんだけど、待っていたらSが先にやってきた!1年ぶりだね~。ちょっとしてGもやってきてお店に移動。二人とも仕事帰り。お疲れ様~!



こちらのお店、ちょっとごちゃごちゃっとした飲み屋ばっかりの横丁の中にあったけど、お店自体は結構高級な感じ。店内にはどうやら日本から出張で来たのかな?って感じのサラリーマンを接待してる韓国人サラリーマンがいたりして、そういう系のお店なのかも。



そんな感じだったので有名店なのかなって思ったんだけど、検索しても出てこないので地図だけ残しておきます。


で、さっきまでチキンを食べてたって言うのにもうプルコギです(笑)



実はプルコギって韓国で初めて食べた!SとGにも言ったらびっくりしてたよ。「プルコギは韓国で有名な料理でしょ?」って。確かにそうなんだけど、過去20回弱のソウル旅、ほとんどがサムギョプサルだったわね(笑)

以前、夫が出張でソウルに行ったときはやっぱり最初プルコギ食べたって言ってたな。

というわけで、鍋がやってきました。ハルサメは硬いまま入れちゃうんだね!



で、ほっとくだけであっという間にできあがりました~。



そして、生卵を入れちゃうの!なんかすき焼きみたい!って思ったけど、ここからSとGが一生懸命スプーンで煮汁をかけて卵に火を通してました。



おなかはすいてないんだけど、やっぱりおいしいと食べちゃう~♪

でも、当然限界があって・・・。すると途中から鍋の中を3等分して「はい、これはエツコの分だから」って言われたので、Sに「助けて~」とヘルプ要請しました(笑)

そんなSと記念撮影。「エツコはキレイ」って言ってくれて嬉しい~www




この日は月曜日で、二人は明日も仕事だし、これで帰るのかな?って思ったんだけど、どうやら次も行くようで「何が食べたい?」って(苦笑)昼からの食べた物の写真を見せたらわかってくれたみたい。まさかさっきまでチキン食べてたとは思わないよね、普通。彼らは週末に遊ぶと朝まででも一緒に飲んでるけど、平日は飲んだりしないらしいって別の友達に聞いたことがあって、だからこの日もごはんだけ食べたら帰るんだろうなって思ってた。




お店を出て、市庁のあたりを歩く。なんだかイベントをやっていて歌っている人がいたり。「前の市庁舎は日本人が作ったのだったから新しく作り直した」ってGが言っていたけど、ということは『パリの恋人』で見たあの市庁舎とはもう違うのかな?

*調べてみたら旧市庁舎は図書館になっているみたい。

Gは「2002年のワールドカップの時はここで応援してた」って嬉しそうに話してくれた。



シチョンの駅は何度も通ったことあるけど、考えてみたら地上を歩いたことってなかったかも。この辺って高級ホテルばかりなんだ。今の私にはまったく縁がないホテルばっかり(苦笑)そういえば、夫が以前何回かソウルに出張に行ったことがあったけど、宿泊はいつもシチョンのコリアナホテルだったっけ。

そんなことを考えながら歩いていたら、見覚えのあるところに来た。ウルチロだわ。

最初にソウルに来たとき、ウルチロイルガのメトロホテルに泊まって、その時は母と一緒だったんだけど母が好きなフグのお店にきたんだよね。そのあともプゴク食べに来たりしているから、ここがどこかすぐわかった。

ウルチロって明洞方面からしか来たことなかったけどシチョンからもこんなに近いのね。今回は徒歩で行って気付いたこと結構あるな。



お店に行く前に「コルベンイ食べたことある?」って聞かれて、すぐにはわからなくて「ない」って答えちゃったけど、「コルベンイ」って名前になんだかすごく聞き覚えがあった。

連れて行ってくれたお店はテソンコルベンイというお店。このあたりはコルベンイ通りと呼ばれていて、有名なお店が何軒かあるんだって。

で、出てきたものを見て思い出した!これ、食べたことある~!!



「辛いから」って言われたけど、いやそうでもないよ?普通においし~!でも、山盛りこれだけ出てきたらちょっとびっくりするね。



こちらが伝票兼メニュー。前はこういうのにかなり苦戦した記憶が。最近は見たことなかったかも。



あんまり辛くないかと思ったけど、食べれば食べるほど辛くなってきたらSが麺を頼んでくれた。あんまり辛ければこれを混ぜて食べるといいんだって。



というわけでやってみました。Gも辛いって言って、ホントはネギが嫌いって言っている。え?こういうネギがダメだったら韓国料理で食べられないものいっぱいありそうだけど?Sは私とGに「コルベンイだけ食べてなさい」って(笑)

そうそう、コルベンイとはツブ貝みたいです。って、ツブ貝も普段ほとんど食べないけど。



ここでGとも記念撮影♪韓国の人ってどうして顔の大きさをすごく気にするんだろう?いや、日本人でも若い人は気にする?「オンニと一緒だと顔が大きく写る」って何度も撮り直し(笑)「お、よく撮れたんじゃない?」っていう写真もチェックしてさっさと消してた(苦笑)

この二人と初めて会ってからどれぐらいかな?2年?3年?でも不思議なぐらい落ち着く。前日、初めて飲んだ人たちと楽しくはあったけどなんだか妙な盛り上がりの勢いばっかりな飲み会をしたせいか余計にそう思う。安心感があるんだよね。

ここでも私はずっとビール。明日の朝帰るとなると焼酎はやめておいた方がいいかなって感じ。あまり酔わないけど仕方ない。そしたらGが「ソメクにする?」って。ソメクって焼酎ビール割でしょ?いやいや、やめときます!

GとSはずっと焼酎。ビールより焼酎の方が酔わないからって。ホントかな?でも、韓国ビールって最初はちょっとふわっとなるけどすぐに醒めて酔いが続かないんだよね。

ここのお店、たぶん金曜とかは混むんだろうけど、さすがに月曜ですいていた。

サラリーマンのグループが多かったけど、近くに座った席の3人組がもうわかりやすすぎる人間関係で思わず何度もチェックしちゃう(笑)座り方だけで誰が一番偉くて、誰が一番下っ端かわかるなんてまるでコントみたい!

この3人、時々いなくなるので「あれ?帰ったのかな?」って思うとまた戻ってくる。最初はどこかに何か(たとえばダーツとか)があるのかな?って思ったけど途中でわかったの。タバコ吸いに外に行ってるんだね!私が見ている限り3回ぐらいあったんだけど、それってどうなの?お店の人的にはそのまま帰っちゃう心配とかないのかな?

しかし、いい大人3人でも連れ立ってタバコ吸いに行くなんてホントに不思議。午後に会ったMKちゃんと「最近、店内のタバコがダメになったんだね」って話した時に、MKちゃんが「なんでみんな誘って行くのかね、まるで連れショ○みたい」って言ってたけど、これのことだったのかー。

気付いたら他にお客さんがいなくなってた。Sが「ウリパッケオプソ」って。そういえば、ハングル講座で「これしかありません」っていうのをやったけど、「自分たちしかいない」って言うのにも使えるわけか~。と、一人勝手に納得しつつ「ウリパッケオプソ」って繰り返してみる。このときで11時半ぐらいかな。



ここってホントに新橋みたいなところ(笑)月曜だというのに、まだ盛り上がってるサラリーマンがたくさんいました。Sは以前この近くの会社に勤めていたらしく、よくこの辺で飲んでたらしい。サウナもあるから遅くまで飲んで泊まったりしていたんだって。



ちょっと歩いたらチョンゲチョン(清渓川)があって、川に下りて歩こうってことに。

別に大した話もせずに、3人でぷらぷら歩く♪途中、川の中の飛び石を渡ったり、こんな風にふざけて写真撮ったり(笑)



チョンゲチョンってトンデムン(東大門)あたりでしか歩いたことなかったけど、この辺は色んなアートがあったりするんだね。今だけかな?

川の中に穴のあいた岩があって、そこにたくさんコインが入っていた。私は小銭を全然持っていなかったんだけど、Gがくれたのでチャレンジ!



Sは失敗したけど、私は成功!!なんだか妙に盛り上がる~(笑)



ここがチョンゲチョンの始まりの場所なんだね。夜はこんな風にライトアップされてるとは知らなかった。



通りに出て二人はタクシーを探していたんだけど、まだ12時前だったし私は地下鉄でいいんだけどと言ったら、「3人だったら地下鉄でもタクシーでも変わらない」って言われたので、一緒に乗ることに。

また宿まで送ってくれるんだって思ったら、シンチョン(新村)に着いて「おしり屋がいい?屋台がいい?」って!

え~?!二人は明日も仕事なのに大丈夫なの?って聞いたけど、大丈夫だっていうから、お店はどっちでもと言って、結局屋台へ行くことに。

ここは前も来たよね。その時は宿からの位置関係が全然わからなかったけど、すぐ近くなんだよね。

途中に公園のトイレがあったのでGと一緒に寄っておくことに。出たら、消毒のジェルを手につけてくれたけど、なんかいい匂い~。



この時間、結構寒くなっていたのでMKちゃんが貸してくれたダウンがなかったらいられなかったわ~。ホント感謝!

もうこれ以上食べない方がいいよねって感じだけど食べ物出てきましたよ~。

でも、この時間の汁物は素直に嬉しいわ。



このゲソの辛い炒め物もおいしかった~。おなかいっぱいでもついつい手が伸びちゃう。



このときはもう3人ともまったりしてて、だま~っているかと思うと、思い出したように乾杯して飲んだり、たわいのない話をしたり。「日本人はスズメ食べる?」とか、Gが絶対に食べたくない!って言っているものが何かわからなくて、スマホで調べたら「ぬたうなぎ」だってことがわかって「これは日本でも食べないよ」って言っていたら、隣の席の人がオーダーしていたので出来上がった料理を見てキャーキャー言ったり。このたわいなさがたまらなく楽しかったな。

二人は同じ大学の先輩後輩関係らしいんだけど、私もなんだかお仲間になれたような気がしちゃったりして。



宿の前まで二人が送ってくれたのでハグしてバイバイ。次はいつ会えるかな?

部屋に戻ってテレビをつけると、このドラマをやってた。『2回目のハタチ』だっけ?





今回の滞在中はテレビをつけると大体これだったな。Gは今『恋人がいます』ってドラマにハマっているみたいで、見れるようになったら絶対見て!って言ってた。今はどうやらチ・ジニにハマっているらしい。


このときは1時過ぎで、まだ全然寝たくない気分だったけど、翌日は10時発でそれも仁川。パッキングを済ませて寝ても起きてから出るまでに30分はかかるし、7時には部屋を出たいから寝なくちゃ。

とりあえず、最終日までホントよく飲んだな~。やりきったね!(笑)



友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その8

4日目、10月12日(月曜日)日本では振替休日。

帰国は翌日だけど、朝起きて帰るだけなので実質最終日。

前日は午前3時半に部屋に戻ってシャワーを浴び、ちゃんとブローまでして寝たので好調かと思いきや、早朝から何度もおなかが痛くて目が覚める。何度トイレのために起きたかな?お酒のせいももちろんあると思うけど、連日の辛い物も効いてるみたい(苦笑)1,2時間おきにトイレに駆け込む。正直もう、お○○が熱くて痛いんですけど(泣)

お昼頃にカンナムで人に会う約束があって、本当は午前中の内に部屋を出て高速ターミナルで買い物するつもりだったんだけど、ちょっと無理かな?っていうのと、まだまだ時間あるし大丈夫かも?っていう気持ちがせめぎ合う。買い物は早い段階であきらめたけど、結局は連絡して会う時間を遅らせてもらうことに。

お酒を飲みすぎた翌日は寝ていようと思えば1日中だらだらベッドで過ごせるけど、えいっ!!と起きだして出かけると意外と大丈夫なこともある。とにかく時間ぎりぎりまで部屋にいて、がんばって出かけて行った。

地下鉄の出口で会ったRさんは「大丈夫ですか~?」って心配してくれて、私のおなかのためを考えてランチを決めてくれた。

連れてってもらったのはアンドンククシのソホジョンというお店。カンナム駅からすぐ近くだった。アンドン(安東)の方言でククスがククシとなるらしい。

こちらのお店は化学調味料を一切使っていないお店だそう。



辛い物を控えてククス(うどんのようなもの)にしたけど、Rさんが食べていたユッケジャン(?)を味見させてもらったらおいしかった~!おなかは悲鳴を上げていても、口はまだ大丈夫らしい(笑)



ククスは本当に優しい味でおいしかったけど、なぜか食べても食べても減らない・・・(汗)見かねたRさんが「少し手伝います」とお店の人からスープだけをもらって私の麺を食べてくれた。これってRさんにとっては自然はことなのかもしれないけど、とっても韓国的な感じでなんだか嬉しくなる。

Rさんは、元々FTペン仲間で一緒にソウルコンにも何回か行っている仲良しMYちゃんのママ友さん。去年ソウルに行ったときに初めてお会いして今回は二度目。それも1回目は一緒に食事したりする時間はなかったので、1対1で会って食事をしたのはこれが初めてだった。私としては、まだ友達と言っては失礼かな?という思う間柄なのに、食べ物をシェアしてくれる感覚。ご本人は意図していないと思うのだけど、これって日本人同士だとそこそこ仲良くてもしないことが多いと思う。(東京人がそうなのかな?)

韓国人の友達は知り合って最初から同じコップで飲みものを飲んだり、食べ物を同じお皿から直箸でシェアしたり、腕を組んだりとすごく距離が近い。それは日本人同士だとちょっと近すぎる感じがして、あまりしないけれど韓国人の友達はそれを自然にするから心地いいし、「もう友達だよ」って言われてるみたいで嬉しい。Rさんともちょっと距離が縮まったように感じた瞬間だった。



最後に出てきたシッケ。シッケってずっと前にチムジルバン(サウナ)で飲んだことあったんだけど、私はあんまり好きじゃなくて半分以上残してしまったことがあった。でも、これは本当においしくて、ほぼ一気飲み(笑)Rさんによると、それもちゃんと作っているかららしい。

この日はRさんがお仕事に行く時間までということで、元々時間が短かったのに私が遅れたせいでさらに短くなり、1時間ちょっとしか会えなかった。しかも、最初っから弾丸トークで楽しかったから余計に時間が短く感じて何とも名残惜しい。ククスもごちそうになってしまい恐縮。次回はゆっくり会えるといいな。


Rさんと駅で別れて、また別の友達が待つ明洞へ。

実は、午前中に部屋を出た段階ではまだ何となく体調がイマイチで地下鉄の中では「もしかして目が回ってる?」って感じだったのに、温かいククスで少し汗をかいたのと、Rさんとのおしゃべりですっかり復活していた。

2号線のウルチロイルガで降りて階段を上がると友達のMKちゃん発見!MKちゃんはかなり頻繁にソウルに通っている日本の友達。おととしの冬にソウルに来た時もニアミスだったんだけど、時間がなさ過ぎて会えず、今回は2年越しでソウルで会うことができた!

日本では定期的に飲みに行ったりしているけど、ソウルで会うとまたちょっと特別な感じ。

どこに行こうか?と明洞の街をぶらぶら。私はまだおなかいっぱいだったんだけど、MKちゃんはこの日の夜帰国。最後にビールが飲みたいに違いない!「どこでも付き合えるよ」と言うと「チキンは?」というので検索。前から気になっていたカン・ホドン678(ユクチルパル)に行ってみることに。このお店、去年だかおととしだかに新大久保にもできたので気になっていた。それに、ずっと前同じ店名のオギョプサル屋さんに行っておいしかったというのもあって期待していたのもある。

Google Mapで探しつつ歩いていくと、ソウル初心者当時定宿にしていたメトロホテルのそばの雑居ビルだった。そうそう、このビルって1階に色々お店入ってるんだよね。ウルチロイルガの駅から明洞の街を歩いてまた戻ってきた感じだね。



2時過ぎっていう中途半端な時間だったからお店にはほとんどお客さんがいなかった。まずはビールで乾杯!私も飲めるぐらい復活していたってことね(笑)



チキンは悩んだ末に普通の物を頼んだ。ただのフライドチキンだと飽きちゃうんだけど、たぶんソースが付くかなと思ったの。思った通り、マスタードソースと甘辛いBBQソースがついてきた。



おなかは全然すいてなかったんだけど、ソースで味を変えられるのもあって結構食べられちゃう。でも、この後も引き続き友達と会ってごはんを食べることになっているので最後は残すことに。ビールも同じ理由でちょっと控えめにしてみた。

それにしても、私が来てからのソウルはどんどん寒くなる。前日、シンドリムで「これはもうコート買うしかないかな?」と思ってH&Mに入ったけど、これと言って欲しいのもなかったし、日本より安いわけでもないのでやめたんだけど、この日も夕方に近づくにつれて寒くなってきた。オープンになっていたお店だったので寒さが身に染みる・・・。

荷造りをしていた時に、ユニクロのダウンかウインドブレーカーを入れるか悩んだんだけど、たいてい想像より気温が高いのでやめてしまったんだけど、やっぱり持ってくるべきだった。ダウンなら小さくなるし、重さもほとんど変わらないのに・・・。

そんな話をしていたら、MKちゃんが着ているダウンを置いて行ってくれるって!!めっちゃ嬉しい~~!!確かにMKちゃんはこれから地下鉄に乗れば、そのまま外に出ないで空港だし、日本に帰ってからもいつでも返せるし、申し訳ないけど借りることにした。

残念なのは一緒に写真を撮らなかったこと!今回のソウルでは写真嫌い返上で結構写真を撮ったんだけど(自分の思い出のためもあるし、人から頼まれたのもあるし)、この日はすっかり忘れていた。後からRさんとも写真撮って送ってもらえばよかったとプリ友のMYちゃんに言われたし、MKちゃんとソウルで会うこともそんなに何度もあるとは思えないし・・・。そうでもないか?(笑)

MKちゃんが仁川に向かう時間になり、一緒に途中まで地下鉄で移動。駅のホームでダウンを借りてバイバイした。ありがとね~!

私は一旦部屋に戻り、おみやげを持って今度はシチョン(市庁)へと向かったのです。

友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その7

シンドリムでMと別れ、Eの待つハプチョンまで2号線で移動。

ハプチョンのホームで待っているとEがやって来た。一緒に地下鉄でキョンボックン(景福宮)駅まで。

外に出ると雨は降っていないけど、地面がぬれていて今にも降りそうな天気。そしてだいぶ寒い。到着した日は暑くて半袖でもいいぐらいだったのに、どんどん寒くなっている。持ってきた中で一番厚手の長袖Tシャツとパーカーを着ていたけど、それでもちょっと寒い。

駅を降りてEと一緒に歩く。なんだかもう紅葉が始まっている。



キョンボックンって言うと、土俗村という有名なサムゲタン屋さんに2回ぐらい来たことがあるのと、あとはバスに乗るために来たぐらいかな?駅の周り以外はほとんど知らない。

前の日にEが「プッチョンじゃないんだけど、その近くのソチョンに行かない?」って誘ってきていて、私はプチョンを「富川」と勘違いしていたことに気付いた。そうじゃなくて、「北村」だったのね!

私がいつも泊まるシンチョン(新村)という町。実はもう一つシンチョン(新川)という駅もあって、場所自体は離れているんだけど、日本人的には発音が一緒なので何度か困ったことがある。「村」と「川」がどっちも「チョン」なんだよね。韓国の人にとっては全然違うみたいなんだけど、教えてもらってもわからない(苦笑)

で、プチョン(北村)はというと、韓国の昔の街並みが残っている観光地。朝鮮時代に建てられた韓屋(ハノク)と呼ばれる建物がまだ残っている。昔は王族や貴族が住んでいた場所らしい。で、ソチョン(西村)はというと、プチョンとはキョンボックン(王宮)を挟んで反対側にある町で医者や絵師などの専門職の人たちが住んでいた場所らしい。←というのは帰ってから調べたことで、行ったときは全く知らなかったけど(笑)



というわけで、こんなおしゃれなお店がいっぱい!これは外側は韓屋なんだけど、中はなんとイタリアンでピザ用の石釜もあった。

かと思うと、古めかしい中華料理屋があったり。



街の中にはこんな場所も。これってバス停とか喫煙所とか、なんか意味ある場所なの?ってEに聞いたら、そういうことじゃないみたい。勝手に来て誰でも使える休憩所みたいなところらしい。



近くに市場があるけど見る?って言われて寄ることに。

市場って楽しいから大好き~!



売っている野菜もどこか日本とは違ったりしておもしろい。



ここはお惣菜を売っているお店が多かったり、トッポッキのお店があったり、そのまま食べられるもののお店が多い気がした。



日本に帰ってからわかったんだけど、ここって有名なお弁当市場だった!通仁市場というところらしいんだけど、お金を払ってお弁当箱を受け取り、好きな具をもらって食べられるところがあるんだった。ずっと前にハングル講座?でみた気がする。

通仁市場のお弁当カフェ→ソウルナビの記事

ということは、昼間の方がにぎわっているのかもね。



市場を最後まで歩き、まだUターンして戻り、また歩く。

歩いていたら、前々日の深夜(というか明け方)最後に行ったお店の方から電話。「今日は休みなのでごはんでもお酒でも付き合いますよ」ってことだったけど、これからEと二人でごはん食べるわけだしね~。一応また後で電話してみることになった。この前は色々出してもらったのにほとんど残して帰ってきちゃったから、帰国前に一度行こうかとは思っていたんだけど。


かわいいカフェとか素敵な帽子屋さんなんかもあって、Eは「下北沢みたいじゃない?」って言ってた。確かにそんな感じ。



で、私たちが行ったのがこのお店。ナムドブンシク(南道粉食)。

ソウルナビの記事はこちら



人気店らしく、お店は人でいっぱい。でもかろうじて2名分だけは席が空いていたのですぐに入れてよかった~。



かわいいカフェみたいなお店なんだけど、ウリはトッポッキなんだって。それもイカの入ってるやつ。

まずはオデンを頼みました。もちろんビールで乾杯!



そして、トッポッキはオジンオ(イカ)じゃなくチュクミ(イイダコ)の入っているものにしてみた。辛いけどおいしい!ってEに言ったら「辛いからおいしいの!」って言われた(笑)そうそう、Eってとにかく辛い物が好きなんだよね。



これはキムマリ(韓国春雨を海苔で巻いて揚げたてんぷら)なんだけど、ここのお店のはチーズがかかってるの!おいしかった~!辛くないからトッポッキの間に食べるとホッとするお味♪




食事をして、ビールもそれなりに飲んだらEがコーヒー飲みたいというので、また散歩してカフェに入ることに。



そういえば、昼間自家焙煎コーヒー屋に行けなかったからちょうどいい!!ここは、店に入ると入口近くでおにいさんが豆をハンドピックしていて、どうやら自家焙煎店らしい。

もちろんエスプレッソ系のラテやらマキアートもあるんだけど、迷わずハンドドリップコーヒーをオーダー。正直、私からするとまだまだって感じだけど(超上からwww)ソウルではなかなかブラックで飲めるコーヒーには出会えないので、こういうお店が増えるのはいいことだよね。



お酒を飲んで、夜のこんな時間にコーヒー飲んで覚ますなんて、私的にはあり得ない感じなんだけど、寒かったからちょうど温まったかな?って感じ。

このカフェは、チャハムンロという道に面していた。今回、友達に連れて行かれた場所や場所を把握してないお店に行ったときは、その場でGoogle Mapを開いてキャプチャしておいたので、あとで色々わかって便利♪

ソチョンは別にソウルの中心街から遠いというわけではなくて、でも今まではまったくノーチェックだったエリア。まだまだ知らないところいっぱいあるな~って思った。また行ってみなくちゃね。

さて、カフェを出て「どうしよう?」ということになり、さっき電話をくれた人に電話してみることにした。

ホンデでサムギョプサル食べてるから来れば?って言われたけど、おなかはいっぱいなんだよね~。でも、とりあえず行くことにして地下鉄に。



それにしても、今回はホンデエリアにホント詳しくなったと思う。ホンデ、ハプチョン、サンスあたりを結構歩いたし、いろんなお店にも行ったしね。



鉄道の線路が公園になった道に来てって言われたので行ってみた。



そういえば、「おしり屋」の前も線路が無くなって緑地になっているんだけど、同じなのかな?と思い、Eに聞いたらやっぱり続いているらしい。

線路跡の公園記事はこちら

指定されたお店に行ったら、前々日に会ったGMTさんともう一人男性がいた。さすがにもうサムギョプサルはおなかに入らないので、別の店に移動することに。


でも、結局食べるわけよね(苦笑)



食べずに、つまみ程度でお酒が飲める店ってソウルだと結構難しいのかも。トッポッキに続いてここでもチュクミ(イイダコ)をつつきつつマッコリ♪



マッコリさえ飲めれば何でもいいや~。

で、相変わらずビールで割ったところ、男子二人がめっちゃ驚いていた。そんなの見たことないって!え~、だって韓国のおじさんに教えてもらったんですけど。

最初はGMTさんが気を使って日本語でしゃべってくれたけど、連れの男性もEも日本語はまったくわからないので韓国語で話してもらうことにした。彼女たちの日本語理解力よりは私の韓国語理解力の方が断然上だもんね。

そんなわけで、4人で話したり、2人で話したり、Eとツーショット撮ったりしながらマッコリを飲む飲む。



器に並々と注ぐものだから、1リットル1本が4人に1杯ずつ注いだだけでなくなる(笑)結局5本?それ以上かな?結構飲んだ~!しかも、慣れないビール割で男子たちがどんどん酔っぱらって行くのがわかるwww

そういえば、今年からソウルでは店での喫煙が一切禁止になったそうで、一緒に飲んでるとタバコを吸うために出て行っちゃうんだよね。なんだか不思議な感じ。このときはまだよかったけど、真冬は寒いだろうな。タバコやめればいいのに←おいおい

Eも家族にはナイショらしいんだけど、出かけるとタバコ吸ってるらしくて、この時もGMTさんに「タバコ行く?」って誘われては外に何度か出てたけど、一番不思議なのは一人で行かないことだよね。なんでなんだろう?食事も一人じゃ食べないお国柄だからかな?



最後は近くにあったノレバン(カラオケボックス)に移動。日本語の歌で歌えそうなのがaikoしかなくてそればっかり歌ったり、Eとデュランデュラン歌ったり、男子にイ・ムンセ歌わせたり。

店を出るとEが「この人たち、酔っぱら過ぎてる」と言って、さっさとタクシーに私を乗せ宿まで送ってくれた。ありがたや~。

この日は宿に帰ると午前3時過ぎ。楽しい1日だったね~!

プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR