スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAY!FTISLAND in 台湾:その9(終)

さてさて、雙連の夜市の続きからです

かき氷を食べた後、ブラブラと歩いてみました歩く




やっぱり人がいっぱいです

色んな食べ物屋さんを見ながら先に進んで行きました。





食べ物屋さんの先には、ゲームコーナーが続いていました

金魚ツリと並んでいるのは、エビ釣りです

これ、釣ったら持って帰って料理するのかな






楽しそうに遊んでいる親子が多かったですよ





もちろん、こういう物も売ってました




最後まで行きついて、引き返し、また同じところを歩いてみました。

今度こそ何か食べるもの決めなくちゃ




色々あって、食べたいものもあったんだけど、

なんだか疲れきっていてどうにも混ざって行く気力が出ないんです・・・



そういえば、タピオカ売っているお店には必ずを言っていいほど、これがありましたサゲサゲ↓





やっぱり、カエルの卵に似てるから



結構悩んだけど、夜市でごはん食べるのはあきらめることにしました。

まあ、九份まで行ったんだし、一応やることはやったかなってことで、

ホテルに向かって歩きだしました。


どこに入ろうか悩んだ末に、結局は前日と同じお店に行くことにしました。

一度行ったから気も楽だしねウインク


ipodfile.jpg


この日は、スーラ―タンメンと空芯菜の炒め物にしました

空芯菜はほとんどの方がサイドでオーダーしているんですけど

確かにおいしいんです

結構な量があったけど、一人でほとんど食べちゃいました


スーラ―タンメンは、麺をラーメンの麺でオーダーしたのですが

日本のラーメンの麺より柔らかい感じでしたね。

トロミのせいで全然冷めないので、結構苦戦して、半分ぐらい残してしまいました



ちなみに、こちらのお店は従業員のおばさんたち以外に

一人だけキレイにメイクした派手なおばさまがいます。

どうも、オーナーさんっぽいのですが、何だかデビ夫人に似てるんですよあはは・・・

日本語もちょっとできる方でした。

最後にレシートをもらいたくて、「レシート・・・」って言ったら

「ちょっと待って、これは日本語で何と言いますか」って領収書を見せられたので

教えてあげましたのですが、「リョウシュウショ」かなり言いにくそうでした



それにしても、台湾ではあんまりいいもの食べられなかったな・・・ザンネン…。

一番は、一人ごはんだったので選択肢があまりなかったというのがありますけどね。



もう帰って寝るのもったいないなって思ったけど、

最後にゆっくりサウナでも入って寝ることに。


翌日は結構朝早い便だったので、寝過ごさないか心配で

何度も夜中に目が覚めました苦笑



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


翌日、起きてすぐにテレビのスイッチを付けると

なんと、Distanceが


ipodfile.jpg


一瞬、自分のDVDかなと思ったけど、

いや、持ってきてないし


旅の最後にジョンフンに会えるなんて、偶然とは言え、すごいタイミングだな


急いで支度をして、フロントへ

ちょうど食堂での朝食が始まる時間だったのですが、

10分で食べられるならギリギリ間に合うかなという感じだったので寄ってみました。

大急ぎでサラダとトーストだけ食べて、コーヒーを飲んで出発



帰り便は、行きと違って松山空港でした。

台北の街から近いとは聞いていたけど、あんなに近いとは


15分ぐらいで着いちゃったんじゃないかな


時間は十分あったので、スタバでゆっくりカフェラテ飲んでみました



帰りの機内食はこんな感じサゲサゲ↓

ipodfile.jpg


帰りもまたハーゲンダッツy’s

機内食の冷え冷え麺も結構好きですうまい



それにしても、FTのコンサートがなかったら

きっと台湾に行くこともなかっただろうなと思います。


FTのおかげで、台湾に行くことができて、

たくさんの人とふれあうことができて、本当にいい経験になりました。


ipodfile.jpg


セドゥルチョロンの時に降ってきたカラフルなナビたちうふふ

また大切な思い出が増えましたキャー


何よりも、こんなチャンスを与えてくれた家族に感謝しています。

離れた場所にいるからこそ感じられる事ってありますよね。




長い長い台湾旅行記、読んでくださってありがとうございました



ペタしてね


スポンサーサイト

PLAY!FTISLAND in 台湾:その8

九份での話、つづきです


ipodfile.jpg

3回ほどお湯を足してもらい、まったりと東方美人茶を楽しみました

雨の中歩いたり、結構大変だったので、

もうお尻に根が生えたように、ここから動きたくなかったです

夜になって、赤い提灯に明かりが灯ってからも素敵だとガイドブックには書いてあったのですが

そんな時間まではさすがにいられないし、

帰りもまたスムーズに行かないかもしれないので

重い腰をあげて、帰ることにしました。



それにしても、台湾ではたくさんの犬を見ました。

特に九份の犬たちはみんな自由笑い

それぞれ、きままに散歩したり、寝たりしていましたsao☆


ipodfile.jpg

ipodfile.jpg


1人旅なので、あまり話すことはなかったからか、

犬を見かけるとつい話しかけてしまったりして♥akn♥



このまま石段を降りて行くとバス停がありました。


・・・が

予想はしていましたが、いや、予想をはるかに超えた人が待っていますガクリ

やっぱりか~

これだけたくさんの人が来てるってことは、やっぱり帰るわけですよね苦笑


バス停は人がいっぱい、バスがやってきてもギューギューで乗れませんaya

そんな状態で、何台バスを見送ったかな

ツアーで来ている人も結構いて、こんな時は「ツアーでくれば楽に帰れたかな」なんて思っちゃいます。


でも、実はこのバス停付近でタクシーがたくさん待機していました。

誰かの予約なのかと思ったけど、そうじゃないみたい。

ここは、お金で解決するか←日本人の悪い癖ミアネ

タクシーに乗り込みました。


ガイドブックには、一番近い電車の駅の名前が書いてあったので

その部分を見せました。

すると、おじさんは料金表を見せてくれました。

瑞芳まで、そして基隆までの料金が書かれていました。

そして、台北までもこの金額出せば行けるよと言われたのですが

「お金ない、ない」と日本語でお断りし爆

(日本円で3000円ぐらいだった記憶があるので、結構安いですけどね)

タクシーで山を降りて行きました。

こういう時にごり押ししないのが台湾人のいいところだな~しみじみ



駅へは結構すぐに着きました

切符もすぐに買えたし、あとは電車に乗れば台北まで着くぞ~

ipodfile.jpg


のんびりした田舎の駅って感じですが、

実は

私がいた台北行きのホームは人でごった返していました


のんびり電車の旅なんて思っていたけど、とんでもない

満員電車です~


こっからがホントに長く感じましたね泣き1

バスに乗ろうが、電車に乗ろうがどっちにしても満員だったわけです。

九份は、台北の人達が日帰りで行く行楽地なんでしょうね。

行けてよかったし、きっと行かなかったら後悔したと思うけど

往復がこんなに大変ならもういいかなと思ってしまいました。


でも、台湾人の優しさは満員電車でも発揮されてましたよ

絶対にギューギュー押したりしないし、

ドアが開いても満員だと無理に乗りこんできたりもしないんです。

近くにいるのが女性だったりすうと、一生懸命その場に踏ん張って

押さないようにしている男性が多かったのもいいな~と思いましたにこ


さてさて、かれこれ1時間以上電車に乗り、

なんとか台北に戻りましたあはは・・・


台北駅は、この時初めて行ったのですが(通ってはいたけどね)

新しくて近代的な駅でした

ipodfile.jpg


なんか疲れてしまったので、この日はこの駅ビルでごはんを食べようかなと思って

色々見に行ってみました

すると、たっくさんの日本のお店が


大戸屋でしょ~



無印でしょ~



リンガーハットでしょ~



ハンズもあったよ~




そして、飲食店はどこも外まで並ぶぐらい混雑していました/e14

別にそこまでしてここで食べたいわけじゃないので、

駅から出てみることにしました歩く



そういえば、台北駅から、私の泊まっていた雙連駅までは地下でつながっているんだっけ

というわけで、歩いて行ってみることにしました。



台北と雙連の間には中山という駅があるのですが、

ここも結構にぎやかだというので地上に





ここは三越があるんですよね~。

別に買い物したいわけじゃないのでブラブラと雙連に向かって歩き始めました歩く


おお、吉野家だ~



ダイソーもある



ホントに日本のお店や物がいっぱいあるんですよね~


ここで、「そういえば、マンゴーかき氷食べてない」と思い出し、

マンゴーかき氷を探して歩き始めました歩く


こっから、雙連まで色んな道に入ってはぐるぐるぐるぐる結構歩いたのですが

結局、マンゴーかき氷のあるお店は見つけられずブー

何軒かそれっぽいお店を見つけては「マンゴー」って聞いてみるけど

どこにも置いてませんでしたしょぼん

やっぱり1日目のヨンカンチエで食べておくべきだったか



どうしても冷たい物が食べたかった私は、ハーゲンダッツを買ってホテルに戻りましたため息

なんか残念すぎるな~~ザンネン…。ザンネン…。



部屋でアイスクリームを一気食いし笑い笑い

疲れた体にむち打ってまた夜の街へ歩く


雙連にも夜市があると聞いていたので、行ってみることにしました

ipodfile.jpg


ホテルを出て、駅を通り越し、少し歩いて行くと、ありました~~~

さ~~て、最後の夜です

ipodfile.jpg

ちょっと歩いていたら、すぐにかき氷屋さんがありました

マンゴーが入ってなくても、とにかくかき氷は食べなくちゃ

何がどんなだかわからないけど、とりあえず写真を見て注文してみました。

やってきたのがこちらサゲサゲ↓

ipodfile.jpg


2種類のトッピングを選べたので、黒いゼリーとあんこのようなアズキをチョイス

(黒と黒って、イマイチですね

氷には練乳的な物がかかっていました。

しかし・・・・・・・甘くない

日本のかき氷を想像していたので、練乳もアズキも甘くなくてビックリしました

ゼリーも甘くないんです

何かを間違ってしまったんだろうか

半分ぐらい食べたところで、ごちそうさましました苦笑


でも、とりあえず、かき氷は食べられたからいいんだよcandy☆




ここからは、夜市をぶらぶらしてみることにしました歩く



つづく





ペタしてね


PLAY!FTISLAND in 台湾:その7


さてさて、のろのろバスはやっとさっき通り過ぎたにぎやかな場所にやってきました

とにかく、バスを降りてみることに
どきどき


とりあえず、人がどんどん入って行く路地みたいなところがあったので

そこに入ってみました





細い道には人がいっぱいでした

なんだか、ちょっと縁日みたいな雰囲気

ここのために大勢の人が押し掛けているんですね~





これはアメみたいでしたビクーッ



このアメ屋さん、古くておもしろい建物でした~



写真ぶれてますが

こんな雰囲気のある階段もあったり

なんか、お台場とかでもありそう~




この食べ物を売っているお店がたくさんあったのですが、

透けて見える赤いのはお肉みたいですよ



それまでの、「来なきゃよかった」はどこへやら、

すっかり楽しい気分になっていました


でも、目指す場所にはなかなかたどりつけません


しかし、この旅でまたまたiPhoneの実力をひしひしと感じました~

こんな山の上の街にいたって、ちゃんと自分がどこにいて、

どっちを向いて歩いているのかわかるんですもんね

これがあれば世界中どこだって一人で行けそうな気がしたぐらいです笑い



さてさて、目指しているのは千と千尋のモデルにもなった建物です。

どうやら、この屋根のある(と言っても完全につながっているわけではないのですが)アーケードではなく、

別の道に行かなくてはいけない様子。


この通りからちょっと曲がったところに細い階段が続いていました。



そうそう、ここ、ここ

ガイドブックで見たのは、ここだったんです


そして、ついに・・・





どうしても見たかった建物にたどり着きました~~~

そうそう、千と千尋のまんまだよ~~きらきら

感動して写真を撮っていたら

あっ

さっきのおじさん~~

そう、この人ですサゲサゲ↓




なんだ~、おじさんも九份に行くところだったんじゃん

「お一人なんですか」と聞かれ、「そうなんです~」と私。

あちらは、2人ほど連れている方がいましたけど、

これ、イケメンだったらもう恋に落ちてるかも爆

運命感じちゃいますよね~

イケメンだったら・・・candy☆

「楽しい一日を」と言われて、そこで別れましたけどね。



早速、この千と千尋の建物に入りました。

ここは飲食店なんです。

普通の中華なのかと思ったら、喫茶店的な感じなのかな

メニューには創作パスタなんかもありました。

最初は、中華の定食を頼んだのですが、1人で食べるには量が多すぎると言われのたで

餃子にしてみました。



考えてみたら、ホテルで食べた朝食以来のごはんです。

ホントはもっと色んなものが食べたかったな~

このへんが一人旅のつらいところですね苦笑

ipodfile.jpg


お茶は、東方美人茶というのにしてみましたうふふ

このテーブル、脚は足踏みミシンの脚になっているんですサゲサゲ↓

ipodfile.jpg

アンティークな感じでなかなかかわいいですハート


ここまで大変な思いをしてきたので、結構ゆっくりしました。

周りのお店から流れてくる曲は、何だか聞き覚えのあるような・・・

アコーディオンのインストなのですが、よく聞いてると日本の古い曲ばかり

都はるみとか、小林旭なんかの曲が流れていました苦笑




外のベランダでお茶を飲んでいたのですが、

そこから見えたのが、台湾最古とも言われる映画館です。

昔は金鉱として栄えたところなので、娯楽施設もあったんでしょうね。

今はもう営業はしていないようですが、観光名所なので

たくさんの人がやってきては写真を撮って行きました。


古い映画館の隣はと言うと、今風のかわいい雑貨屋さんだったりして、

いい具合に新しいものと古いものが共存している街なんだな~と思いました。




向かい側のお店も何かいいな~

ただ、こういう建物があったのは、本当にこの一角だけでした。


でも、台北からなんだかんだで2時間以上かかってたどり着いた場所です。

ずいぶん遠くまで来ちゃったな~と思いながらも

なんとも言えない満足感に浸っていました



つづく



ペタしてね


PLAY!FTISLAND in 台湾:その6


台湾最終日5月27日

ホントの最終日は翌日なのですが、朝帰るだけなので

実質この日が最終日でした。


丸1日に何も予定がないので行くところを決めてきました。

それは、九份(キュウフン)というちょっと台北から離れたところです。

ガイドブックで見たのですが、「千と千尋」のモデルになった建物があるらしい。

そして、台湾映画「悲情城市」の舞台になったところでもあるらしい。


ちょっと遠いので、ややハードル高めでしたが

とにかく行ってみることにしました 



ホテルで朝食を取り、MTRで九份行きのバスに乗れる忠孝復興駅まで



そうそう、この日が最終日なので、できるだけ持っている台湾ドルで済ませようと思っていました。

駅を出て、バス停に行ったら、なんだか普通の路線バスです。

結構遠くまで行く高速バスなので、チケットを買う窓口とかあるかと思ったのに・・・

バスチケットがカードで買えれば、もう両替しなくていいかと思ったんだけど。

空港から台北市内へ来た時のバスは窓口があったので

カードでチケットを買ったんです。(どうも数百円だったみたいですが♥akn♥


ここで現金を使ってしまうと、本当にギリギリかもしれないので

MTRの駅に戻ってATMを探しました。



台湾では、大きな買い物や高級なお店での食事をしなければ

本当にお金がかからないんです。

だから、一万円とかを両替してしまうよりも、

カードで現地通貨をキャッシングする方がお得だったりします。


最初に見つけたATMではどうやって使うのかイマイチわからず・・・・

でも、こういう時って必ず誰かが私を見ているんです。

この時も、隣のATMを使っていたおねえさんが、私がそこからいなくなるまで

ずっと心配そうに見ていてくれましたキャー

ちょっと移動して、別のATMに行ったら英語表示もある機械で

すぐに少額だけ引き出すことができました


そうしても、もう一回バス停に戻りました歩く


バス停に着くと、20人ぐらい並んでいます。

バスも止まっているのですが、もう満員みたい。

私は、列の一番後ろに並んだのですが、

なにやら運転手さんが一番前に並んでいる人に話しています。


すると、そのおにいさんがこっちを見て何か言ったんです。

どうやら「あと1人だったら乗れる」と言っているみたいなんですが、

その瞬間、並んでいた人がみんな一斉に私を見ました♥akn♥

みんな、「あなた一人でしょ」という顔してるんです。

ということで、なぜか私だけ乗せてもらう事ができました


またまた優しくされちゃってます


バスが走り出すと、ちょっと不安になりました。

実はあんまり行き先を確かめないで乗っちゃったんです。

だって、せっかくの好意だったしね・・・


私が持って行ったガイドブックは台北中心だったので

九份のことはホントにちょっとしか載っていなかったのですが

金瓜石行きのバスに乗れって書いてありました。

隣の席のおばあちゃんにそれを見せると、「私もそこで降りるから」と言ってくれてるみたい。

「1時間ぐらいかかるわよ」とも言っています。(指を一本立てたからね)


あとは、一緒に乗っていれば大丈夫みたいほっ


ちょっと走って何か所かバス停を通ったのですが、

運転手さんが「満員だから」って断わっていました。

人気の路線なんですね~



少し走ってから、突然バスが止まり、運転手さんがどこかへ

どうも、トイレみたいでした苦笑

乗っているお客さんも普通に待ってるし、なんかおおらかだな~なんて感心してしまいました。



バスは高速に乗ってしばらく走りました。

どうも高速に乗る間は座席分しか人を乗せないみたいですね。

で、高速を降りたら、どんどん人が乗ってきました/e14



バスはどんどん山道を登って行ったのですが、

あるところまで来たら急にバスが動かなくなりました

くねくねの細い山道なので、どうもバスとバスがすれ違えないみたい


しばらく経つと、その理由がわかりました

何にもなかった山道から、突然たくさんのお店やコンビニまであるにぎやかな場所に出ました。

道は歩道と車道が分かれていないのに、あふれんばかりの人、人、人


山の中に突然繁華街があるみたいな感じでビックリしました

しかも、バスに乗っていた人達のほとんどはここで降りたんです。

私もちょっと心配になって、隣のおばあさんに「ここじゃない」と聞いたのですが

「まだよ」って感じだったので、そのままバスに乗っていました。


渋滞の中を抜け、やっと目的の金瓜石に着いて、私を含め全員がバスを降りました。



・・・・ん

なんか、想像していたところと全然違う苦笑


バスの終点のせいか、バス停で待っている人はたっくさんいるのですが、

それ以外に何にもないところなんです。

もう、うろ覚えですが、黄金博物園というのだけがありました。

台北ナビの黄金博物館のページ
http://www.taipeinavi.com/miru/130/ 


どうも、昔は金鉱だったところらしいです。

園の入口にある地図には日本人職員もたくさんいたようで、

日本式宿舎もあると書かれています。


・・・しかし、肝心の九份は

その地図には載ってないぐらい離れていているみたい

しばらく、地図を見てどうしたらいいか考え込んでしまいました

やっぱり、そばで私を見守っているおじさんがいて、

その人に聞いてみてもいいかなって思ったりもしたけど、

とりあえず、iPhoneの「マップ」で自分の位置を確認して、

九份まで歩いて行こうと出発したんです




でも、数十メートル歩いて挫折・・・ガクリ

というのも、道は結構細く、しかも、車道と歩道が分かれてないので

何だか怖いんです

そして、この日は雨も降っていました



何度か戻ったり、立ち止まったり、やっぱり歩いたり苦笑

「マップ」で現在位置から九份と入れてみたら

徒歩30分ぐらいかかるらしいガクリガクリ


どうする

タクシーとか来ないのかな(猫空は結構タクシーが来ていたのでふと思ったんです)



ここでかなりの時間を使いました。

そもそもあんまり調べもせずに行ったことを後悔したり、

だったら他のところに行けばよかったと思ったり、

でも、もう歩くしかないと歩き出したと思ったら、

向こうから男の人が歩いてきました。


春風亭昇太に似た人・・・こんな感じですサゲサゲ↓





いきなり日本語で「すみませ~~ん」と話しかけました。

だって、中国語わからないし、英語でもないかなって

すると、この方、日本語ぺらぺらだったんです

私が「九份に行きたいんです」と言ったら

「え~~~九份遠いよ~」って苦笑


この方によると、歩いて行くのはちょっと大変すぎるから

バスで行きなさいとのとこ。

タクシーは来ないかと聞いたら、来ないって・・・

そして、バスは大きいバスと小さいバスが来るから、必ず大きいバスに乗ってと言いながら、

バス停まで連れて行ってくれました。

いい人だ~~~~泣き1



バス停でバスを待つこと数分、バスはすぐにやってきました。

バスに乗り込んで「九份」と聞くと、運転手さんはうなずいたので

席に着きました。



しばらく走ると、またバスは止まりました。

ここで急に気付いたんです

私が行きたかった九份は、さっきたくさん人が降りたにぎやかなところだったんだ



ガイドブックをもう一度読み返すと、

「金瓜石行きに乗って、九份バス停で降りる」と書かれていましたガクリ



そうなんです。

私が勝手に金瓜石行きだから、金瓜石で降りなきゃいけないと勘違いしたんですね

おかげですっごい時間を無駄に使ってしまいました。



つづく




ペタしてね


PLAY!FTISLAND in 台湾:その5


さて、いよいよライブの時間

会場内へと入って行きました。


こちらはAブロックの一番後ろから撮った写真ですサゲサゲ↓


ipodfile.jpg

こちらの会場は、めちゃめちゃフラット

高低差のまったくないところにずら~~っとパイプいすが並んでいるんです。

私はかなり前方で見せてもらったので特に問題ないですが、

後の方は結構つらいんじゃないかな

元々は展示会場なんだろうと思います。

コンサート会場ではないので、音響もね・・・


私の席から見たステージサゲサゲ↓

当然ジョンフンサイドです

画像の左側にある白いラインは花道。

花道と言ってもすごく短くて、しかもメンバーはホンギ以外ひも付きだったので苦笑

ライブ中にここに出てきたのはホンギだけでした苦笑


ipodfile.jpg


サゲサゲ↓ちなみに、こちらはBブロックの一番後からだったと思います

ipodfile.jpg


サゲサゲ↓そしてこれは一番後ろのオールスタンディングエリアから。

ちなみに、こちらでもチケットは約4500円ですよ

ipodfile.jpg


ライブの始まりは、ソウルでのPLAY! FTISLANDと同じ映像が流れて

おお~、なんか懐かしいって思ってしまいました。


1.パレ

のっけから飛ばしますよ~

みんなの掛け声もバッチリ

もうこの時点で「来てよかった~~~キャー」と思ってました。


2.Bing Bing Bing

3.FT vs PRI


最初にこの3曲って

会場一気にヒートアップですよきゃー



ここでホンギのMC、なんと英語です

そして、メンバーそれぞれからもご挨拶ハート

スンの中国語が炸裂してました


みんなカンペ見ながらですけど、それがなんだか新鮮

今や日本でもカンペは見ないですもんね。


4.Hello Hello

こちらも掛け声完璧、う~~~ん鳥肌鳥肌うれしい

5.君が欲しい

6.サランサランサラン


MC

通じてるんだか通じてないんだかの英語がおかしいですなcandy☆

でも、ここでは「ジャパニーズアニメ オズマ」って言ったので

キタ~~~~~でしたきゃー


7.NEVERLAND

8.I want

9.WANNA GO

10.Flower Rock(日本語バージョン)


ここでインターバル

あのソウルコンでも流れた映像が流れました

この映像すっごく好きなんだけど、残念ながらDVDには収録されていなかったんですよね

台湾コンは写真撮ってる人がすっごく多くて(もちろん本当はダメだと思いますが)

思わずビデオ撮ればよかったと思いました。

でも、それより実際自分の目で見ておいた方がいいかなって

というのはかっこつけすぎかな笑い

実は一番最初がジョンフンなので、考えている間終わっちゃったという苦笑


映像の最後に流れるBaby Loveに合わせて、みんなが大合唱するのはソウルと同じでした

この映像がどんなだったかは、過去のレポを読んでくださいね

去年夏のソウルコンレポ
http://ameblo.jp/ok7sun/entry-10997722078.html 



隣に座っていた方がペンタを見て私が日本人だとわかり話しかけてきました。

近くですごい歓声を上げてる子がいたので「うるさいでしょ~」って

周りの人がこうして気遣って話しかけてくれるのも、ソウルとは違うなって思いました。



ここでアコースティックタイム

11.エイニドェジュギィルバレヨ(恋人になってくれることを願う)

12.コベクハムニダ(告白します)

ここでホンギが感極まって涙を流しました。

スクリーンでも目元がキラキラしているのがわかるぐらいだったのですが、

曲が終わった後に話そうとしても思わずつまってしまって

本当に泣いているんだってわかりました。


アコースティックタイムはメンバーもスツールに座っていたし、

客席もみんな座ったので私も座りました。


13. サランアリ(恋煩い)

14.ナップンヨジャ(悪い女)

15.シンサドンクサラン(新沙洞のあの人)

しかし、この3曲もみなさん着席

立ったりすると周りから座るように言われます


ここでホンギから立ってって言われてやっとみなさん立ちましたホッ


16.モドゥダサランアリ

この曲が終わった後、ホンギが言いましたよ、英語で

「I need you stand up」って

だってみんな座ってるんだもんね。

台湾ではこんなにみんな座ってるんだって私もちょっとびっくりしました

ipodfile.jpg



17.ドンキホーテの歌

18.Trouble Maker


MC

ここでカンペを見ながらホンギが何か中国語で言おうとして

うまく言えずイラっとし始め、最終的に韓国語じゃダメなの~~~~って感じで話始め、

みんなに「Do you speak Korean」って聞いて、

みんなが「ネ~~~~」って言ったもんだから急にぺらぺらハングルでしゃべっていました


19.Primadonna

「サランヘヨ~~~」のところでは、「ウォアイニー」にして歌ってました

で、バレリ~~ナ~~~はちょっとずっこけてましたけどかわいかったです



~~~~アンコール~~~~

アンコールの掛け声もやっぱり国が違うと違いますね

最初はアンコールと言っていたけど、途中からFTISLANDコールに変わって行きました。


20.チドカゲ

MC

最後のMCではスンの中国語が炸裂しまくっていました

そして、ジェジンがカンペを見ているにもかかわらず全然通じず

代わりにホンギが言ったら通じて、その時のホンギの嬉しそうなことったら苦笑

まるで子供みたいだったけど、ジェジンのことを「ルージャールージャー」って爆爆

Loserです笑い

その後ジョンフンも何か一言中国語で言ってそれも通じ、ガッツポーズ

ジェジンは「今度来る時はもっとがんばります」って英語で言ってましたよ。



21.セドゥルチョロン

最後は大量のナビ(蝶)が降ってきました

ソウルコンの黄色のナビだけじゃなくて、

赤、緑など色とりどりのナビたち。

あまりの量に前が見えないほどでした苦笑

でも、やっぱりセドゥルチョロンはいいですよね

思いっきり一緒に歌って、掛け声かけて、みんなが一体になって、

すっきりとライブが終われましたぽぇ~♪ハート*



ライブが終わって、メンバーも楽器を置き、花道に出てきました。


ipodfile.jpg

ipodfile.jpg


ここで花道周りの人たちはみんな自分の席を離れて花道に駆け寄りました。

たぶんその時の写真だと思います。

一応、警備みたいな人もいるんだけど誰も止めないんですよね。

国によってホント色々です。


で、この時ホンギが黄色の紙とハートを見て感激してました。

紙には「5周年おめでとう」とハングルで書いてあったのですが、

開演前に外で配られていたんです。




でも、台湾コンで一番感じたことは、日本のファンって(日本のライブってかな)熱いなってことです。

国によって違うのかもしれないけど、台湾では静かめな曲は座って聞き、

テンポの早い曲は立つみたいな暗黙の了解があるみたいなんです

私は正直バラードでも座りたくない派。

そして、誰が立とうが座ろうが好きにしたらいいと思うのですが

みんなが座っている時に立つと座らされるっていうのが

めちゃめちゃ納得行かなかったですね

確かにフラットな会場で、前に立っている人がいれば後の人は見えないですけど、

人それぞれのテンションでライブを楽しめばいいのに強制されるのはちょっとどうかなって思いました。

ただ、韓国ではオールスタンディング(そもそもイスがない)ライブしか行ってないので

イスがあるとどうなのかはわからないんですけどね。


ちなみに、これは後でレポ書きますが、ソウルの韓プリファンミでは

みなさん座ってました

最後、アンコール的な感じで歌った2曲の時は立ちましたけど。

あれはファンミだったからか、イスがあったからかはいまだに謎ですぐしゃぐしゃ



それから、結構男性のお客さんも多かったのは嬉しかったですね

FTのTシャツを着てる男子たちなんかもいて、

海外のかっこいいロックバンドって思ってくれてるのかなと思いました。



~~つづく














ペタしてね
プロフィール

Etsuko/에쓰코

Author:Etsuko/에쓰코
入会登録関係まとめ
FNC STORE、韓プリ、カフェなど
FTISLAND関連サイト一覧
今まで見た韓国ドラマ一覧

【渡韓記録】
1・2007年5月 「ヘドウィグ」見たさに初韓国。子どもを置いて海外へ行けるようになる日が来るとは…。
5・2008年10月 金曜深夜発、月曜未明着の強行ツアー。「ヘドウィグ」2公演満喫♪
3・2009年3月 娘と二人旅。ドラマロケ地を巡ったり、世界遺産を見たり、盛りだくさん。「ドリーム・ガールズ」も観ました。
4・2009年12月 3泊4日。「ヘドウィグ」と「オペラ座の怪人」を観て、ロケ地も廻り、充実した旅。
・2010年11月 FTIslandソウルコンサ&ファンミツアー参加。食事を取る時間もないほど忙しかったけど、大満足の旅。
6・2010年11月 子供を持って以来初めての夫と二人旅。地元の方との交流も色々あって楽しかった~。「スパマロット」「ロッテファミリーコンサート」に行きました。
7・2011年6月 「ヘドウィグ」&FTサイン会参加の旅。初一人旅。でも、知り合いに偶然会ったり、友達ができたり。楽しい旅でした。
8・2011年8月 FTISLANDのソウルコン2日間+ファンミ参加の旅。ミナンくんのお店も行けて満足♪
9・2011年11月 FTISLANDソウルアンコールコンサートの旅。3泊4日。ほとんど寝ないで遊びました。映画も初観賞。「きみペ」2回観ました。
10・2012年2月 4泊5日ソウル。3音楽番組制覇&サイン会2日連続参加達成。睡眠時間は1日平均2時間。極寒の中がんばりました。
・2012年5月 (韓国じゃないけど)台湾一人旅。FT台湾コンのついでに台湾観光。永康街、西門町、士林夜市、猫空、九份など色んなところへ行きました。
11・2012年6月 2泊3日ソウル。韓プリファンミ参加。一人ソウルも慣れっこになりました。ミュージカル「光化門恋歌」も観たよ。
12・2012年9月 2泊3日ソウル。宿なし1人旅。インガ観覧&サイン会参加しました。
13・2012年10月 3泊4日。仲良しとのミュージカル「ヘドウィグ」観劇旅行のはずが急にFTミニファンミ&インガ事後収録参加。JHとも会えたよ❤
15・2013年6月 2泊3日。ミュージカル「ヘドウィグ」と「レミゼラブル」観劇の旅。友達といっぱい遊んで楽しかった~!
15・2013年9月 3泊4日。FTソウルコン参戦の旅。3回目の最前でジョンフン満喫❤食べたいものもみんな食べられて大満足♪
16・2013年11月 番組観覧&サイン会の旅。ドリームチーム観覧に12時間以上!寒い中がんばりました。
17・2014年9月 3泊4日ヘドウィグ10周年+レベッカ+プリシラの旅。一度見たはずのダヒョンさんにドハマり♡ミュージカル出待ちや東大門ショッピング、友達ともたくさん会えて楽しい旅でした。
18・2015年10月 4泊5日 飲み通し、食べ通しの旅。会った友達、話した人、合計10人以上。ミュージカルは「マン・オブ・ラマンチャ」を観ました。
19・2016年3月 3泊4日 2009年以来待ちに待ったユン・ドヒョンヘドウィグ再降臨のため渡韓。2回公演を見てご本人にも会え大満足!でも、それ以外はホンデで飲んでただけ?な気がする。
20・2016年10月 5泊6日 20回目のソウル&イ・ジュンソプ美術館に行くために初のチェジュド旅行。ソウルではまたまた友達と飲み歩き。ミュージカル「あの日々」でフォーリンラブ。チェジュドではおいしいもの三昧&イ・ジュンソプの手紙ではやっぱり涙。お天気に恵まれた最高の旅。
21・2017年6月 定番の金~月ソウル。ホントに飲みに行っただけじゃん!って感じだけど、映画「ヘドウィグ」とミュージカル「ロッキーホラーショー」も見たからまあいっか?職場から直行直帰で羽田利用だとめっちゃ楽ってことに気付いた旅。

私の旅行記がソウルナビに載りました!よかったらご覧ください。(2009年12月の旅行です)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。