友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その6

というわけで、お茶してから劇場へ。

ここ最近行ったことのあるソウルの劇場は地下にあるものが多かったし、ビルのこんな上にある劇場は初めてかも?

今回の旅ではミュージカルは見るか見ないかぎりぎりまで決めてなかった。見たいものがなかったというのもあるし。今までソウルに行ってミュージカルもコンサートも行かないことは一度もなかったから、やっぱり何か1つは見ておくかな?という気持ちになって、Mに話したら一緒に行きたいというので前日にチケットを取った。

過去にも当日にチケットを取ったことってあるんだけど、ソウルはそれが可能なところが嬉しい。今回見に行ったのは「マン・オブ・ラマンチャ」(ラマンチャの男)。今回見たいのがない中で、これと「女神様が見ている」「ゴレゴレ」ぐらいだった。それも、「絶対見たい!」ではなくて、強いて挙げればって感じ。こんなことちょっとめずらしいけど。

結局、場所的に都合がいいシンドリムのDキューブアートセンターにしたわけだけど、チケットは何なら当日でもいいかなと思っていた。

毎日毎日チケットの売れ行きを見ていると、ぎりぎり前々日ぐらいになって一番安い席からはけ始めていることに気付く。そうなんだね。一番高い席は最後の最後までそこそこ乗っていたけど、一番安いランクの席は前日までにどんどんはけて最後は最後列だけになってしまった。こうなったら逆に最後列に挑戦してみるか?って気持ちになった。今まではいつでもVIP席。それもできる限り最前列に近いところで見てきたけど、後ろだと見え方も違うだろうと思ったから。

前日に最後列の一番真ん中を購入。当日は行ってみると最後列がすべて埋まっていたわけじゃなかったけど、センターブロックは埋まっていたので、前日に決断してよかったかも。

ちなみに、この「マン・オブ・ラマンチャ」、主役はダブルキャストで私が見たリュ・ジョンハンとチョ・スンウ。ソウルの友達にラマンチャ見るって言ったら「チョ・スンウで?」って言われて、違う方って言うと「きっとチョ・スンウのチケットはもうなかったよ」って言われたけど、実はそんなことなくて、チョ・スンウの回も当日まで残っていた。広い劇場だっていうのもあるし、再演を重ねているものだし、今回は夏から始まっていたからっていうのもあったかも。

過去の経験では、ヘドウィグぐらい小さい劇場でもなければ完売ってことはないんじゃないかと思う。どうしても見たいものは別として、それ以外は前日の遊び具合で翌日行けそうか決めてもいいのかもって思った。ソウルで友達に会うのも結構ぎりぎりまではっきりしないこともあるしね。


ソウルにミュージカルを見に来るとやっぱり気持ちが高揚するのがわかる。これってなんなんだろう?日本の劇場では感じることのない気持ち。ミュージカルを見ること自体もだけど、劇場に行くってことですでにイベントになっているような気がする。



今回はリュ・ジョンハン。韓国ミュージカル界の帝王と言われている方らしい。音大出だっていうのも期待して彼で見ることにした。サンチョ役の方はMによると芸人さんでこの役をずっとやっているそう。彼のダブルがキム・ホヨンでちょっとそっちも見たかったけど、結果的によったのかも。



2階席なのでまたさらに上にあがる。ここはトイレもきれいで、混雑もさほどじゃなかった。シャルロッテとか、ブルースクエア的な感じ。新しい劇場はみんなこんななのかな。




さて、肝心の感想だけど、まずはいいところ。

座席はまったく問題ないし!以前、1階席で見切れる部分があって見にくかったことがあったりしたけど、2階席のそれもセンターなので死角は一切なし。確かに距離はあるけど表情を見たければオペラグラスを使えばばっちり。2階席も前方はVIP席なのだけど、半額以下でこのぐらいの差だったら絶対後ろで見た方がいいと思う。最近はVIPだと13万ウォンぐらいだけど、6万ウォンで2つのミュージカルを見れたら、私はその方がいいな。

で、リュ・ジョンハンはすばらしかった!!最初出てきたときはかっこよく、劇中劇が始まって老人になればやっぱり老人にしか見えず。中でも有名な「見果てぬ夢」は自然に涙が出てきてしまったほど。声の力がすごい人だと思う。遠目には鈴木亮平みたいな感じで、最後の最後にまたかっこいい男性に戻って歌ってくれたのは嬉しかったな~。次回チャンスがあれば、かっこいい彼を見てみたい。知っている俳優さんを見るのも安心感があるけど、こうした新しい出会いがたぶんまだまだあるんだと思う。これからも、いろん俳優さんを見てみたいな。


次によくなかったところ。

それは演出。全体には照明が暗すぎるかな?っていうのが気になるぐらいだったけど、問題はあるシーンの演出。それはアルドンサが男たちに襲われるシーンなんだけど、あまりにもリアルすぎて目を背けたくなった。私は「ラマンチャの男」を見たのが初めてで、ストーリーも知らなかったし、言葉もすべてわかるわけではないからという部分もあるかもしれないけど、それにしてもあれはやりすぎだと思う。

後で調べたら外国の演出家だそうだけど、海外ではああいう演出のままやっているのかな?とにかく殴られて殴られて、次々に男たちが・・・。最後、立てない状態になっているアルドンサを二人の男が抱え、他の男がまた顔を殴る・・・。女性だったら見ていて不愉快じゃないないかと思う。たまたまやっていた日本版を見たばかりの友達にこの話をしたら、日本版では殴られ、かつがれて暗闇に連れて行かれるところまでだったそう。それでも十分伝わるんじゃないかと思う。

このミュージカル、12歳以下は観覧できな制限がついていたみたいで、全然気づいてなかったんだけど、そういうこともあるんだね。今までそういうミュージカルに当たったことがなかったのかな。正直、自分の娘には絶対見せたくない。このミュージカルを見てしばらくはそのシーンばかり思い出してしまって、なんとも嫌な気持ちに。歌は素晴らしかったけど、たぶんこの演目はソウルでは二度と見ないと思う。あまりミュージカルを見たことがないMに見せてしまったこともちょっと後悔した。(後日連絡したら「外国の作品だから」と理解してくれていた様子だけど)

今までストーリーも知らずに見た作品は他にもあるけど、それでも何となくわかってくるものだと思う。子供の頃、ロンドンでたくさんミュージカルを見て、その頃は英語がまったくわからなかったけど、それでも楽しめた経験があるので多少わからなくても平気なのかもしれないけど。今回はちょっとハングルがわかるようになっているから最初は一生懸命聞いていたけど疲れてしまうし、それだと言葉だけに集中して、全体が見られないのでやめることにした。

休憩時間にMと話したら、ネイティブの彼女でも聞き取れない部分があったらしい。劇中劇が始まると、それは何百年か前の設定なので、時代劇的な言葉づかいになっているらしかった。無理して聞き取らなくて正解だったね。



次の予定もあったので、出待ちなどは一切せず。でも、劇場内の写真を後悔のないように撮ってみた。



最後に記念写真を撮ろう!と自撮りしていたら、知らない方が撮ってくれるというのでお願いすることに。



その方が私たちの写真を撮ってくれている間に連れの方たちはそれに気づかずどんどん行ってしまったのだけど、写真を撮り終えて「よく撮れましたよ!」と言ってから走って追いかけていた。ホント、よく撮れてる!ありがとうございます!ホント、いい記念になったな。

Mとは駅の改札でバイバイ。次はいつ会えるかな?今回はいっぱい遊べて楽しかった~!

私は地下鉄に乗り、ハプチョンへ向かった。



スポンサーサイト

おもひでぽろぽろ

あ、タイトル・・・こんなの使っていいのかわかりませんが

ちょっと長いかも・・・

うざいかも・・・

ひとりごと感が強いかも・・・

いつもの、たわいのない、特にどーってことなブログではないので、

メンドーな方はスルーしてくださいませ


昨日、Zepp Tokyoに行きました



久しぶり

いつぶりかなって考えたら、2013年のFT秋のツアー以来でした。

Zeppって私にとってはFT、いやジョンフンとの思い出がぎっしり詰まった場所です。

初めてのFTライブはやっぱりZeppでした。

Zepp Tour 2010 Hand Up です。

初めてのFTのライブ、

最初の曲はReady goだったの、今でもはっきり覚えてます。



昨日のライブは招待していただいたので、この席。

Zepp行かれたことある方ならわかると思いますが、2階席の一番前です。



ここに座って、1階のお客さんを見ていたら、本当に色んなことが蘇ってきました。


初めてのライブ、私にとってはスタンディングのライブも初めてで、

でも目の前にいるジョンフンにずっとずっとときめきながら、これ以上ない幸せを味わいました。

そう、まだ純粋だった頃ですね(笑)


最後に行った2013年のライブ。

整理番号2ケタだったにも関わらず、最前には行けず。

それどころかひどい押しでどんどん下がってしまうし、ホント死にそうでした。

「なんでこんな後ろで」って思っていたのを思い出します。


それが、今、こうして2階席から見ると、たぶんあの時の私がいただろう場所は

本当にステージから近くて、

なんであんなに前へ前へ行きたかったんだろうな・・・なんて思ったり。


Satisfactionのリリイベで、前から1.5人目に行けて(1.5人目ってなんだよっていう )

I wantの時にジョンフンが「オエオって言って」とばかりに私たちに手で合図してきたこととか、

Messenger Tourでコベクハムニダを初めて生で聴けて、

韓国のファンたちへの歌かと思っていたら、

日本のファンのことも思ってくれてるってわかってすごく嬉しかったこととか。



もう、次から次へと色んなことを思い出しました。

Zepp以外でのことも

初めてラクーアでジョンフンに会って、笑顔に一瞬で堕ちたこととや、

よみうりランドでジョンフンの涙を見てしまったことや、

涙と言えば、たまアリでめっちゃ泣いてしまったジョンフンを泣きながら見ていたことや、

ソウルのお店で普通に会ってしまい、普通に話してしまい、

そのほろ酔いで何とも色っぽいジョンフンにやられながらも、

普通に会話しすぎたことを後悔したこと・・・



や、招待してもらったライブでかなり失礼ですね

もちろんちゃんと聴いてましたし、後半はそういうことも考えなくなtっていましたけど・・・



誰かのファンをやめて、そのあと別の誰かのファンになれる方もいるでしょうが、

私はどうやら無理みたいです。

普通にライブ行ったり、音楽聴いたりしていただけなら、

また他の人を好きになったかもしれません。


でも、あまりにも一生懸命に応援しすぎたみたいです。

もちろん、嫌いになったわけじゃありません。


もう私とは関係のない人になってしまって、

私も遠くから見ることすら怖くて、

ものすごく熱烈な恋愛した元彼みたいな気持ちですやじるし うざくてすみませんミアネ



昨日、ライブ中にふと武道館まだだよね・・・と思い、

今日はヤフオクやらmixiやらエンドレスで探している自分がいました。


でも、目を覚ましたけど


実はまだ私のデスクの横にはでっかいジョンフンがいます。

ずっと笑ってくれてます。



そろそろホントにはずすかな



はずかしいので、この記事は削除するかもしれません



友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その5

3日目 10月11日(日曜)

早く寝たわりに目が覚めても「もっと寝たい」感じで、二度寝。まあ、ソウルで朝早く起きてもすることないしね。

この日はお昼にシンドリム(新林道)でMと会うまで特に何もない。でも、寝ているのももったいないのでゆっくり支度をして部屋を出ることにした。

いつもソウルでは夜は酔っぱらって帰りすぐ寝て、翌朝も何とか支度して這って部屋を出るみたいな感じなので余裕があるのはめずらしいこと。

そういえば、朝食が無料だって聞いたのでちょっと見に行ってみることに。朝食は7時から10時だったかな。行ってみると、ただ冷蔵庫に食パン、ゆで卵、スライスチーズ、オレンジジュース、牛乳が入っているだけだった。冷蔵庫の上にトースターがあるので、食パンを1枚だけ焼いてみる。毎日食べ過ぎなんだから食べなくてもいいぐらいなんだけど、すきっ腹もつらいからちょうどいい感じ。

その場所には食器がないので、部屋に戻ってお皿とマグを持ってくる。とりあえずぺらっぺらの食パン1枚にチーズを乗せて、あとはオレンジジュースにした。ホントはコーヒーが飲みたかったけど、例の韓国式甘~いコーヒーしかなかったのでやめる。甘いのは苦手だし、職業柄あまり質の良くないコーヒーは飲めないので、本来なら持参すべきだったのに「そんな余裕いつもないから」と持ってこなかったことを後悔!

軽い朝食を済ませ、前日ホンデから歩いて帰ってきた道を覚えたくて、新村からホンデまで歩いてみることに。

正直一番わかりにくいのが最初の目印「おしり屋」までの道。どこをどう曲がったのかあんまり覚えてない。

でも、歩いて行ったらちゃんとあった!!



明るい時に見るとなんだか別の店みたい(笑)

この辺りは飲み屋街なので昼間はひっそりしている。そういえば、この店、何だか脱力したおじさんがトレードマークみたいだけど、他でも見たような気がする。流行ってるのかな?

*調べたら「ボングビア」という生ビールが売りのチェーン店みたい!



おしり屋まで行ければあとは大丈夫。

開いている店はまだまだ少ない。途中、おねえさんが一人でやってるおしゃれなカフェがあったけど他にもあるかもと通り過ぎた。

結局、コーヒープリンスまで行っても開いている店はまだほとんどない。



ホンデに着くと、部屋を出てからまだ10分ぐらいかな?ちょっとだけだけど迷ったり、写真撮ったりして10分ってものすごく近くない?!今までタクシーやら地下鉄に乗っていたのがホントにバカみたい。特に地下鉄は駅まで下りて、来るのを待って、また駅の中を歩いてって考えると絶対歩いた方が早い気がする。

この時点でもまだ11時前で時間もあるのでおいしいコーヒーでも飲みたいと思って検索を始めた。

夫からソウルのコーヒー事情を視察してきてって頼まれてたんだ。自家焙煎でハンドドリップしているようなところと思って探してみると、ちょっと良さそうなお店を見つけたので行ってみた。

地図を見ながら歩くこと5分。絶対ここだ!って場所なのにない・・・。その店のことが書かれていたのは個人の方のブログでしかも2年前の記事だった。店の入れ替わりが激しいソウルでは個人ブログは書かれた日付が重要だよね。

あきらめて他の店を探してみるけど、結局どこも11時以降に開店のところばかり。ずっと歩いていたのもあって疲れてしまい、だったら早めにシンドリムへ行って、別にチェーンのカフェでいいからお茶して待っていることにした。

でも、地下鉄に乗ると大切なオペラグラスを忘れてきてことに気付く・・・!

今回見るミュージカルは2階席のそれも一番後ろで見るんだからオペラグラスがないとちょっと厳しい。というか、わざわざそのために日本から持ってきたんだから戻るしかない。

ハプチョン(合井)で降りると反対側に移動してまた新村に戻った。こういうとき、駅から近い宿は助かる。でもさ、部屋のある4階まで階段で上がるのは荷物を持ってなくてもつらいわ~(汗)


というわけで、約束よりちょっとだけ早くシンドリムに到着。



ずっと前に、ミナンオンマのお店に行きたくて、シンドリムからタクシーで行ったことあったけど、その時降りたシンドリムと全然印象が違う。こんな新しいビルあったっけ?


時間ちょうどにMがやってきた。Mの家はここからバスで30分ぐらいらしい。一番近いターミナル駅なのかな。

約束通りスンデックを食べに行くことに。前日、スンデックを食べようとMが提案した時、Mオンマが「あれは韓国人でも苦手な人がいるから」って言っていたけど、Mは「エツコさんはソルロンタンも好きだし、日本には豚骨ラーメンもあるから」って説明していた。

実はスンデってちょっと見た目が苦手で食べたことがなかったんだけど、去年初めて食べて全然おいしいって気付いたからスンデックも楽しみだった。

出てくると、やっぱりかなり濃厚な感じ。確かに豚骨ラーメン的においもする。東京だとあまりないけど、昔博多へ行ったときラーメン屋さんの裏から漂ってきた香り。

お店はマボチョッパルスンデックという名前だった。HomePlusが地下にあるビルの1階。



ソルロンタンとかと同じで味はついてないので、これ↓で塩味をつける。



お味噌的なものと、コチュジャン的なものも付いてくるのでそれを加えてもいいみたい。

中にはスンデだけじゃなく、豚肉がごろごろ入っているけど、どれもどの部位だかわからない。軟骨がついてたりするから耳とかもあるのかな?普通の豚肉って感じの部位じゃないのは確か。でも、これ食べたらコラーゲンかなり摂取できそう♪

結果的にはかなりおいしくて、すっかり完食してしまった。


この日はマートで料理用のハサミを買う予定だった。スンデック屋さんの地下にはHomePlusがあったんだけどこの日は閉店。もう1軒近くにあるからと移動したけど、その店(Eマートだったかな?名前忘れちゃった)も閉店!

最近、マートが増えたことで小売店が困っていて、日曜日は閉店するマートが増えたってことらしかったけど、市の条例とかなのかな?営業カレンダーを見ると隔週で日曜は閉めているみたいで、運悪くその日に当たっちゃったみたい。まあ、仕方ない。ハサミは欲しかったけど、急いでいるわけじゃないから今回はあきらめ。


劇場のあるDキューブシティはここ数年でできたらしい。私が来たときはもっと前だからやっぱりなかったんだね。中には現代百貨店が入ってる。

Dキューブシティのソウルナビ記事はこちら



ここにはポロロパークがあって、ここだけはかなり人気なんだとか。キッザニア的な感じかと思ったらそんなには広くないみたい。





このフロアはポロロパークがあるからか、子連れの人が多い感じがしたな。

そんなところを横目に見つつ、ミュージカル開演近くまでお茶することに。





友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その4

さて夕方、現代百貨店の前で待ち合わせ。

オンマとは初対面なのでちょっと緊張していた私。年齢は私の1個上とは聞いていたけど、逆に自分と年の近い韓国の主婦の方に会ったことがなかったので、どんな感じかまったく想像がつかなくて・・・。

とりあえず、「私は○○です。」「初めまして」「お会いできて嬉しいです」はハングルで最初にちゃんと言おう!と思いつつ待っていた。

会っていきなりオンマは「コンニチハ!ハジメマシテ!」と言って握手をし、腕を組んで歩き始めたので一瞬で緊張がほぐれた。私やMよりはだいぶ背が低く、小さくてかわいいオンマ。ちなみに、オンマは日本語まったくわからないので、私に会う直前まで「コンニチハ」「ハジメマシテ」と練習していたらしい。そして、「もう忘れた」って言ってた(笑)

一緒にタクシーに乗りお店まで。途中、国鉄の新村駅を通過。初めて見た~。

行ったのはマリという韓食のお店。
http://m.marie1984.co.kr/index.php

正統派韓国料理のお店みたい。意外とこういうところって来たことないので何だかわくわくする。前日一緒に飲んでたMはどうやら二日酔いらしい。お酒は飲みたくないみたい。まあ、私もあえて今飲まなくてもって感じ。

最初に水キムチが来て、そのあとにお粥が来て、次々料理がやってくる。



お酒を注文しなかったので、ミックスジュースを持ってくれる。クランベリーと何かだったかな?忘れちゃった(笑)

お刺身、焼いたお魚、カボチャのグリルもおいしかった。



このあたりでだいぶおなかもいっぱいだったけど、それからおこげ。そういえばおこげってヌルンジだよね。単語は知ってたけど初めて食べたかも!色んな具が入っていて贅沢~。

オンマとはたくさんおしゃべりできるわけではないけど、Mの通訳でそこそこ話はできたかな。話がしたいから日本語勉強しますと言ってくださったけど、いやいや私がもっとハングルを勉強しなくちゃね!



お肉も食べて、もう無理!ってぐらいおなかいっぱいだったけど、最後は〆のごはん。黒米の入ったごはんもテンジャンチゲもおいしかった~。もう無理って言いつつも結構ちゃんと食べました。



最後はデザートまで出てきて大満足。オンマには「今度来たらお肉を食べましょう」と言われる。おみやげを渡したんだけど、「何もいらないから顔を見せて」と言ってくれてほっこり。おみやげにワインをいただいたんだけど、私の好きなスペインのメーカーでしかも普段飲むよりもだいぶ高級なもので感激!私からのおみやげはヨックモックにしてみたけど気に入ってもらえたかな?





お店にはかわいい人形のディスプレイがあちこちにあった。韓国の昔の学生服って日本のとほぼ一緒だよね。

食事が終わって新村駅までまたタクシーで送っていただく。



私は写真が苦手で普段は全然撮らないんだけど、せっかく会えた記念だからと3人でパチリ。なんか嬉しかったな~。今度会えるときはもっともっとお話しできるようにがんばろう!


Mたちと別れてまだ8時過ぎだったので、地下鉄で明洞へ。



東京にいる時だったら前日5時まで飲めば、翌日は家から出ることなんてないぐらいなんだけど、せっかくのソウル。これで部屋に戻るなんてもったいなくてどうしてもできない。

明洞に移動中に翌日会う予定のEに連絡してみた。日曜は1日時間があるけど、土曜は夜なら出られるって言ってたからダメ元で誘ったんだけど、10時以降なら出られるって!



夫のためにジオダノでTシャツを買いたくて行ってみたんだけど、もう季節が変わっていて長袖しかない。色々見てみたけど、これだったらユニクロでいいな~っていうのばっかりで、結局なにも買えず。

今回は買い物したいものが特になくて、コスメショップにも入らなかったんだけど、せっかく明洞に来たのでぶらぶらお店を見て回った。

Eとはホンデで待ち合わせたので2号線に乗ることにしてウルチロ入口駅まで。ウルチロイックの地下にあったアクセサリーとか小物のお店を覗いたらちょうどいいiPhoneケースが1万ウォンだったので購入。去年、GOTOモールで買ったのがすごく気に入っていたんだけど、1年使ったらなんだかぼろくなってきてしまったので新しいのが欲しかったの!それに私のはiPhone5sなので今買っておかないともうなくなっちゃうし。

このiPhoneケースが今回唯一自分のための買い物になった。

余談だけど、今回の旅で買ったのはこのiPhoneケースとインサドンで買ったクルミまんじゅう、娘のバッグだけ。他はいただいたワインとEに頼んでいたCD1枚。買い物が少ないと帰国してから荷物がすぐに片付く!これ発見だったわ(笑)前はコスメやら服やら色々欲しくて買いまくっていたけど、以前みたいに何でもかんでも安いってわけじゃないし、どうしても必要なもの以外はむやみに買わないのは結果的によかったと思う。



ホンデに移動してEと再会!1年ぶりだね。

前にも一緒に行ったことのあるチヂミのお店へ。참새방앗간 (チャムセパンアッカン) っていうのね。
コネストページはこちら



ちょうどMとオンマと栗マッコリの話をしていたので頼んでみた~。初めてだったけど、トロッとしていて普通のマッコリより甘く、これはこれでおいしかった。



しっかりごはんを食べた後だったから食べ物頼みたくないぐらいだったんだけど、韓国って基本食べ物のお店でお酒飲むって感じで、つまみを何も頼まないってことが難しい。

このときはモドゥンジョン(色んなジョン)の小を頼みたかったんだけど、小は追加でしかオーダーできないんだって。仕方なく普通サイズ。結局半分以上残しちゃってもったいなかったわ。こちらのお店、前に来たときも思ったけど、焼き立てではないからかちょっと油っぽい気がするな。



1本目がすぐに空いて、Eが同じのを頼もうとしていたので普通の生マッコリにしてもらった。やっぱりチャンス(長寿)マッコリがさっぱりしてておいしい!

Eは、私に久しぶりに会うので英語が心配だったって。Eの英語は私のに比べたら全然ちゃんとしてるのに!3月にNYに行った話もしたので、「私は自分の英語がめちゃめちゃだってわかってるけど、NYでだって別に困らなかったからこれでいいのよ!」とか言ってみるwww

私のハングルが以前よりも上達してるってほめてくれた。それもヒヤリングがよくなってるって。どんな勉強をしたのか聞かれたので、本とあとはドラマって答えたけど、確かにそうなんだよね。ドラマがかなり役に立ってると思う。

Eは日本が大好きで何度も来てるけど今まで日本語には特に関心がなかったと思う。でも、今回は日本語勉強したいって言っててびっくり。それも読み書きをできるようになりたいって。でも、会話よりそっちの方が難しいと思うな。だって漢字ひらがなカタカナあるもんね。

そして、去年Eに頼んだCDを受け取った。去年、私が見た後の「ヘドウィグ」にパク・コニョンが出ていたのだけど、ケガのために出演が途中でキャンセルになって代わりに彼が吹き込んだCDを劇場で売ることになって、それにイツハク役ではソムン・タクとイ・ヨンミが歌っていてどうしても欲しかったの。今までヘドウィグのCDは毎回買っていたけど、最初に見た2007年版のCDもイツハクはソムン・タクじゃなかったから。Eにわがまま言って三成の劇場まで買いに行ってもらったけど、お金は会った時でいいからって言ってくれてた。

お金を渡そうとすると結局受け取ってくれなくて、「プレゼントしたいから」って言ってくれたけど、Eだって家から30分以上かけて行ってくれたのに申し訳ない・・・。でも、その気持ちもすごく嬉しくて、素直にプレゼントしてもらうことにした。後日聞いたCDはなんとライブバージョンだった!過去のCDはみんなスタジオ録音だったので、やっぱりすごく貴重なもの!本当に嬉しい!!

そんな話をしていたらあっという間に12時過ぎ。「歩いてもいい?」って言うので一緒に散歩かと思ったら、宿まで歩いて送ってくれるつもりみたい。



ちょっと歩いたらカルディがあってびっくり!これってさ、本物?日本のカルディーと違ってコーヒー専門店みたいだったけど。



そして、カルディーからちょっと上がったらコーヒープリンスあった~!!たぶんそうかなとは思っていたけど、頭の中で場所がはっきりつながった感じ。


コーヒープリンス前の坂を上りきってちょっと広めの道に出たら、何となく見覚えが?・・・「もしかして、ここっておしり屋の道?」って聞いたらやっぱりそうだって!



日本式焼鳥のお店「おしり屋」は2回ほど行ったことがあって、宿からそれほど遠くないとは知っていたけど、こういう位置関係だったのね!

おしり屋前を通過して何回か角を曲がったらもうそこは宿の前の道だった!

え~!ホンデから10分ぐらいしかかかってないよ!しかも、おしり屋はすぐそばだった!前にタクシーで帰ったことすらあったのに!なんか、知らなかったとは言え、ばかばかしいね(苦笑)


Eとは宿の前で別れ、この日はちょっと早めに寝ましたとさ。



友達と飲みっぱなし遊びっぱなしの一人旅:その3

2日目10月10日(土曜)

前の日(というかこの日)朝の5時すぎまで飲んでたので、やっぱり昼過ぎまでは寝ちゃった。

ソウルで6時間以上寝るとなんだか罪悪感があって何度か起きては「もう起きた方がいいかな?」と思ったりしたけど、6時間は寝てもいいよね?と自分に言い聞かせて二度寝。

起きて、シャワーを浴びて、ゆっくりと支度してから部屋を出た。

この日の予定は夕方に前日も一緒だったMとMのオンマに会うことだけ。他は何も決めてない。

とりあえず、会社と家へのおみやげを先に買っておこうと思って仁寺洞へ。


外に出て、何を食べるか悩んでまっさきに浮かんだのはソルロンタンだったんだけど、新村の神仙ソルロンタンって地下鉄駅からだと5分ぐらい歩くんだよね・・・。夜もきっとごちそうだし、それまで時間も3,4時間ってところだから軽く済まそうかなと思って駅前の屋台へ。

ここ、去年来た時も気に入って2回ぐらい通ったんだけど、アジュンマが変わってた。そういうもんなのかな?働いてる人は屋台の持ち主ってわけでもないの?

屋台に行くと同時にアジュンマに注文した人がいたので少し待つ。その人はトッポッキをテイクアウト(ポジャン)で頼んでいた。

私はキンパプ(2000ウォン)をオーダー。受け取ってお金を払った。おでん汁もセルフでいただく。



前日飲んでるからめちゃくちゃうまくて体に染み渡る感じ~!!結局3杯も飲んでしまった。早めに晩ごはん食べるとするとちょうどいい量だったかも。

帰ろうとすると、アジュンマが「ケサン~!(支払ってことですね)」というので、困ってしまった。さっき払ったじゃんとは思ったけど、出入りしているお客さんを見ていると持ち帰りの人はすぐ払うけど、食べ行く人は屋台にやってきて食べてからお金を払って帰る。オデンにいたっては、店に来て勝手に食べて、帰るとき払う。断りもなくいきなり食べ始めるのでちょっとびっくり。

「さっき払いました」とハングルで言えず困っているとアジュンマも思い出したようで「さっき払ったね」(たぶんそんな感じ)と言って、納得してくれたのでよかった。屋台の礼儀をちゃんと覚えておこう。


新村から2号線に乗ってシチョンで1号線に乗り換え。シチョンってだいぶ古い駅だったのにキレイになってた!韓国の地下鉄は1号線から数字の順にできたって聞いたことあるから、一番古い地下鉄路線ってことだもんね。



新しくなって変わっていたのが駅名の表示。前はハングルとローマ字と漢字で、漢字は日本人的には読めるから最初の頃は助かっていたけど、ハングルでの正しい読み方がわからないのが困りものだった。それがカタカナに変わっていて、これはこれで便利なんじゃない?と思った。ただ、まだ全部の駅じゃなく新しく直した駅だけみたいだったけど。


ジョンガク駅で降りると、こちらも改装工事中だった。確かにここも古かったよね~。



地上に出てインサドンギルを目指し歩いていく。前に出前を運ぶアジュンマが。韓国アジュンマってホントにいつも感動するぐらい柄on柄の服を着てるよね~(笑)屋台のおばちゃんもそうだけど、どういうセレクトなんだろうって不思議になる。

このアジュンマもかなり派手な柄柄服でトレーを頭に乗っけて運んでいたので思わずパチリ。でも上が豹柄、下が花柄なんてアジュンマもいるからこの方は控えめな方かな?



インサドンギルに入ってまずはクルミまんじゅうを購入。とにかくここのが好きで、自分も食べたいから買って行くの。ホントは空港で売って欲しいぐらい。

今回はコネストのクーポンを見せて安くなったし、3万ウォン以上買ったので4個おまけをくれた。

コネストクーポンはこちら


この日は土曜だからか屋台がいっぱい出ていた。色んな屋台を見物しながら散策。

焼鳥の屋台が何軒かあったけど、日本の焼鳥と同じ味かな?



神仙ソルロンタンも発見!!遠回りして新村で寄らなくてよかった~。支店はいっぱいあるんだからこれからは調べておこうっと。



小物を売っている屋台もいっぱいあったけど、ドリームキャッチャーも。そういえば、前日行った「カレー魔女クリームチキン」の店内にもドリームキャッチャーがたくさんぶら下がっていたな。私的にはドリームキャッチャーと言えば「相続者たち」だけどね(笑)




去年の同じ頃に友達と寄ったホットック的なおやつのお店は全然違う店になっていた。そんなに入れ替わりが激しいのね~。



向かい側のお店はものすごい人だかりで何かと思ったらトルコアイスだった(笑)他の場所でもトルコアイスみたけど、なぜかすごく人気。口上がおもしろいのかな?上手にハングルでしゃべってるのも何か不思議。



そして、懐かしいもの発見!!このブタ~!!2007年に初めてソウルに来たとき、明洞で売ってて子供たちのおみやげにしたんだよね。



思いっきり投げつけると平らになって、また元の丸いブタに戻るの。前に買ったのは何度もやってるうちに液体が出て終わったけど・・・(苦笑)



インサドンギルをゆっくり歩いたなんて久しぶりだった~。ホントは何か飲みたかったんだけど、ちょうどいいお店を見つけられなかったのが残念。このとき、気分的にはスムージーとかフレッシュジュースみたいなものが飲みたかったんだよね。



アング駅に向かおうと歩いていたら、インサドンギルの最後でカバン屋さんの前を通った。ここ去年もあったな。どれでも1万ウォン。



見てたら娘の通学用に良さそうなバッグを発見!今回、ホントは夜中の東大門に行きたかったんだけど、あそこって現金だけだし、旅行日程に組込むと夜に友達に会う約束が困っちゃうので思い切ってやめることにした。GOTOモールでも行こうと思ってたけど、ここで済めばかなり楽なので、娘に連絡してみる。

最初は写真を送ったんだけど、LINEでビデオ通話にして実際見せながら選ばせた。ビデオ通話だと、「これ?」「いや、後ろの」なんてやり取りしながら中を見せたりもできてなかなか便利!いい時代だな~ww


無事バッグをゲットして部屋に戻るため地下鉄へ。

部屋に戻る前、忘れずにコンビニに寄り道。実は前日、コンビニに寄らずに部屋に戻ってしまい、もう外に出るのもおっくうだったけど、部屋の冷蔵庫はからっぽでかなり困った。フロントのウォーターサーバーまで水を取りに行ってコップに入れた水を冷蔵庫に入れたけど、飲んだ日に飲み物ないなんて最悪で。



私はソウルに行くと必ず買うのがとうもろこしのひげ茶。そして、飲んだ翌日は絶対チョコ牛乳と決めている。でも、この「チョコエモン」は気になってパチリ。これってホントに許可出てるのかな?ミロみたいな感じなのかしら?飲む勇気はないけどね。

一旦部屋に戻って、夜用の服に着替え、化粧直し。待合わせまでに時間的にもちょうどいい感じ♪


~つづく~


友達と飲みっぱなし食べっぱなしの一人旅:その2

そういえば、今回初めて見たものが。

それは住民登録カード。なんと裏に指紋があるの。(一応ちょっと隠してみた)なんか、すごいね~。これから私たちもこんなの持つようになるのかな・・・。



とりあえず3人で「魔女カレークリームチキン」を出て、ほんのちょっと歩いたらあったのがこのお店「キム作家の二重生活」というお店。なんか、最近人気のお店みたい。お酒をまったく飲まないYがおつまみがおいしいから~!とめっちゃ薦めてくるのでMと一緒に入ることに。



最初は店の外に並んでいる人がいたから、並んで待ってまで・・・って思ったけど、その人たちはグループだったみたい。2人だったら空くかもなんてお店の人とMが話していたら入れ替わりで2名の客さんが出てきたのですぐに入れた。でも、それって結構ラッキーだったみたい。



そういえば、ホンデあたりのお店って最近こんな風に「13.」とか料金表示しているところが多いね。「13,000」を「13.」と書いているらしい。ちょっとドルっぽくも見える。



こちらのお店、作家さんの隠れ家的なイメージなのかな?メニューも原稿用紙になってます。

本棚や本があったりしておもしろ~い。



Yが強力に薦めてきたクリームチーズをノリで巻いて食べるのと、にんにくとホルモンの炒めをオーダー。



どうやらこの2つが人気メニューみたいで周りの人も頼んでたよ。クリームチーズをノリに乗せて、かつぶしをお醤油に付けて乗っけ、わさびもつけ、最後にとびっこを乗っけて巻いて食べると・・・う~ん、なんか巻き寿司食べたみたい!

Mはあんまり気に入らなかったみたいだけど、彼女お寿司が食べられないからかも。私的にはなかなかよかったし、韓国のつまみとしてはヘビーじゃなくていいかも。




これは最初に出てきたおつまみ。いりこかな。写真だと大きく撮れてるけど、ちっちゃい器です。


で、ここのお店、ビールのコップとか紙ナプキンとか、お箸とかにも何やら書いてあるの。





「昼よりも夜にもっと会いたい」かな。Mもウケてました~(笑)

ここでは結構ディープな話をして、なおさら東京にいるみたいな感覚になったな。

もうビールはいいねってことになってマッコリを頼んだけど、マッコリは品切れ!え~~!?ウソでしょ~?!マッコリ用のカップもおいてあるのに・・・。めちゃくちゃ残念!でも、何か他の物を飲もうってことになって、このグレープフルーツの焼酎を。



スナリ人気でこういうの色々出てきてるみたいだけど、Mはこれが一番おいしいと思うって。確かに飲みやすいんだけど、これって前にMと3本飲んだら翌日彼女が二日酔いになっちゃったので、2本でやめておきました(笑)

それに、この手のって2本目ぐらいから甘すぎて飲めないし・・・。

帰りにレジに向かうとき、Mのバッグのひもが空瓶にひっかかってしまい、盛大に割れちゃったんだけど、隣の席にいたおにいさん二人、Mのことも日本人だと思っていたみたいで、謝ったら片言の日本語でにこにこしてた。日本人だから優しくしてくれたのかな?


お店を出て、さてどこに行こうかとぶらぶら~。

UFOキャッチャー的な?なんか謎いキティちゃんとかいますけど~(笑)



歩いている途中、なんだか妙に明るい建物が!しかも、ところどころに日本語が書いてあるよ?!

写真を撮っていたら知らない人たちに話しかけられました。なんか一生懸命片言の日本語で何か言ってる。どうやら「一緒に写真撮ってあげます」って言ってるみたい。またまたMは日本人観光客に間違われてる~~(笑)



せっかくなので撮ってもらいました!バックが明るすぎて顔が暗く写っちゃったけど、よく見てみると二人ともめっちゃ笑顔!楽しそう~!!

日本語で色々書いてあるけど、たぶんただの1軒の店だと思う。まぐろどんや中華の店ってわけじゃないよね?

ちなみにこんなのまで↓ 古い看板なのかな?それとも作ったもの?



しばらく歩いていたらこんなところにHAPPY DAY SPA!ガイドブックとかでは見たことあるけど、ここにあったんだ!




Mが特にどこかを目指しているわけじゃないとわかり、それじゃあと知り合いのお店に行ってみることに。

私が新宿でたまに行くお店の方に紹介してもらってショップカードをもらっていたお店がホンデにあったの。日本に住んでいた韓国人の男の人がいるらしい。親が店を持たせてくれたって言ってたかな?新宿のその店に日本に住んでる頃よく通っていたんだって。

住所を頼りに行ってみると、お店はビルの2階。普通だったら絶対入らないビルだよ、これ(笑)

でも酔っぱらっていたのもあって、普通に入ってみる。お店は真ん中に大きなテーブルがあって、その周りにぐるっと囲むように人が座っていて、真ん中にイスに座ってヘッドホンを付けた方がいる。ターンテーブルもあったかな?

カウンターもテーブル席もあるのに、そこには誰もいない。どうしよう?ってMと顔を見合わせながらとりあえずテーブル席に座ってみる。

でも、誰も何も言わないの。どうしよう?入ってよかったのかな?なんて思っていたら、一人のおじさんが近寄ってきた。

どうやら「間違ってない?大丈夫?」って感じみたい。客層からしても、日本人の私と若いMはなんでこの店に入ってきたのかわからないんだろうなwww



ここはミュージックバーで、みんな聞きたい曲をリクエストするらしい。飲み物は冷蔵庫の中から持ってくるみたい。

最初の1本はおじさんが持ってきてくれた。あ、別にお店の人じゃなくてお客さんみたい(笑)

で、Mが私に気を利かせて「ポゴシプタ」をリクエストしてくれた。私が唯一カラオケでちょっとは自信を持って歌える韓国の歌。

この店になんで来たのか聞かれて、いきさつを話した。新宿のお店の人が紹介してくれた方は若い方だと思うから、こちらのお店の息子さん?とか色々聞いたけどなんだか話が通じない。お店のオーナーには息子はいないみたいだし、オーナーは私より年上。日本語は全然わからないみたい。

すると、右隣の席にいた若い男の人が新宿のお店の人の名前に反応した!知ってるって言って、「ここで一緒に撮った」という写真を見せてくれた。間違いない!やっぱりここの店だ!でも、紹介された人は?

結局、日本のその人に電話してみる。彼もよくわからないので電話してみるという。

しばらく話していてやっとその隣の席の人が私が探している人が誰かわかったみたい。私の探していた人はこのお店はやめてしまったらしい。ほぼ同時に日本からも電話が来て「ごめんね!やめちゃったらしいんだよ」と(笑)

でも大丈夫。なんだかみんな優しくしてくれるし、こんな店こういうことでもないと絶対入らないからおもしろい体験だし。

タイミングよく「ポゴシプタ」がかかって、何となく歌い始める。周りのおじさんたちも一緒に歌う。オーナーはMに、私のことを「韓国語で歌えるんだね」と感心したように話してる。

そんなことをしているうちに最初に探してた人から電話がかかってきた。近くの店で働いているから来てくださいと。でも、今の店も入ったばかりだし、たぶん遅くなるからと言ったけど(多分このとき3時近くかな?)何時でもいいと言われたので、とりあえず店を出たら電話しますと約束だけしてみた。

左隣にいたおじさん二人組の一人(最初にビールを持ってきたおじさん)が名刺をくれる。大学の先生みたい。ちょっとだけど日本語が話せる。みんな酔っぱらってるけど、フレンドリーで楽しい!

リクエストしてと言われて、この店のこの場でふさわしい曲がわからずちょっと悩んだけど、年齢層高めだったので以前「不朽の名曲」で聴いた「キリマンジャロの豹」をリクエスト。

すると「アナタハ オヤジデスカ?」と片言で聞かれた~(爆)どうやら古すぎたのかも?でも、おじさんがオーナーにリクエストを伝えると「私も好きな曲だ」と言って、ライブバージョンでかけてくれた。後で知ったんだけど、チョー・ヨンピルの曲なんだね。それが懐メロだったのか、おじさんも負けじと古い曲をリクエスト。それも「不朽の名曲」で聴いたことある!

そのうちなぜか「シーズン・イン・ザ・サン」がかかる。なぜTUBE~~?!と思いつつも、知ってるからめっちゃ歌ってしまった(笑)それも褒められたりしてかなり上機嫌。

しかしこの店、リクエストするとそれがかかるまでいなきゃ失礼だし、なんだかエンドレスになりそうなムード。適当に切り上げるしかないなと思って帰ることに。

最後はオーナーと一緒に写真を撮ってもらいました。私、写真すごく苦手で普段はほぼまったく撮らないんだけど、どんなに不細工に写っていても、記念だからね!!と腹くくってみました。あ、新宿のお店に人に「写真送って~!」って言われたのもあるんだけどね。



そんなわけでお店を出て、さっきの人に電話してみました。

まーっすぐ歩いてきてくれれば迎えに行くって。で、行ってみると・・・いたいた!多分、あの人?

そろそろ仕事上がれるからと連れて行ってくれたお店は閉店していたので、結局その人が働いてる(支配人だと言ってたな)の店へ。あ、ここ前来たことある!人がいっぱいで入れなかったんだよね。上水駅の結構近く。

私たち、新村→上水→ホンデ→上水って同じあたりをぐるぐるしてるのね(笑)

で、無事お会いできたので報告のためにパチリ。



よくわからないけど、日本酒やら日本のビールやらがあるおお店なのかな。

座るとすぐに生ビールを持ってきてくれたけど、私たちとにかくひたすらビール飲みまくり・・・。途中ちょっとだけ焼酎入ったけどビールばっかり飲みすぎてておなかがたぷたぷ。これ以上水分入りませんって感じ。



このときもう4時はすぎていたんだけど、お客さんも結構いました。地元の友達に聞いたらいつもお客さんでいっぱいなお店らしい。

汁ものが食べたいと言ったらこれを出してくれたんだけど、量が多い~!もうおなかいっぱい!



正直、食べること、飲むことに疲れちゃっていた私たち。眠くはないんだけど、しゃべるのも面倒・・・。その人が一生懸命自己紹介してくれてる中、ぼや~っとしてました(苦笑)



帰ろうとしたらサービスでまた1品。カニ肉をエゴマの葉で巻いてあったよ。これは無理やりだけどとにかく食べた(笑)

と、ここでもう限界。

1日目のソウル、翌朝5時までよく遊びました!!そして、付き合ってくれたMにも感謝!てか、東京ではよく一緒に朝まで飲んでたもんね♪


かなり長い1日目でした~。

友達と飲みっぱなし遊びっぱなしの一人旅:その1

約1年ぶりにソウル行ってきました~!

ソウルって行くとまたすぐ行きたくなるけど、行かないとなんだか足が遠のいてしまって・・・。ここ2年はライブとかカムバとか理由がないのもあって「いつでも行ける」が逆に「いつ行く?」になってた気がします。

自分の記録として旅の費用などを先にまとめておきます。(スルーしたい方は写真のあるところまでどうぞ)


今回はANAのマイレージ利用で行きました。以前まではANA便は15000マイル、スターアライアンスグループの便(アシアナ、ユナイテッド)は20000マイルだったのですが、久々に利用したらどちらでも15000マイルになっていました。

それでもやっぱりANA便はなかなか空きが出ず。最初は木~日で日程を組んでいたものの、帰国便がまったく取れなかったので金~火に変更。アシアナ便を利用しました。

エアー(燃油代+諸税) 7020円
宿代(いつもの新村ゲストハウスをExpediaで予約) 4泊で 15464円
 合計 22484円


さて、アシアナということで成田空港利用です。

成田行きはいつも京成スカイライナーを利用していたのですが、今回はちょっと悩みました。というのも、友達から銀座、東京から成田まで1000円のバスがあると聞いたからです。

それを利用してみようとぎりぎりまで考えていたけど、時間が読めないし、行って現金払って乗ればいいと書いてあっても、「もし満席だったら?」「次のバスだったら間に合わないかも?」などなど色々考えたら不安になってしまい結局やめました。

結論としては、時間がたっぷりあり、お金を節約したい人向けというところでしょうね。帰国の時はバス停へ行ってみたのですが、バスが行ったばかりで、次のバスは満席、その次を待つように言われました。これじゃ下手すると1時間近く成田に足止めになると思います。

我が家から一番近い山手線駅から成田までは、成田エクスプレスで約3200円、京成スカイライナーで約2700円です。

今回初めて気付いて京成の普通電車を利用しました。これだと約1400円。1時間に2本のエアポート快特というのを利用します。スカイライナーも1時間に2本なので大差ないと思います。ただ、ご自宅が日暮里に近い方はスカイライナーの方が便利でしょうね。我が家は東京の西側なので、日暮里より品川の方が便利なのです。

スカイライナー利用1時間30分、エアポート快特利用で1時間40分。時間もほとんど変わりません。ただ、エアポート快特は普通の電車なので座席予約とかは一切できません。最悪はずっと立って行くことになりますが、それはちょっと考えにくそうです。特に帰りは成田が始発なので座れます。それから荷物置き場もないので、荷物が多い方は向かないかもしれません。


というわけで、シージャク!



10月9日(金)

落ち着かなくて早めに家を出たら予定より30分近く早く山手線に乗れた。10時前ってラッシュは終わってるんだ!1000円バスにトライしてみる?と乗換案内見たらギリギリ無理。でも気になる表示が・・・品川から京急乗ると成田まで1000円台で行けるの!?あわてて電車降りた。

もう一回乗換案内見たらもう出ない。また山手線に乗り田町でまた見るとやっぱりない。新橋が近づきまた見るとある!!どうやら在来線で特急料金がいらないから安いみたい。あわてて新橋で降り都営浅草線へダッシュするも目の前で行かれる(泣)また山手線に戻り日暮里からスカイライナーかと改札に戻ったけど、自動改札開かず・・・。

駅員さんのところに行き乗り遅れたから出してと頼んだけど、ふと「待てば来ますか?」と聞いたら約30分後にまた来るらしい。それで行っても出発1時間半前。浅草線のエアポート快特は30分に1本らしい。覚えておこう。放心状態でホームに座り込むこと30分あまり。やっと電車に乗れた。

海外に行く前に極度に不安と緊張が襲ってくるのは毎度だけど、これって性格?軽く病気?絶対大丈夫だから!と何度も心で唱えてみる。

乗ってしばらくすると席が空いて座れた。車内ポカポカ。周りもかなりの人が寝てる。なんだか眠くなってきた私。

というわけで、無事11:57着。チェックインして、WiFiレンタルを受取り、荷物チェックして、イミグレに。

イミグレの自動ゲートって使ってる人見たことないけど使えたら早そう。後ろのおじさんが登録に行った。申請用紙書いて5分で完了らしい。友達でも使っている人がいて「早くて便利」だそう。でもスタンプは押されないので、記念に残したい人は出てから押してもらえるんだって。

ゲート到着。搭乗まであと10分とは思えない人の少なさ。



乗り込んでみると、左右に3席ずつの小さい飛行機。前は3席‐4席‐3席だったのに。

予約した時に座席指定ができたから富士山を見ようとAを取ったけど、翼でよく見えなかったー。残念!



最近は飛行機の中で充電できるから便利!ってニューヨーク行くとき思ったのに、忘れてバッテリー使って充電しちゃってたよ。もったいない・・・。忘れないようにしなきゃ。



というわけで機内食。アシアナは最近イマイチと思っていたけど、今回のサラダなんか悪くなかった。ただ、ビールは指定しないとOBなのが困る。やっぱりcassでしょ。

「コチュジャンください」と言おうとして、メインを確認したらなんと和食!アシアナで和食って初めてじゃない?びっくりした~。

しかし、ヒジキに切り干し大根にがんもの煮付けってどんだけあっさりなの・・・。ソウルでいっぱい食べるからと思って前日の晩ごはんからかなり軽くして、朝食もトースト1枚だったから全然足りないけど、まOKかな。



映画を見る時間はないから、韓国のバラエティーを見ることに。見てみたかった「覆面歌王」を見る。



これって、歌手の人だけが出るんじゃないんだね!私が見たのには最初は元アイドル歌手、次は局アナ、次は芸人さんだった。みんな歌が上手~!


というわけで、無事到着。あっという間に空港鉄道に乗り込む。

ソウルの気温は東京より低かったから、半袖にカーディガンという格好だったけど暑い!特に電車の中が暑くて汗が止まらない~。

仁川から電車に乗るといつも数駅先で自転車を持ち込んだ年配の人たちがたくさん乗ってくる。すいてるときはいいんだけど、このときはめちゃくちゃ混んでて、スーツケースを持ってる私も立っていたのに自転車の人が入ってきて参った~。近くにいた高校生なんて「あ~!チンチャ!!」って怒っててびっくり。年配の方に平気で悪態つけるなんて韓国も変わったな。

しかし、予想より暑くてヤバイ!長袖しか持って来なかったけど、どうしよう?


何とか新村に着くと、友達からカカオが。もう近くにいるらしい。ホテルのロビーで待ってていいかって聞かれたけど、いやいやロビーとかあるようなところじゃないから(苦笑)

近くの現代百貨店で待っていてもらって、とにかく顔を洗ってメイクを直し、おみやげを持って出発!!


二人の韓国ヨドンセンMとYと再会!!

早速バスに乗って上水(サンス)に行くことに。



バス停で数分待っていたら、Yが「こんなに人が待ってるとバスが来ても乗れない」と言いだし、結局タクシーで行くことに。まったくせっかちだな~(笑)でも、聞いたらサイズの小さいバスらしい。

というわけで、上水に到着!

連れってくれたお店は「魔女カレークリームチキン」というお店。

ソウルナビの記事はこちら



こんな道に面してる。冬はわからないけど、今の季節はテラス席は完全に外になっていて、特に窓もなかった。冬になったらどうなるのかな?



二人は「チュオチュオ(寒い寒い)」と言っていたけど、私は外飲みが好きなので迷わずテラス席へ。



まずはビールで乾杯!!「なんだ、キリンビールなの?」と聞いたら「グラスだけです」だって!?ホントに?それでいいのだろうか?(笑)



まずは、お薦めのカレーチキン!!



最初、説明されたときカレーにチキンが入ってるとか言われてもイマイチよくわからなくて、あんまり期待してなかったけどこれはマジでおいしい!!カレーの味がホントにおいしいの!

チキンも骨なしの食べやすいサイズだからどんどん食べられちゃうし、ポテトもおいしい~~!!

これ、食べ終わったらどっかのコンビニでごはんだけ買ってくるとカレーポックンパにしてくれるんだって。これはお店の人も言ってくれないし、知らないとわからないことらしいけど。


で、最初メニュー見たとき、やっぱり普通のチキンも食べたくて頼んじゃったのがこれ。



これはこれでおいしかったけど、女子3人でもちょっと多かった・・・。結局、全部は食べられず、カレーポックンパも食べられずに終わっちゃった。次回は絶対これだけ食べよう!!



一緒にいたYが翌日、東京に向かうために仁川に朝7時だというのでここでバイバイすることに。

それにしても、いつも東京で一緒に飲んでたMといるせいか、ソウルにいる感じは全然しない(笑)


~つづく~


プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR